ベトナムのお金・通貨・為替・両替・クレジットカード情報を掲載 - Latte

旅行情報・観光ガイドの旅行Latte

ベトナムのお金・通貨・為替レート・両替・クレジットカード

通貨 |  為替レート |  両替 |  クレジットカード |  銀行ATM |  チップ

ベトナムの通貨

通貨単位は、ベトナムドン(Dong=VND)です。

通常は、ドンと呼ばれています。

紙幣は新旧2種類あるものがあり16種類、硬貨は5種類あります。



●紙幣の種類

100ドン、200ドン、500ドン、1000ドン、2000ドン、5000ドン、1万ドン(2種類)、2万ドン(2種類)、5万ドン(2種類)、10万ドン(2種類)、20万ドン、50万ドン



●硬貨の種類

200ドン、500ドン、1000ドン、2000ドン、5000ドン



ベトナムの為替レート

1ドン≒0.0038円(1000ドン≒3.8円)

260ドン≒1円

2万860ドン≒1USドル


※2011年3月現在


ベトナムの両替

ベトナムでは、現地通貨のドンとともにUSドルの通用度がかなり高くよく流通しています。

ホテルの宿泊費やツアー料金はUSドルでの支払いが一般的で、空港やレストランなどの観光客向けの施設のほとんど

の場所で流通しています。

しかし、ドルからドンの換算はアバウトで、おつりが返ってこなかったり割高になることが多いです。

また、USドルのみを持っていくと、日本円→USドルとUSドル→ベトナムドンの2度の両替手数料がかかってしまうので、日本円とUSドルを持っていき使い分けてお金を上手に使いましょう。


外貨からベトナムドンへの両替は日本ではできないので、現地のみでの両替となります。

両替は、空港、銀行、町なかの両替所、ホテルなどで可能です。

ベトナムの大都市では日本円から両替が可能で、USドルは地方都市でも両替することができます。

レートはその時々によって細かく変わりますが、平均すると空港以外はほとんど同じです。

両替所はたいていレートが良く、大都市では日本円からドンへの両替ができるので便利です。

両替所は、朝早くから夜まで営業しているところが多くとても便利ですが、古い紙幣が交ざっていることもあるので

よく注意しましょう。

なかには、クレジットカードでお金を引き出せる両替所もあります。

ホテルでの両替は、24時間対応してくれるところが多いので、日曜や夜間にお金が必要になったときに便利です。

空港はレートが悪いので、両替する場合は少しにしましょう。

銀行の営業時間は支店によって異なりますが、たいていの銀行は8~16時頃までで営業時間は短いです。

12~13時半の時間帯やその前後は昼休みをとるところもあり、土・日曜・祝日は休みです。


<注意点>

両替をしたらすぐに枚数を確認しましょう。財布に一度入れてしまった後に申し出ても受け付けてもらえません。

また、古い紙幣や印刷の薄い紙幣、破れている紙幣などがないかも確認しましょう。

これらの紙幣は利用の際に受け取りを拒否される場合があるので、入っていた場合は取り替えてもらいましょう。

また、まれに日本の新しいお札は両替を断られることがあります。


帰国の際、ベトナムドンから外貨への再両替は基本的にできません。

一度にたくさん両替をしないように気をつけましょう。



ベトナムのクレジットカード

海外旅行の際は現金とクレジットカードの併用が便利ですが、ベトナムではクレジットカードがあまり普及していません。

特に地方都市での利用価値は低く、使う場合は大都市が中心となります。

観光客が利用するホテルや航空会社、旅行会社、高級レストラン、都市部のデパートなどでは使えるところが多く、VISAやJCB、Master、AMEXなどであればたいていは使うことができます。

ATMが少ないため、キャッシングには向きません。


また、ホテルのチェックイン時にクレジットカードの提示を求められることがあるので、1~2枚持っておくことをお勧めします。


ベトナムのATM

ベトナムでは、国際キャッシュカードで海外のATMから日本国内の自分の口座の預金が現地通貨で引き出すことができます。

ATMを利用することで、国際キャッシュカードやクレジットカードでドンを引き出すことができ、必要なときに必要なだけお金を引き出せ、大金を持ち歩かなくてすむので安心です。


1日に引き出せる限度額や手数料、為替レートなどは銀行によって異なりますので事前に確認しましょう。

しかし、ベトナムはATMの設置場所が少ないため、国際キャッシュカードを持っていても訪れる場所によっては利用価値は低いです。

ホーチミンなどの大都市には、町のいたるところにATMが増えてきました。


<ATMの使い方>

(1)カードを挿入口に入れます。

THEと書かれたところがカードの挿入口です。

(2)カードを入れると言語を選ぶ画面が出てきます。

ほとんどが英語かベトナム語のふたつから選択となりますが、まれに日本語が選べる機械もあります。

(3)取引選択画面が表示されます。

英語の場合は「Please insert PIN」と表示されます。

(4)希望の金額を入力します。

どの機械でもたいてい5万VND単位で引き出すことができます。

「手数料を払いますか」という表示が出るので、YESを選択します。

手数料は銀行ごとに異なりますが、2万VND程度です。

(5)現金と明細書を忘れずに受け取りましょう。


※ATMの手順は銀行によって多少異なる場合があります。


ベトナムのチップ

ベトナムではもともとチップの習慣はありませんでしたが、最近では増えてきています。

基本的に不要です。



●ホテル

4つ星以上のホテルでは、荷物を運んでもらったスタッフやベルボーイ、ベットメイク、ルームサービスに1~2万ドン程度チップを渡すとスマートです。


●レストラン

高級店以外では不要ですが、高級店でもサービス料が付加されている場合は不要です。

高級レストランやホテルでは、VAT(10%)とサービスチャージ(5%)が加算されて請求される場合があります。

メニューの料金のうしろに「++」と書いてある場合は、表示料金に税金とサービス料が上乗せされています。

これらが上乗せされている場合、チップは不要です。


何か特別なサービスを依頼した場合は、小額のおつりをそのままチップとして渡すか、1~2万ドン程度多めに渡しましょう。


●タクシー

チップは不要です。


●現地ガイド

1日あたり15万ドン~程度のチップを渡しましょう。


●チャーターカー

ドライバーに1日あたり5~10万程度のチップを渡しましょう。



みんなの旅行・観光写真


みんなの旅行記