同棲のきっかけとは?同棲を始める前にチェックすべきポイントについてもご紹介!

付き合い始めてから、ある程度月日が経つと、同棲を考えることも多いはずです。本記事では、同棲のきっかけとデメリット、上手くいくためのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

執筆者: Latte

 

彼氏との同棲に憧れのある人は、結構いるのではないでしょうか。

別々に暮らしていると、会えない時があったり、デートの後の別れが寂しかったりしますよね。

一緒に暮らせれば、ずっと一緒にいれるので、寂しい気持ちになることは少なくなるでしょう。

しかし、同棲を始めるには、どのようなきっかけで始めればいいのか気になりますよね。

本記事では、同棲の経験のある人たちが、どのようなきっかけで同棲を始めたのかをご紹介します。

また、同棲のメリットデメリットや同棲生活をする上でのポイントをお伝えしますので、同棲を悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

同棲のきっかけって?


付き合い始めてから、ある程度月日が経つと、同棲を考えることも多いはずです。

同棲をしたことがある、同棲をしている人は、一体どのようなことがきっかけで同棲を始めたのか、気になりますよね。

ここからは、同棲を始めるきっかけとして、多いものをご紹介します。

同棲のきっかけから、同棲のメリットまで見えてくるはずですので、彼氏との同棲を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

同棲のきっかけ5選
  1. 結婚を考え始めた
  2. 毎日一緒にいたいと思ったから
  3. 部屋の更新
  4. 転職
  5. 相手が心配だった

 

