なんで喋らないの?喋らない人の心理と喋らず生きていくための心構えをご紹介します。

喋らない人の心理、周りからの印象、強みと自然体で生きる方法をお伝えします。喋ることが苦手な人、周りに喋らない人がいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

執筆者: Latte

 

突然ですが、あなたは喋るのは得意な方ですか?

本記事では、喋らない人について解説していきます。

喋らない人の心理、周りからの印象や喋らないことのメリットまで、お伝えしていきますので、口数が少ない方、口下手と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

きっと悩みが軽くなるでしょう。

喋らない人の心理とは?

 

自分が喋らないことで、相手をイライラさせてしまった経験はあるでしょうか。

あるという方の中には、喋りたいけど喋れないという人もいるはずです。

そんな方は、喋らない人の心理を知ることで、円滑な人間関係が築けるかもしれません。

喋らない人はどのような心理なのか解説していきます。

~喋らない人の心理~
  1. 人見知り
  2. 喋る気がない
  3. 控えめ
  4. 恐怖心がある
  5. 会話下手

 

喋らない人の心理①:人見知り

喋らない人は、人見知りであることが多いです。

喋りたくないというよりも、喋りたいけど、関わりの少ない人と話すのが苦手なだけ。

普段関わりの少ない人と話すとなると、何を話していいのかわからず、緊張してしまい黙ってしまうのです。

このタイプは、慣れるとよく喋ることが多いですが、それまでに時間がかかるため、喋らない人と思われがちです。

喋らない人の心理②:喋る気がない

喋らない人の中には、そもそも喋る気がないという人もいます。

人と喋ってワイワイするよりも、一人で誰とも喋らずに過ごすことが好きなタイプ。

喋ろうと思えば喋れますが、無理して頑張るよりも、口数の少ない自分を受け入れて生かしていくことに、フォーカスしています。

仕事や趣味などに、打ち込むことができる職人気質の人も多いようです。

喋らない人の心理③:控えめ

誰よりも控えめで、聞き役になることが多く、口数が少なくなってしまう人もいます。

このタイプは、空気を読むのが得意で、かなりの聞き上手。

相手の話を引き出すのが上手く、口数は少なくとも、コミュニケーションを上手く取れるため、周りからの信頼も厚いです。

喋らない人の心理④:恐怖心がある

喋らない人の心理として、過去に何かしらのトラウマがあり、喋ることに恐怖を感じてしまっていることもあります。

例えば、過去に自分の発言がきっかけで、人間関係が上手くいかなくなってしまったり、場の空気を壊してしまったりなど、トラウマとなる経験から、喋ることを避けるようになってしまったのです。

発言することへの不安から、慎重に言葉を選ぼうとするあまり喋ることが苦手になっています。

喋らない人の心理⑤:会話下手

喋らない人の中には、本当は周りと仲良くなって、楽しみたいのに、喋るのが苦手という人もいます。

非常に繊細な人が多く、相手を気遣って言葉を選びながら喋るため、口数も少なめになってしまいます。

このタイプの人は、喋ることにかなりの体力を使いながら、一生懸命喋ろうとしているので、温かい目で見守ってあげてください。

喋らない人の周りからの印象


喋らない人には、それぞれ理由があると言えるでしょう。

では、喋らないことで周りの人からはどのように見えているのでしょうか。

喋らない人が、周りから抱かれやすい印象を解説していきます。

~周りが喋らない人に持つ印象~
  1. 話しかけにくい
  2. つまらない
  3. 仲良くなれなそう

 

 

喋らない人への印象①:話しかけにくい

喋らない人は、何を考えているかわからず、話しかけにくいという印象を持たれることがあります。

どんな話題を振ればいいかわからない、話かけても反応が返ってくるのか不安と思われてしまい、話しかけられる頻度が少なくなってしまいます。

 

またせっかく話しかけてもらったとしても、喋らないと相手から疲れると思われてしまう可能性もあります。

 

喋らない人への印象②:つまらない

喋らない人は、反応が薄いことが多く、ノリも良くないため、みんなで盛り上がるような場面では、つまらない人という印象を持たれてしまいます。

周りは盛り上がっている中で、一人盛り上がっていない人がいると、微妙な空気になってしまうこともあります。

喋らない人への印象③:仲良くなれなそう

喋らない人は、話しかけても反応がか返ってこないことがあり、相手は「嫌われているのかな」という印象を抱くこともあります。

実際はそんなことはなかったとしても、相手が誤解してしまい、そのまま距離ができてしまうということもあるでしょう。

無口でも生きていける

 

喋らないことで、周りからの印象も悪くなってしまうこともありますが、必ずしも口数が少ないことを改善する必要はないでしょう。

なぜなら、無口な人には無口な人の良いところがあるからです。

では、喋らない人にはどのような強みがあるのでしょうか。

~喋らない人の5つの強み~
  1. 信用されやすい
  2. 自分の時間を有意義に使える
  3. 聞き上手
  4. 行動力がある
  5. 人を傷つけることを言わない

 

