真面目すぎて疲れた方必見!適当に生きるためのヒントをお届けします

真面目に生きすぎて、適当に生きたいと思ったことのある人は多いのではないでしょうか。本記事では、適当に生きるためにやめるべきことをご紹介します。適当に生きることはたくさんのメリットがありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

執筆者: Latte

 

適当に生きてみたいと思ったことのある人は、意外と多いのではないでしょうか。

適当に生きると聞いて、ネガティブな印象を受ける人もいると思いますが、実は、適当に生きることは、たくさんのメリットがあるんです。

本記事では、適当に生きるためにやめるべきことをご紹介します。

これらをやめることで、肩の力を抜いて生きられるかもしれません!

真面目に頑張りすぎて疲れてしまったという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

適当に生きるメリット


真面目に生きることはとても大切ですが、頑張りすぎていないでしょうか。

もし頑張りすぎているのであれば、もっと楽に生きるために「適当に生きる」のもアリかもしれません。

もちろん、真面目に生きる方があっている人もいます。

しかし、真面目過ぎて疲れてしまったという人は、「適当に生きる」という概念を取り入れてみることをおすすめします。

適当に対して、ネガティブな感情を持つ人もいるかもしれませんが、実は、「適当に生きる」=良くないことではないんです。

適当に生きるということは、いい加減に生きることではなく、自分に適した生き方をするということ。

ただダラダラ毎日を過ごすこととは、意味が違います。

適当に生きると、ストレスが軽減できたり、ポジティブ思考になれたり、素直になれたり、自由になれたりと、たくさんのメリットがあります。

適当に生きることで、自分らしくいれるので、肩の荷が下りて、心も身体も軽くなるはずです。

そのような状態で生きられれば、人生がより楽しく、軽やかになるのは間違いないでしょう。

適当に生きるための心得


真面目に生きていて、疲れてしまったという方は、適当に生きることで、新しい自分の人生を切り開けるかもしれません。

適当に生きるためには、「なんとかなる」ということと「適当に生きるのは悪いことではない」と心に留めましょう。

この二つの考え方を持っていることで、気持ちに余裕が持てるようになり、適当に生きやすくなるはずです。

適当に生きるためにやめるべきこと


「適当に生きたい」と思う人は、意外と多いのではないでしょうか。

しかし、実際に適当に生きるには、どうしたらいいのかわからないという人も多いはずです。

そのような人は、今からご紹介する「適当に生きるためにやめるべきこと」を意識してみてください。

全てを意識するのは、難しいですが、少しでも意識すれば、心が軽くなるかもしれません。

適当に生きるためにやめるべきこと
  1. 周りの目を気にする
  2. 完璧を目指す
  3. 先のことを考えすぎる
  4. 他人との比較
  5. 我慢しすぎる
  6. 休まない
  7. 苦手な人と無理して関わる
  8. 断らない

 

適当に生きるためにやめるべきこと①:周りの目を気にする

周りの目を気にしていて、やりたいことがあっても、行動できなくなっていませんか。

適当に生きるためには、周りを気にせず、自分らしく生きることが大切になります。

生きていくなかで、周りの目を気にして、挑戦できなくなっては、人生を最大限に楽しむことが出来なくなってしまうでしょう。

「周りから嫌われたらどうしよう」、「周りからバカにされたらどうしよう」など、このような不安は、あなたの挑戦したいという気持ちを止める原因になってしまいます。

もし周りから嫌われたとしたら、新しい人間関係を築けばいいのです。

もし周りからバカにされたら、無視すればいいのです。

周りの目を気にして、何もできなくなる方が、悪影響ですので、常識外れなことでなければ、周りを気にする必要はないはずです。

適当に生きるためにやめるべきこと②:完璧を目指す

几帳面で真面目な人ほど、何でも完璧にやらなくてはと思うのではないでしょうか。

しかし、全てのことに完璧を求めすぎると、自分を追い詰めることになり、苦しくなってしまいます。

人間である以上、全てを完璧にこなすことは不可能なはず。

どんなに優秀でも、失敗することはあります。

適当に生きるためには「完璧な人はいない」ということを心に刻んでください。

何か失敗しても「仕方ない」と思えるようになると、自然と心が軽くなり、生きやすくなるはずです。

 

★完璧主義の人の特徴

完璧主義を克服するための方法について



適当に生きるためにやめるべきこと③:先のことを考えすぎる

先のことを考えすぎて、行動できないという人は、意外と多いのではないでしょうか。

そんな人は、「なんとかなる」や「とりあえずやってみよう」という気持ちで生きてみると、気持ちが軽くなるはずです。

未来のことなんて、誰もわかりません。

いま予測すらできないことが、未来には起こるかもしれません。

わからない未来を考えすぎて、何もできなくなるよりも、いまこの瞬間をどう生きるかの方が、よっぽど大切ではないでしょうか。

もちろん、やってみて、失敗することはあるでしょう。

しかし、大事なのは、「失敗を次にどう生かすのか」を考え続けることです。

 

