簡単に作れる!幼児食のおすすめメニュー

執筆者: colonna
はじめに

素材はもちろん、潰したり、細かく刻んだりと、大変だった離乳食の時期が終わり、そろそろ幼児食へ移行でしょうか。

 

この時期のお子様は、どんどん元気になり、外遊びやお友達との関わりを求めたり。

お昼寝時間も減り、自己主張も強くなり、お母さんの苦労はまだまだ減らない時期ですね。

 

 幼児食の時期は、親子で一緒に食べられるメニューを手早く作ってみませんか?

 

 
春のおすすめメニュー

 <春キャベツのシチュー>

まだ少し肌寒い時、甘くて柔らかい春キャベツで、シチューで、温まりませんか?

市販のルーを使わずに、美味しいシチューを作りましょう。

 

・油を敷いたお鍋で、切ったお肉や野菜炒めます。

※お子様のお口に合わせて、お肉や野菜を切ると、火の通りも早くて食べやすいですよ。

・お肉や野菜に火が通ったら、小麦粉を入れよく混ぜます。

・粉っぽさがなくなったら、コンソメ・牛乳を入れて、ひと煮立ちさせます。

 

とろみが強すぎたら、水分を足します。

とろみが少なかったら、バターと小麦粉を1対1で混ぜたものでとろみを足します。

お皿の中で混ぜ、お鍋の汁を少し足し、さらに混ぜます。

その後、お鍋に入れ、全体をよく混ぜます。

 

 

夏のおすすめメニュー

<具沢山そうめん>

冷やし中華の酸っぱさは苦手なお子さんもいるようです。

でも、そうめんだけでは栄養が気になるので、

そうめんの上に冷やし中華の具をのせましょう。

錦糸卵、ハム、きゅうり、トマトなど、冷蔵庫にあるものと、めんつゆで、

暑い日にぴったりの、具沢山そうめんです。

   

その他、枝豆、コーン、カニカマ、ツナ、素揚げしたナス、なども

お子さんが好んで食べて、美味しいのでオススメですよ。

 

めんつゆが気になる方は、お醤油・お酒・みりん・お出汁を煮たものを、

冷蔵庫で冷やしてお使い下さい。

 

 

秋のおすすめメニュー

<きのこたっぷりのお豆腐ハンバーグ>

ひき肉に、お豆腐、きのこ、お野菜をたっぷり入れて、

秋の味覚を楽しめるハンバーグはいかがでしょうか。

チーズをのせたり、大根おろしとポン酢をかけたり、味のバリエーションも豊富です。

  

 

冬のおすすめメニュー

<肉団子の水炊き>

お肉は柔らかい肉団子がよいでしょう。

お豆腐や、好みのお野菜をたっぷりいれて、美味しく頂きましょう。

大人は、取り分けてから、薬味を使った味変を楽しみましょう。

〆の雑炊やうどんは、お子様の食事の進み具合を見ながら、

小鍋で調理するのも良いでしょう。

 

 

 簡単に作れて、ご家族みんなが好きなメニューが見つかると良いですね。

 

 

 

 
 

 育児・子育てのコラム