同棲のきっかけ①:結婚を考え始めた

付き合い始めてから、ある程度の月日が経つと、結婚を考え始めることが多いのではないでしょうか。

長く付き合っていたとしても、一緒に住んでみないと、わからないことってありますよね。

いきなり結婚することに不安があるカップルは、まずは同棲をしてみて、上手くいけば、そのあとに結婚しようと考えるようです。

同棲することで、結婚後のギャップを減らせるので、結婚を慎重に考えたい人にはおすすめです。

一生に生活することで、相手の生活リズムや価値観の違いなど、新しくわかる部分もあるため、より深く相手のことを知ることができます。

同棲後、結婚することになれば、お互いのことを知った状態で、結婚生活を始められるため、結婚後のギャップも少なくなります。

同棲のきっかけ②:毎日一緒にいたいと思ったから

好きな人と、一緒にいるときって幸せで、できれば長く一緒にいたいと思うものですよね。

しかし、別々に暮らしていたら、会う時間も限られてしまいます。

仕事が忙しかったり、予定が合わなかったりなどの理由で、会えないということもあるはずです。

しかし、同棲をしていたら、忙しくても、毎日一緒に過ごすことができます。

疲れて家に帰ったとき、好きな人が癒してくれたら、最高ですよね。

逆に、彼が疲れた帰ってきたときには、彼に献身的に尽くしてあげることもできるでしょう。

一緒に住むことで、一緒に過ごせる時間が増えて、お互いに支えあうことができるはずです。

このように、「毎日一緒にいたい」と思ったことがきっかけで、同棲するカップルも多いようです。

同棲のきっかけ③:部屋の更新

賃貸の物件に住んでいると、契約の更新月があり、更新料を払わなければなりません。

そのタイミングで同棲を考えるカップルもいるようです。

新しい部屋を探すときに、どちらかが「同棲してみない?」と提案することがきっかけで、同棲がスタートするようです。

お互い一人暮らしをしているのであれば、二人で住むことで、節約になります。

家賃や生活費を、一人暮らしするよりも、抑えることができるはずので、節約して貯金したいと思っているのであれば、同棲は有効な方法と言えるでしょう。

また、将来結婚を考えているのであれば、結婚資金の貯金をすることもできるはずです。

同棲のきっかけ④:転職

転職をきっかけに、同棲を始めるカップルも少なくないようです。

環境が大きく変わるのを機会に、一緒に住もうと考えるようになります。

また、転職すれば、引っ越しすることもありますよね。

この引っ越しをきっかけに、同棲を始めることもあるんだとか。

他にも、転職をきっかけに遠距離になるときは、遠距離恋愛は不安だからと、一緒に暮らそうとなることがあるようです。

転職すると、環境が変わり、ストレスが増えることもありますので、そんなときに癒してくれる人がいるというのは、同棲のメリットの一つではないでしょうか。

同棲のきっかけ⑤:相手が心配だった

女性の一人暮らしは、何かと物騒なことが多いものです。

そのため、彼女を心配して、同棲を提案する男性もいるようです。

女性としても、彼氏が一緒に住んでいたら、何かと安心して生活できますよね。

困ったときには、すぐに助けてくれる相手が近くにいるというのは、心強いものです。

同棲のデメリット


同棲経験者が同棲を始めたきっかけをご紹介しました。

同時に、同棲のメリットも、見えてきたのではないでしょうか。

しかし、同棲にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

同棲のメリットとデメリットの両方を知っておくことで、同棲をするか悩んだとき、いい判断ができるはずですよ。

同棲のデメリット
  1. 一人の時間が減る
  2. 結婚のタイミングを逃すことがある
  3. 喧嘩したときに気まずい
  4. 女子力が下がる
  5. 相手の嫌な部分が見える

 

同棲のデメリット①:一人の時間が減る

同棲をすると、一人の時間が大きく減ります。

一人の時間を大切にしたいというタイプの人であれば、ストレスになってしまう可能性があるでしょう。

同棲を始めたときは、好きな人と毎日一緒に過ごせて幸せですが、時間が経つと「しんどい」と感じる人もいるようです。

お互いに、一人の時間を大切にしたいと思うタイプであれば、いい距離感が保てるので、それほど問題にはならないかもしれませんが、相手とあなたとで、考え方が違うのであれば、要注意です。

また、同棲をすれば、友達を自宅に呼ぶことも難しくなりますし、出かけるときに彼氏に予定を伝えなくてはならないので、一人の時よりも、自由に友達と会えなくなる場合もあります。

自由な時間が減ってしまうのが、同棲のデメリットの一つと言えるでしょう。

同棲のデメリット②:結婚のタイミングを逃すことがある

同棲中のカップルでよくあるのが、同棲を始めて、そのまま結婚せずに、だらだらと続けてしまうというケースです。

同棲の生活に慣れてしまって、特に不満がなければ、あえて結婚せずにこのままの関係を続けてしまうことがあるようです。

同棲の期間が長くなればなるほど、タイミングを逃してしまい、結婚へ踏み出せなくなってしまいます。

結婚を前提に同棲するのであれば、あらかじめ同棲の期間を決めておくのがいいでしょう。

同棲のデメリット③:喧嘩したときに気まずい

同棲のデメリットとして、喧嘩したときに、同じ家に住んでいると、逃げ場がなくなり、気まずい中で生活をしなくてはいけないというのがあります。

同棲すると、相手との価値観の違いで、喧嘩になってしまうこともあるはずです。

そんなときに同棲していると、一人になることが難しいでしょう。

同棲のデメリット④:女子力が下がる

同棲前は、彼氏と会うときには、メイクをしっかりして、おしゃれな服装をしていたけれど、同棲をするといつも家で会うため、見た目を気にしなくなります。

そのため、女子力が下がったと感じることもあるようです。

これは、女性だけでなく男性もあることですが、同棲をすることで、手を抜きがちになってしまいます。

同棲のデメリット⑤:相手の嫌な部分が見える

一緒に暮らすことで、相手のいい部分も悪い部分も見えてきます。

悪い部分が見えてくることで、それが不満になって別れるカップルもいます。

また、一緒に住むことで、金銭感覚などの価値観のずれを感じるようになることもあるでしょう。


この価値観のずれを、お互いに理解しあえなかった場合、別れへと発展してしまうようです。

快適な同棲を送るためのポイント


同棲には、メリットもデメリットもあるとお伝えしました。

好き人と過ごす時間が増える同棲は、ワクワクしますが、お伝えした通り、デメリットもあるものです。

ここからは、そんなデメリットを乗り越えるための、ポイントをご紹介します。

これから同棲を考えている人は、このポイントを押さえた上で、同棲をスタートさせてみてくださいね!

