【世界でも珍しい気象現象】日本海側で多発する”冬の雷”。落雷エネルギーは、夏の雷のなんと100倍以上!

雷といえば世界的にみても夏に発生するのが一般的ですが、日本海側では冬に多く観測されます。「夏の雷と冬の雷の違いは?」「日本一雷が多い都市はどこ?」「雷が多い年は豊作って本当?」雷の不思議を、気象予報士がわかりやすく紹介。

執筆者: 金子 大輔 職業:気象予報士、理科教員
世界でもレア!冬に雷が多発する日本

こんにちは。生き物好き&占い好きな気象予報士の金子大輔です。

 

クリスマスも近づき、いよいよ冬本番!

冬は、狭い日本の中でも、まるで遠い国のように各地で気候がまったく異なるのも特徴です。

 

たとえば、群馬県では、空が晴れているのに雪が降ってくるのはお馴染みの現象で、「はあて」とか「吹越し(ふっこし)」「風花(かざはな)」といった呼び方をしますが、同じ関東でも東京では、まず経験することがない現象です。


 

関東で雷といえば、夏!でも、日本海側(雪国)では…

東京をはじめとした太平洋側の地域では、雷といえば夏をイメージすることでしょう。

ですが、日本海側の地域の人は、冬をイメージするかもしれません。

 

雪国と呼ばれる地域では、冬にしばしば雷が発生します。

特に、北陸や山陰、東北の一部は「雷銀座」と呼ぶにふさわしく、冬季は毎日のように雷注意報が出ています。

 

(気象庁HPより)

 

冬の落雷エネルギーは、夏の100倍以上!いきなり頭上にドカン!

夏の雷は、遠くから徐々に近づいてくるパターンが多いです。

一方、冬の雷は、いきなり頭上にドカン!と落ちてくる感じのものが多いのも特徴的です。
しかも、雷一発のエネルギーが非常に大きく、夏の落雷の100倍以上に達します。
ものすごく心臓に悪いです。

こうした雷は、「一発雷」とか「雪起こし」と呼ばれ、雪起こしが鳴ると、しばしば雪が激しく降ります。

雷は、積乱雲(入道雲)によって起こります。
雷が鳴るということは、雨雲や雪雲がそれなりに発達した証拠ですから、当然、かなりの降水(雪)をもたらすというわけです。

 

冬に雷が多発し、こんなに降水量が多い場所は、世界でも珍しい

ここで、高田(新潟県上越市)と鹿児島の平均降水量のグラフを並べてみましょう。

 

高田(新潟県上越市)と鹿児島の平均降水量

 

12月、1月の高田の降水量と、6月の鹿児島の降水量にご注目ください。

大差がないことがわかります。

 

6月の鹿児島といえば、毎年のように豪雨による大きな災害がニュースになるほど雨が降ります。

それに匹敵する降水量が雪として降ることを考えると、そのすさまじさを想像できるのではないでしょうか。

世界レベルでも、こんな場所は他に類を見ません。

 

日本一雷が多い都市は、石川県の「金沢市」!

今度は、宇都宮と金沢の雷日数(雷を観測した日)を比べてみましょう。

下の図の日数は、雷日数の平年値(1981~2010年までの30年平均値)を表しています。

 

年間の雷日数

(気象庁HPより)

 

宇都宮が24.8日、金沢が42.4日ですね。

 

宇都宮を含む北関東はかなり雷の多い地域で、夏の午後には毎日のように雷注意報が発令され、群馬県には雷にちなんだ「ゴロピカリ」という米の品種があるほど。


そんな雷の名所を上回る発雷数を誇るのが、雪国なのです。
日本で最も雷が多い都市は金沢ですが、金沢では「弁当忘れても傘は忘れるな」という言葉もあります。

天気がものすごく変わりやすいことを示唆しているのでしょう。

 

「雷が多い年は豊作」という伝承は本当?
雷が生態系におよぼす影響

空気中の気体の80%が窒素、残り20%が酸素です。

他に、アルゴン・二酸化炭素・ヘリウムなどを微量に含んでいます。

 

窒素も酸素も、単体で安定しているので、通常はお互いに反応しません。

ですが、雷放電で高い電圧がかかると、窒素が他の気体と反応し、窒素化合物となって、地中に固定されることがあります。

植物は、これらの窒素化合物を肥料として利用することができるのです。

これが、「雷が多い年は豊作」という言い伝えの所以でしょう。

災害のリスクもありますが、生態系にとってはなくてはならない存在で、かつ冬の雪国の風物詩でもあるのが雷なのです。

 
 コラムニスト情報
金子 大輔
性別:男性  |   現在地:東京都江戸川区  |   職業:気象予報士、理科教員

生き物が大好きな気象予報士&教員&物書き&占い師。生き物はゴキブリも含めすべて好きで、生き物と天気については話し出したら止まりません。ディズニーランド好き、絶叫系好き、激辛好き。

著書
『こんなに凄かった! 伝説の「あの日」の天気』
『気象予報士・予報官になるには』
『気象予報士 (シリーズ“わたしの仕事”)』
『世界一まじめなおしっこ研究所』

Twitter:https://twitter.com/turquoisemoth
facebook:https://www.facebook.com/turquoisemoth
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/cameleotino

 

 趣味のコラム