デカ目に見えるアイメイク方法!一重・奥二重もドーリーなお人形さん風に変身!

ハーフみたいなぱっちりアイになりたいと願う女の子は、日本に大勢いることでしょう。

一重だから、奥二重だから…と諦めそうな方も、これからご紹介するアイメイク方法を実践すれば、まるで外国の女の子のようなナチュラルドーリーな瞳に大変身できちゃいますよ!

 

忙しい朝も、メイク初心者さんでも簡単に出来ちゃうメイク方法はこちら。

 

 

一重の方におすすめのデカ目アイメイク

まずは一重の方から。

一重の方に把握して欲しいポイントは3つ。

 

  1. 瞳を開けた時のアイシャドウ位置
  2. アイライナーの太さと幅
  3. まつ毛の太さと長さ

 

瞳を開けた時のアイシャドウ位置

まずは瞳を開いた時のアイシャドウについて。

一重さんは縦の二重幅がないので、アイシャドウを入れても隠れてしまいます。

そのため、瞳を開いて数ミリ程度、シャドウの色が見えるような入れ方をするとパッチリ見えるでしょう。

 

ちなみにアイホール部分のシャドウは暈さないで下さい。

二重の人は暈して綺麗に見えますが、一重だと印象が薄くなり、メイクが映えなくなってしまいます。

 

また、目尻と目端には特に濃い色のシャドウを入れて下さい。

瞳の両端を強調することで、一重をオリエンタルなくっきりeyeに仕上げることが出来ます。

アイライナーの太さと幅

一重の方は、アイライナーを入れても分からないのではないかとお考えかもしれません。

確かに薄く細く引くと見えませんが、黒目から目端に向けての部分だけ太めに引くことで、より大きな瞳に演出することが可能です。

 

目端から少しはみ出るように引くことで、さらに大きく見せることが出来ますよ。

 

まつ毛の太さと長さ

一重だからこそ、まつ毛が映えるんです!

ビューラーで上下のまつ毛を大げさなくらいしっかり癖付けて、マスカラを塗って下さい。

目立つからこそ、マスカラを付けすぎてヒジキのようになってはいけませんよ。マスカラ下地を塗り、その上からマスカラを塗って下さい。

下まつ毛にも行うのがポイントです。

 

まつ毛を強調することで上下の幅が生まれ、さらに瞳を大きく見せることが可能となります。

 

奥二重の方におすすめのデカ目アイメイク

奥二重さんはあと少しで二重になるからと、アイプチなどをする人も多いと思います。

しかしここでは敢えてその手は使わず、アイメイクのみでくっきりドーリーな瞳を手に入れましょう!

奥二重の方に把握して欲しいポイントは3つ。

 

  1. アイライナーはともかく濃く、細く!
  2. アイシャドウはアイホールでは薄めに、目尻では濃いめに入れる
  3. 目頭にパールのシャドウを入れる

 

アイライナーはともかく濃く、細く!

奥二重はギリギリ二重なのです。

アイライナーもまつ毛のキワをギリギリに引くイメージで細く入れ、目尻でやや太めに調節。

目尻から思いきって少し長めに引きましょう。

 

アイシャドウはアイホールでは薄めに、目尻では濃いめに入れる

濃いシャドウや太いアイライナーで二重の幅を潰してしまうのは勿体ないこと。
アイホールのシャドウは二重幅がつぶれない程度の濃さにし、逆に目尻方面は思いきり濃く入れましょう。

奥二重の「二重」部分を潰さなければ、奥二重さんのデカ目メイクは意外と簡単です。

 

 

目頭にパールのシャドウを入れる

目頭にブラウン系のパールシャドウを入れましょう。

瞳が立体的となり、左右大きく見えます。

 

さいごに

諦めていた一重さん、奥二重さん、いかがでしたでしょうか?

どちらの瞳も良さがありますので、そこをきちんと理解し、いい部分を潰さない・隠さないメイクを行えばデカ目は簡単に実現できるのです。

 

メイクテクを磨いて理想の顔立ちを演出しちゃいましょう!

 
 

 美容のコラム

  このコラムに関するタグ