アラサー女子の特徴とは?「痛い」と言われない素敵な女性になろう!

「アラサー」という言葉をよく耳にすることが多くなりましたが、「何歳からアラサーと呼ばれるんだろう?」「アラサー女子の特徴は何だろう?」など、意外と詳しく知らないかたも多いですよね。この記事では、アラサー女子の特徴を徹底解説します!

執筆者: Latte

 

 

近年、「アラサー」という言葉を耳することが、増えてきましたよね!

 

しかし、「何歳からアラサーと呼ばれるんだろう?」「アラサー女子の特徴は何だろう?」など、意外と詳しく知らない方も多いはずです。

 

本記事では、意外と知られていないアラサーについて、詳しく解説していきます。

 

ぜひ最後まで、ご覧くださいませ!

 

 

アラサーの意味は?何歳からなの?

 「アラサー」とは「Around thirty(アラウンドサーティー)」の略で、30歳前後の方を表します。

 

一般的には、四捨五入して30歳となる「25~34歳」を示すことが多いようです。

 

しかし、範囲は人によって変わることが多く、明確な定義はありません

 

30歳を中心にプラスマイナス2歳と捉えて、「28歳~32歳」と考える人もいます。

 

 

アラサー女子に訪れる変化

 

30歳前後を示すことが多い「アラサー」というワード。

 

女性はアラサーになると、20代前半の頃とは異なる、様々な変化があることが多いんです。

 

では一体、どんな変化があるのか、見ていきましょう!

 

①服装のテイストや好みのブランドが変わる

アラサーになると、仕事やプライベートで「年相応」を意識し始めるタイミングです。

 

派手なものや可愛いものが好きだった人も、アラサーになると、年相応に見える落ち着いた服装をするように。

 

若いときには手が届かなかったブランドに、シフトする人もいます。

 

好きなものより、自分に似合うものや品質を重視して、おしゃれを楽しむ人が多くなる年齢と言えるでしょう。

②結婚や出産への焦りが出始める

20代後半~30代前半は結婚・出産ラッシュです。

 

気が付いたら周りの友人たちが結婚・出産を終えていた!と、焦りを感じる人も多くなります。

 

でも焦りは禁物。

 

結婚・出産ラッシュは、アラサー女子なら誰もが経験すること。

 

「自分は自分」というマインドで、焦らず行動しましょう。

③ライフプランに悩む

結婚、出産、出世、転職など、ライフイベントが盛りだくさんなのがアラサーの時期。

 

結婚するのかしないのか、仕事一筋で頑張るのか、自分の将来を考える機会が増えて、悩む人も多いようです。

④”おひとりさま”に抵抗がなくなる

アラサーになると、周りに既婚者が多くなります。

 

そのため、ちょっとした用事に誘う友達も少なくなり、”おひとりさま”で行動する機会が必然的に増えるんです。

 

若い頃は、周りの目を気にして行けなかったお店にも、アラサーになると1人で平気になることも。

 

良くも悪くも「1人で行動した方が楽」ということに気づいてしまうのが、アラサー女子なのかもしれません。

⑤健康志向が強くなる

20代前半の頃は、夜更かしや暴飲暴食をしても、それほど影響はないですよね。

 

しかし、アラサーになると疲れが溜まりやすくなったり、体が追いついてこなくなったり、お肌の状態が気になったりと、20代前半の頃より、体力が落ちてしまうことも。

 

また、若い頃と同じ食生活では、体型が保てなくなってくるのがアラサー女子。

 

ヘルシーなものを食べたり、美容サプリを取り入れたりなど、アラサーから健康志向になる人も多いんです。

 

「痛いアラサー女子」チェック!あなたは大丈夫?

 

20代前半の頃とは異なる、様々な変化が訪れるアラサー女子。

 

せっかくなら、変化を乗り越えて、素敵な女性になりたいですよね!

 

しかし、一歩間違えると、「痛いアラサー女子」になってしまうこともあるので、要注意です。

 

もしかすると、あなた自身やあなたの周りにも、「痛い」アラサー女子がいるかもしれません…。

 

素敵なアラサー女子になるためにも、「痛いアラサー女子の特徴」をチェックしましょう!

痛いアラサー女子の特徴①:年齢相応ではないメイクやファッション

学生時代や20代前半であれば「かわいい」と思われるファッションやメイクでも、アラサー女子になると「品格がない」「若作りをしている」と思われることも…。

 

流行ばかりを追うのではなく、上品なメイクに変えてみたり、かわいすぎるファッションアイテムはワンポイントに抑え、「大人かわいい」を意識してみるといいでしょう。

痛いアラサー女子の特徴②:学生のような言動

アラサーになっても学生ノリのような言動や流行り言葉を使い、年齢に応じた言動ができていない人は、特に男性から”痛い女”と思われてしまいます。

 

アラサー女子は社会人としても、キャリアを積んでくるタイミングなので、TPOをわきまえた言動や、大人としての気遣いを忘れないようにしましょう。

痛いアラサー女子の特徴③:自己中心的な志向

いつまでも子供のように自分中心な考え方では、「いい大人なのに空気が読めない」「勘違いしている」という印象を持たれてしまいます。

 

自分の意見を大切にすることも大事ですが、自分のことだけ考えるのではなく、周りの人の考えにも耳を傾けてコミュニケーションを取っていきましょう。

 

上手に話を聞いたり、ところどころで自分の意見を述べることができれば、大人のアラサー女子として好印象を与えることができるでしょう。

 

素敵なアラサー女子になろう!

「ついにアラサーになってしまった…」など、一般的にネガティブな意味で捉えられがちなアラサー女子。

 

しかし、20代前半よりも社会的な地位が上がったり、金銭的に余裕が出てきたりなど、人生をワンステップ上がり、若い頃とはまた違った楽しさがあるのもアラサーの良さです。

 

自分らしさを大事にしつつ、年相応の大人として、内面的にも外見的にも素敵なアラサー女子を目指していきましょう!