MacとWindowsってどう違うの!?それぞれの長所・短所を比較!

執筆者: Omi

今や誰もが当たり前に使うようになったパソコンですが、世界で圧倒的に主流となっているWindowsと並んで、今やiPod製品やiPhoneなどとあわせて主流になりつつあるアップル社のMacがありますよね?

パソコンを購入する時に、一体何を基準に選んだらいいのかわからないという人も多いと思います。そこで、今回はこのWindowsとMacの2者に特化して、それぞれの長短所について考えていこうと思います。

 

事務系からプライベートまで柔軟なWindows!

まずは、世界で最もシェアを獲得している圧倒的なWindowsから見ていきましょう!

Windowsは、世界での主流となっているだけあって、プライベートからビジネスまで幅広く、手軽にこなせます。ビジネス用途で言うと、事務所理系に強いのはやはりWindowsでしょう。標準でインストールされている「MicroSoft Office」では、文章ツールから表計算、プレゼンなど、ビジネスシーンで定番として使われている機能が全て揃っています。

また、フォトショップというソフトでは、写真加工の定番となっているソフトでもあり、その他にも案外評価される事が少ないですが、ペイントという標準のソフトは、写真に文字を手書きで加えたり、絵を描いたりと、Macには入っていない便利なソフトです。さらに、インターネット上から無料でダウンロードできるフリーソフトも大部分がWindows向けに作られています。

Windowsは、世界で最も多く使われているコンピュータなので、ほとんどのソフトウエアやその解説サイトがWindows向けとなっています。パソコン本体の価格帯やメーカーが多いのも魅力で、自分の予算にあったパソコンを見つけやすいでしょう。

クリエイティブに強い洗練されたMac!

つづいて、最近特に有名になってきたアップル製品のMacでは、Windowsとは対照的にクリエイティブな作業に強いプロフェッショナル向けのコンピュータとなっています。

マイクロソフト社のオフィスやフォトショップなどのソフトはもちろん入っていませんので、やはり事務系ではWindowsに軍配が上がりますが、Macには持ち前のハイスペックさが売りとなっており、動作の安定性の高さや、高負荷のかかるソフトでの作業などに定評があり、多くのエンジニアやプロに愛用されています。

主に音楽制作や動画編集、グラフィックなどの作業に適していると言えます。こうした技術的な作業をあとあとパソコンでおこなっていきたいと考えている方は、Macを買って損はないでしょう。

それだけではなく、MacのOSは、根本的にWindowsと比べてセキュリティが強いのも魅力ですし、なんといっても、Macやアップル製品の洗練されたデザイン性に惹かれて購入する人も多いでしょう。標準搭載された「ブートキャンプ」というソフトを使えば、MacにWindowsのOSをインストールする事ができて、実質両方の機能を使う事も可能です。

選び方は人それぞれ

いかがでしたか?事務系やプライベートで便利なWindowsと、基本スペックが高くてより高度な作業ができるMac。どちらもとても魅力的だと思います。しかし、選び方は人それぞれ、たいして高負荷な作業をしないのにわざわざMacを購入する必要はないですし、無理にWindowsにあわせる必要もないと思います。

単純に、デザイン性だけで選んでもいいでしょうし、スペックや用途を考慮して選んでもいいのです。ただし、Windowsは値段帯やスペックも幅広い分、安いという理由だけで購入してしまうと、あとあと不便を感じる可能性もあるので注意が必要ですね。逆にいえば、Macも万能ではありませんし、欠点も沢山あります。

さいごに

パソコンは長く付き合うものだからこそ、見た目や直感で選ぶのもいいでしょうし、自分が一番すんなり快く使えそうな一台を選んでみてはいかがでしょうか?

 
 

 PC・家電のコラム