フランス・パリのトイレ事情!街歩き中にトイレに行きたくなった場合は?

楽しい街歩き中心のパリ観光で要注意なのがトイレ!日本と違って、地下鉄の駅や観光スポット(特に教会・寺院)には、トイレは基本的にありません。楽しく観光するために避けて通れない「トイレ」について考えておきましょう。

執筆者: colonna
フランス パリのトイレ事情

パリ市内の主な観光スポットは、徒歩と地下鉄を利用すれば、徒歩で十分に見て廻ることができます。

 

主要なスポットで順に停車する観光バスもありますが、個人的にはパリの道を是非ご自身の足で歩いて見られることをお勧めします。

街の至る所に風情を感じる通りがありますし、路地にひっそり可愛いカフェがあったりと、きっとあなただけの発見があると思います。

 

 

有名な観光スポットでも、トイレがあるとは限らない

さて、そんな楽しい街歩き中心のパリ観光で要注意なのがトイレです。

日本と違って、地下鉄の駅や観光スポット(特に教会・寺院)には、トイレは基本的にありません。

 

トイレが気になっていては、落ち着いて観光を楽しめませんよね。

実際、私がそうでした。

目的地は決まっているのに、先にトイレを済ますことに時間と労力を注いで歩き廻る…実にもったいないですよね。

 

今回は、反省も込めて自分なりにポイントをまとめてみました。

 

トイレを済ませるタイミングはいつ?

まずは、ホテルを出る直前にトイレを済ませておくことです。

体のサイン的には「まだ行かなくても大丈夫かな?」と思っても、行っておいた方が賢明です。

 

また、当日の訪問予定の観光スポットにトイレがあるかどうかを事前にガイドブック等で確認し、ある場合は必ずそこで済ますようにします。

 

あとは、食事の際にレストランやブラッスリー、カフェで済ませてしまうことです。

日本では、通常お店の奥にトイレがありますが、パリでは店の地下にあることが多く、男女共用の場合もあります。

また、お店によってはあまり綺麗ではないところもありますので、そのあたりは覚悟が必要です。

 

パリのトイレで、こんなハプニングもありました!

清潔さとは異なりますが、私が経験した例ではトイレのライトが点かないというハプニングがありました。

ドアの前で待っていると、先に入っていたおじさんが真っ暗なトイレから出てきたのです。

 

びっくりして思わず「ライト無しですか!?」と聞くと、「これを使えばいいよ」とスマートフォンを見せてくれました。

なるほど、スマートフォンなら懐中電灯機能もありますし、おかげで無事に便器とトイレットペーパーの位置を確認することができました。

 

個人旅行の場合は、ある程度の計画を…

ツアーのように予め訪問スポットが組まれている場合は、トイレも考慮されているはずですので、あまり心配はないかと思います。

ですが、個人旅行ですと、自由が利くからといってあまりにも行き当たりばったりで行動すると、トイレのタイミングを失ってしまう可能性があります。

 

街歩き中にトイレに行きたくなった場合は?

街歩き中にどうしてもトイレに行きたくなった場合は、カフェを探すのが一番手っ取り早い方法です。

幸いカフェやスターバックスは至る所にありますので、注文をしたうえでトイレを利用させてもらいます。

 

私は一度、注文の列を待つ余裕が無くて「後で注文するので、先にトイレを貸してください!」と店員さんに言ってトイレに駆け込んだことがあります・・・。

店員さんちょっと笑ってたなぁ。

今となってはいい思い出ですが、せっかくの旅行ですのでトイレの事など気にせずに楽しみたいですよね。

 

トイレのタイミングと場所を押さえて、パリの街歩きを堪能してくださいね。

 
 

 旅行のコラム