その失敗が、あなたの人生を変えるかもしれません。

 

失敗しても、人生意外と何とかなるものですよ。

適当に生きるためにやめるべきこと④:他人との比較

適当に生きるためには、他人との比較をやめて、「人は人、自分は自分」と考えることが必要です。

ただし、自分のことだけを考えて、他人を突き放すという意味ではありません。

人間は一人一人、違う価値観を持っているので、それを受け入れるということ。

人はそれぞれ得意分野が違うということを理解して、他人と比較して落ち込むのではなく、「自分は自分」と思うようにしてみてください。

他人との比較をやめると、自分を認めることができ、自分軸で生きていけるようになるはずです。

適当に生きるためにやめるべきこと⑤:我慢する

適当に生きるためにやめるべきことは、「我慢する」です。

我慢には、「意味ある我慢」と「意味のない我慢」があります。

「意味ある我慢」は、自分の理想に近づくための我慢、「意味のない我慢」は、我慢しても理想には近づけない我慢のことです。

その我慢をすることで、明るい未来が予測できるのであれば、「意味のある我慢」と言えるでしょう。

意味のある我慢をしているときは、短期的に辛さはあっても、前向きな気持ちになれるはずです。

一方で、意味のない我慢をしているときは、前向きな気持ちにはならないはず。

適当に生きるためには、後者の「意味のない我慢」をやめましょう。

意味のない我慢をやめれば、自分の好きなこと、やりたいことに割ける時間も増えます。

一度きりの人生、我慢ばかりせずに、自分のやりたいことを全力でやり抜きましょう!

適当に生きるためにやめるべきこと⑥:休まない

生きていたら、疲れることってありますよね。

そんなときは、休むのが一番です。

ゆっくり睡眠をとるもよし、心が疲れているのであれば、旅に出て非日常を味わうのもいいでしょう。

疲れた時は、自分が一番リフレッシュできることを、思う存分やってみてください。

適当に生きるためには、疲れたら休んでいいと思うようにしましょう。

適当に生きるためにやめるべきこと⑦:苦手な人と無理して関わる

なんだか合わないなという人は、誰にでもいるはずです。

そんな時、無理をして、合わない人と仲良くしようとしていないでしょうか。

苦手な人がいる自分を、責めてはいないでしょうか。

相性がいい人との出会いもあれば、その分、相性が良くない人との出会いもあるのが普通です。

苦手な人との関係が上手くいかなくても、仕方ないと開き直りましょう。

ただし、苦手だからといって、相手を否定するのは、自分の価値を下げてしまいますので、気を付けてくださいね。

無理することをやめて、自分の合う人と、いい関係を築くことにフォーカスすれば、人生はかなり楽になるはずです。

人間関係を深く考えすぎず、楽しみましょう!

適当に生きるためにやめるべきこと⑧:断らない

人から頼みごとをされたとき、自分が手一杯だったとしても、相手に良く思われたいがために、引き受けてしまっていないでしょうか。

断ったら申し訳ないという気持ちから、自分を犠牲にしてしまっていると、やりたいことができなくなってしまいます。

小さいことからで構いませんので、「断る」勇気を身に付けましょう。

嫌なら嫌、無理なら無理とはっきり伝えることで、自分らしく生きることができます。

もし、断ったことが原因で、相手から冷たくされるようなことがあっても、大きな問題はないはずです。

自分を犠牲にしすぎる人は、自分を優先に生きるようにしてみてくださいね。

適当に生きるための注意点


適当に生きるために、やめるべきことをご紹介しました。

適当に生きるためには、注意点もあります。

それは、「社会のルールは守ること」と「周りの人を大切にすること」です。

適当に生きることは、責任も伴いますので、社会のルールは守るようにしてくださいね。

また、人は一人では生きられませんので、周りの人を大切にするようにしましょう。

また、周りの人に協力してもらうことで、より理想が実現しやすくなることもあるはずです。

出会った人を大切にしながら、「適当に生きる」ことを楽しんでください。

まとめ:適当に生きる

 

いかがでしたか。

真面目に生きすぎて疲れてしまったという方に向けて、「適当に生きる」ことをご紹介しました。

適当に生きるためにやめるべきことはこちらです。

 

  • 周りの目を気にする
  • 完璧を目指す
  • 先のことを考えすぎる
  • 他人との比較
  • 我慢しすぎる
  • 休まない
  • 苦手な人と無理して関わる
  • 断らない


「適当に生きる」のは、決して悪いことではなく、自分らしく生きるということです。

自分らしく生きられれば、ストレスが軽減できたり、ポジティブ思考になれたり、素直になれたり、自由になれたりと、たくさんのメリットがあります。

適当に生きることで、新しい自分に出会えるかもしれません。

真面目すぎる方は、一度適当に生きてみるのもアリでしょう。

自分らしく楽しい人生を実現してくださいね!

本記事が参考になれば、幸いです。