喋らない人の強み①:信用されやすい

喋らない人は、そもそも喋らないため、口が堅いです。

嘘やうわさを言いふらす心配もなく、かなり信頼できる人と言えるでしょう。

おしゃべりな人と違い、つい話してしまったなんてことも考えられません。

また、喋らない人は、口先で誤魔化すことが苦手で、嘘が付けない正直者が多いとも言われています。

喋らない人は、信用できる人で、一度仲良くなれば、長期的に良好な関係が築けるでしょう。

喋らない人の強み②:自分の時間を有意義に使える

喋らない人は、一人の時間も楽しめ、無理して集団の中に居ようとしない人が多いです。

群れることなく、一人の時間もしくは少ない仲間との時間を楽しみます。

集団の中にいると、トラブルは付き物ですが、そんなトラブルにも巻き込まれずに過ごせます。

また、合わない人との付き合いが少なく、自分の時間を有意義に使うことができます。

喋らない人の強み③:聞き上手

先ほどもお伝えしましたが、かなりの聞き上手であるがゆえに、喋らないという人もいます。

聞き上手は、相談などにも親身になって聞いてくれて、適切なアドバイスをしてくれることもあるでしょう。

また、会話の中で、相手を責めることも、自分の考え方を押し付けてくることもありません。

喋らない人は、相手の気持ちを汲み取れる、優しい人が多いのかもしれませんね。

喋らない人の強み④:行動力がある

口では大きいことを言うけれど、実際に行動には移さない人っていますよね。

喋らない人は、この逆で多くは語らないけれども、行動力は抜群です。

仕事でも恋愛でもそうですが、口だけの人よりも、実際に行動で示す人の方が信頼されますよね。

喋らない人は、誰よりも努力家であることも多く、上手く行動で伝えることさえできれば、周りから好印象を得られるはずです。

喋らない人の強み⑤:人を傷つけることを言わない

喋らない人は、相手に気を遣って言葉を選びながら、喋ることができます。

悪口をいうことも少なく、相手を傷つけることも少ないでしょう。

おしゃべりの人であれば、つい口が滑ってしまったということもありますが、喋らない人は、余計なことをいう心配はかなり少ないはずです。

喋らずに上手く生きていくための心構え

 

喋らない人には、たくさんの強みがあると言えるでしょう。


喋らない人には、その強みを生かしながら、無理をすることなく、ありのままでいてほしいと願っています。

ここからは、自然体で生きるために大切な心構えをお伝えします。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

~喋らず生きる5つの心構え~
  1. 自分に自信を持つ
  2. 自分が幸せになれる選択をする
  3. 開き直る
  4. 相手に好かれようとしない
  5. 好きなことに全力でいる

 

喋らず生きる心構え①:自分に自信を持つ

自然体で生きるためには、まずは今の自分を受け入れて、自信を持つことが大切です。

あなたと他人は全く違う人間で、それぞれいいところがあり、得意なことも苦手なことも違います。

あなたにはあなたにしかない、良いところを持っているのです。

人と比較して、ないものねだりをするよりも、自分のいいところに目を向けてみてください。

また、どうしても自信を持てないようであれば、自分磨きをして、自信をつけるのもアリでしょう。

喋らず生きる心構え②:自分が幸せになれる選択をする

あなたは、喋るのが苦手で、辛い思いをしながら、無理して喋ろうとしていませんか。

努力するのはもちろん大切ですが、知らず知らずのうちに我慢ばかりして、辛さに耐えているのであれば、一度立ち止まってみてください。

あなたは、本当に素敵な人間です。

我慢ばかりせずに、自分が幸せになれる選択をしていいんですよ。

喋らず生きる心構え③:開き直る

人間なんだから、苦手なこと、できないことがあって当然と開き直りましょう。

正直、必要な時だけ喋れれば、人生なんとかなるはずです。

全てが完璧な人間はいないですので、できないことがあっても、完璧を目指すのは辞めて、開き直る勇気を持つといいでしょう。

喋らず生きる心構え④:相手に好かれようとしない

自然体でいるためには、無理に相手に好かれようとしない方が良いでしょう。

相手に嫌われるのが怖いからといって、必死に喋ろうとしても、会話を楽しむことはできません。

自然体とはかけ離れたあなたでいることになり、苦しくなってしまうはずです。

全ての人に好かれることは不可能です。

その事実を受け止めて、万人に好かれようとするのを辞めれば、自然体で生きることができるでしょう。

喋らず生きる心構え⑤:好きなことに全力でいる

先ほどもお伝えしたように、喋らない人は職人気質であることも多いです。

苦手なことにエネルギーを使うよりも、好きなこと得意なことに注力することで、あなたの才能が開花するかもしれません。

あなた自身も好きなことに注力することで、自然体で楽に生きれるでしょう。

まとめ:喋らない人として生きる

いかがでしたか。

喋らない人の心理、周りからの印象、強みと自然体で生きる方法をお伝えしました。

~喋らない人の心理~

  • 人見知り
  • 喋る気がない
  • 控えめ
  • 自分に自信がない
  • 会話下手


~喋らない人に周りが持つ印象~

  • 話しかけにくい
  • つまらない
  • 仲良くなれなそう


~喋らない人の5つの強み~

  • 信用されやすい
  • 自分の時間を有意義に使える
  • 聞き上手
  • 行動力がある
  • 人を傷つけることを言わない


~喋らず生きる5つの心構え~

  • 自分に自信を持つ
  • 自分が幸せになれる選択をする
  • 開き直る
  • 相手に好かれようとしない
  • 好きなことに全力でいる


自分らしい素敵な毎日をお過ごしくださいね。

 
 

 生活のコラム

  このコラムに関するタグ