エアークローゼットの解約手順とおすすめの解約タイミングについてご紹介!エアークローゼットは解約金はかかるのか契約期間はあるのか徹底解説。

 

サブスクは、毎月定額なので、利用すればオトクですが、しなかったとしても料金が発生してしまうというデメリットがあります。

そのため、サブスクを利用する上で一番気になるのは、やはり「解約金」や「契約期間」ではないでしょうか。

今回は、サブスクのファッションレンタルサービス「エアークローゼット」の解約についてご紹介します。

解約金はかかるのか、契約期間は決まっているのかなど、「エアークローゼット」の解約についてまとめていますので、「エアークローゼット」の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

エアークローゼットは解約金がかかる?


エアークローゼットは、最短1ヵ月から利用できて、解約金は一切かかりません。

契約期間がなく、いつでもやめることができるので、まずは1ヵ月だけ試してみるというのもアリ!

しかも、今なら「友達紹介コード」を入力すると、初月は5000円OFFで利用でき、最安のプランだと1800円(税込1,980円)から、試せちゃいます。

お試しすることのデメリットはありませんので、興味のある人は、ぜひ始めてみてくださいね。

 

【当記事限定】5,000円OFFコード配布中

割引コード▶︎『qfP3q

期間限定クーポンなのでお早めに!

\『qfP3q』で5,500円割引/
▼今すぐクーポンを使う▼

airCloset

 



エアークローゼットの解約は難しい?

エアークローゼットの解約は、複雑なことは一切なく、わずか1分ほどで終わります。

解約したくなったら、エアクロ公式サイトまたはアプリから手続きをするだけなのでカンタン!

ここからは具体的な解約手順についてご紹介していきます。

【アプリ】解約手順

【アプリ】解約手順①:「その他」⇒「アカウント設定」


 


【アプリ】解約手順②:アカウント設定⇒解約申請手続き


 

【web】解約手順

【web】解約手順①:右上メニュー


【web】解約手順②:会員情報の確認・変更



【web】解約手順③:解約申請手続き

 

手続き後の流れ

 

手続きが終わったら、レンタル中のアイテムを、返却期限(解約申請日から7日以内必着)までに返送します。

アイテムを返送し、エアクロにアイテムが到着したら、解約が完了になります。

正式に解約が完了したら、メールが届くので、届いているか不安になることもないでしょう。

エアークローゼットは休会できるの?


エアークローゼットは、休会制度がありません。

休会したいと思ったら「解約」をすることになります。

実は、エアークローゼットは「月額会員」と「無料会員」という2つが存在しています。「月額会員」をやめることを「解約」、「無料会員」をやめることを「退会」といいます。

POINT
解約:月額会員をやめる
退会:無料会員をやめる


解約しても「無料会員」として登録しておけば、会員情報やポイントは残ったままとなり、やめたとしても、いつでも再開できます。

「一時的にお休みしたい」や「また再開する可能性がある」場合は、退会せず「無料会員」のままの方がいいでしょう。

ちなみに、ポイントの有効期限は1年間ですので、その点はお気を付けください。

 

【当記事限定】5,000円OFFコード配布中

割引コード▶︎『qfP3q

期間限定クーポンなのでお早めに!

\『qfP3q』で5,500円割引/
▼今すぐクーポンを使う▼

airCloset

 

 

おすすめの解約タイミング

 

解約は決済日前日がオトク

エアークローゼットを解約するときに注意したいのが「解約タイミング」です。

解約のタイミングは、決済日前日までに手続きを行うのがベスト!

日割り計算ではないので、契約期間の途中に解約しても、残りの日数分の返金がなく、損してしまいます。

しかし、決済日までに解約しないと、翌月分の利用料金が発生してしまいますので、遅れないようにお気を付けください。

エアークローゼットは、登録日から毎月が決済日となり、人のよって異なりますので、解約前に確認してくださいね。

決済日確認方法
Myスタイル(ホーム下部)⇒スタイリング情報⇒ユーザー情報



【裏情報】返却は解約手続き後でいい!

さらにもうひとつ裏話をお伝えすると、エアクロは、解約手続きをした後、7日以内にレンタルしている洋服を返送して、解約完了となります。

つまり、エアクロは解約手続き後に返送をしてもいいということ。

「少しでも長く借りたい!」という方は解約手続き後に、返送手続きを行うのがおすすめです。

交換回数

契約しているプランによる話となりますが、ライトプラン・ライトプラスプランをご利用であれば、注意したいポイントが、”交換回数”です。

解約してしまうと、ライトプラン・ライトプラスプランの交換回数は、失効してしまいます。

交換回数が残っているのであれば、使い切ってから、解約した方がいいでしょう。

 

【当記事限定】5,000円OFFコード配布中

割引コード▶︎『qfP3q

期間限定クーポンなのでお早めに!

\『qfP3q』で5,500円割引/
▼今すぐクーポンを使う▼

airCloset



まとめ:エアークローゼットは気軽に始めやすい!

airCloset

 

エアークローゼットは、「契約期間の縛り」や「解約金」がなく、最短1ヵ月からでも利用できるため、興味があれば試しに始めてみるのもアリです。


エアークローゼットをやめたとしても、その後再開しやすいので、気軽に始められるでしょう。

今なら、登録の際に招待コードを入力すれば、初月5000円OFFで利用できるオトクなキャンペーンをやっています。

最安のプランであれば、初月1,980円~(税込)から利用できるので、この機会にぜひ始めてみてくださいね!

 

【当記事限定】5,000円OFFコード配布中

割引コード▶︎『qfP3q

期間限定クーポンなのでお早めに!

\『qfP3q』で5,500円割引/
▼今すぐクーポンを使う▼

airCloset

 

関連記事:エアークローゼット

 ★エアークローゼットの口コミ

エアークローゼットの詳細情報と実際の口コミをご紹介

 

★エアークローゼットとエディストクローゼットってどっちがいいの?

エアークローゼットとエディストクローゼットを徹底比較

 

★エアークローゼットをやめた理由とは

エアークロゼットをやめた理由と再会した理由をご紹介

 

Tagブランド・ショップ・メーカー関連タグ

この記事を書いたコラムニスト

関連コラム