快適な同棲生活のポイント
  1. 同棲前に両親へ挨拶をする
  2. 一人の時間をつくる
  3. 本音で話す
  4. 小さいことでもお礼を言う
  5. 定期的にデートする

 

快適な同棲生活のポイント①:同棲前に両親へ挨拶をする

同棲を始める前に、お互いの両親へ挨拶をするようにしましょう。

事前に挨拶をしておくことで、いざというときに頼れるというメリットもあります。

それに、同棲の挨拶をしておけば、結婚するとなったときに、結婚までスムーズに進むはずです。

快適な同棲生活のポイント②:一人の時間をつくる

お伝えした通り、同棲を始めると、一人の時間はかなり減ります。

その結果、ストレスになってしまうこともあるので、事前に一人になる時間を作るように、お互いにルールを決めておくといいでしょう。

同棲しているからといって、何もかも一緒にしなければということはありませんので、一人になりたいときは、一人になっても大丈夫。

自分の時間と、彼と一緒に過ごす時間のバランスを上手くとることが、快適な同棲生活へつながるはずですよ。

また、自分の時間をしっかりと確保することで、マンネリ化を防げるというメリットもあります。

快適な同棲生活のポイント③:本音で話す

同棲生活をしていると、価値観の違いが見えてきます。

そんなときに我慢ばかりして、不満が溜まってしまうと、ストレスになってしまうでしょう。

言いたいことがあるときは、態度で示すのではなく、言葉でしっかりと相手に伝えるようにすることで、快適な同棲生活となるはず。

快適な同棲生活のポイント④:小さいことでもお礼を言う

同棲をしていると、彼氏が自分のため何かをしてくれたとしても、それが当たり前になってしまい、お礼をいうのを忘れてしまいがちになります。

例えば、掃除をしてくれた、洗濯をしてくれた、食器を洗ってくれたなど、些細なことであっても、彼がしてくれたことに対して、お礼をいうようにするだけで、いい関係を築けるはずです。

「ありがとう」の一言を添えるだけで、お互いにいい気持ちで過ごすことができますよ。

快適な同棲生活のポイント⑤:定期的にデートする

同棲をすると、一緒にいるのが当たり前になって、マンネリ化してしまいます。

マンネリ化を防ぐためにも、お家デートばかりでなく、外でデートする日を作るのがおすすめです。

付き合いたての頃のドキドキ感を思い出せるかもしれませんよ。

デートする以外にも、記念日にサプライズしたり、何でもない日にプレゼントをあげたりなど、二人の思い出を増やすこともいいでしょう。

そうすることで、付き合い立ての頃のワクワク感を保てるため、マンネリ化による喧嘩を減らせるはずです。

まとめ:同棲のきっかけ


いかがでしたか。

同棲経験のある人が「同棲を始めたきっかけ」と「同棲のデメリット」、「快適な同棲生活を送るためのポイント」をご紹介しました。

今回ご紹介した同棲のきっかけ5選はこちら、

  • 結婚を考え始めた
  • 毎日一緒にいたいと思ったから
  • 部屋の更新
  • 転職
  • 相手が心配だった


同棲のデメリットはこちら、

  • 一人の時間が減る
  • 結婚のタイミングを逃すことがある
  • 喧嘩したときに気まずい
  • 女子力が下がる
  • 相手の嫌な部分が見える


快適な同棲生活のポイントがこちらです。

  • 同棲前に両親へ挨拶をする
  • 一人の時間をつくる
  • 本音で話す
  • 小さいことでもお礼を言う
  • 定期的にデートする


大好きな人と一緒にいれる時間が増える同棲は、幸せであるのは間違いないですが、デメリットもあるものです。

同棲のメリットとデメリット、同棲生活を快適にするためのポイントを知っておくことで、より幸せな同棲生活が実現できるはずですので、ぜひ参考にしていただければと思います。