好きな人を振り向かせたい!片思いに悩む人のための恋の成就テクニックのご紹介!~心理作戦~

執筆者: colonna

 世の中には恋愛が成就し幸せな人も居れば、なかなか実らず片思いで恋煩いに陥っている人も居ます。意中の相手を振り向かせたい!そんな片思いに悩む人へ相手を振り向かせるテクニックをご紹介します。

 

 テクニックとか駆け引きは苦手だと思われる方もいるかと思います。しかし、ためらっていては恋は実りません。使える手段、心理テクニックはとことん使っていきましょう。相手を振り向かせるテクニックであなたの恋も成就させましょう!

 

 

共通の話題を作っていく

 共感」という感覚は、心理学的にみるととても大切な感覚であり、異性間での「共感」は、「似ている」という気持ちが相手への興味へと繋がっていき恋愛へと発展しやすいとされています。共通の趣味、出身など、何か相手の「共感」を得られる話題を探し、相手との会話を弾ませていきましょう。話しやすい印象付けを与えることで、親しみをもってもらえます。

 

 また共通するものを探していくことであなた自身の視野も広げられ、より魅力的な人間へと成長でき相手に振り向いてもらえるかもしれません。

「名前」は恋の合言葉!相手の名前を呼んでいこう

 名前はその人につけられた特別なものです。そんな特別な魔法の言葉でもある名前を会話にどんどんいれていきましょう。名前を呼ばれることは誰でも嬉しいものです。ただの挨拶でも「○○さん、お疲れ様です」などと名前を入れていくことで、好感度が上げられます。

 

 心理的観点からいうと、名前で呼びかけることは相手の人格に話しかける際の大切な礼儀とされているのです。ちょっとしたことですがこのような細かい心理テクニックをこなしていくことで片思いから成就へと繋がっていきます。

 

 

会う回数を増やしていく ~単純接触効果より~

 より親密になっていくためには、一緒に過ごす時間を増やしていくことが大切なのです。心理学者が唱えた「単純接触効果」というものがあります。

 

単純接触効果:繰り返し接していくことで印象が高まっていくという効果。

 

 ただ単に会うだけで好意が上げれることから、簡単に言ってしまえば近くにいる回数を増やしていくほど親密になれてしまうということです。


 学校や職場で近くに居る人と恋に落ちやすいのもこの効果からでしょう。あなたが奥手でしたら、無理に話そうと必死にならなくても相手の視界にいるだけでも大丈夫です。「回数」が恋の成就のポイントになっていきます。


 

ギャップを見せる ~ゲインロス効果より~

 ギャップは大切だという言葉をよく聞きますよね。でも何でギャップがそこまで大切なのか考えたことはありますか?こちらも心理的にいう「ゲインロス効果」が由来しているのです。

 

ゲインロス効果:最初の印象があまり良くなくて後の印象を上げることでその評価が通常よりも、よく上がっていくといった効果のこと。

 

 恋愛的にいうとこれがギャップなのです。

 

 もしあなたがギャルっぽい派手なタイプでしたら、家庭的な面を出してみたり、あるいは大人しいタイプでしたら、時にはハキハキと物事を言ってみたりとギャップを感じさせることで相手の心により印象を与えてみて下さい。恋愛成就への一歩となることでしょう。

 

おわりに

 以上、心理的な視点も取り入れながら、意中の相手を振り向かせる恋の成就テクニックをお伝えしていきました。

 やりすぎは禁物ですが、使えるテクニックをこなしていってくださいね。いずれも恋を成就させるには「自分から」ためらわずに行動していくことが大切だということが分かります。

 日本人は遠慮がちといいますが、遠慮しては何も始まりません。

 

 これであなたの恋も実りますように!

 
 

 恋愛のコラム

  このコラムに関するタグ