部屋干し時の生乾きの匂いを取る方法!酸素系漂白剤や重曹を使った洗濯のコツ

部屋干しの嫌な匂いは、生乾きの雑菌が原因

梅雨の季節、天気の悪い日、強風の日。

洗濯物を外に干したくても干せない時や、一人暮らしで干す場所のない方、防犯上気になる方など、部屋干しをするライフスタイルが増加しています。

部屋干しでも臭わない洗剤や柔軟剤も展開されているところから、部屋干しの需要はかなり大きいと見えます。

 

にもかかわらず、部屋干しには、依然としていい印象がありません。

生乾きの匂いが洗濯物に付いているからです。

 

生乾きの匂いは「雑菌」が原因

生乾きの匂いは、お洋服についた雑菌を濡れた状態で放置しておくことで発生します。

しかも、この雑菌が一度ついたらなかなか取れず、洗濯時はいい匂いになってもまた汗をかいたり雨が降ったりすると匂いは再発します。

 

この雑菌を取り除くことが出来れば、室内干しをしても匂いは発生しません。

 

洗い方に問題がある場合、どこで干してもクローゼットにしまっている内に変な匂いがついてしまいます。

いつでも部屋干し出来るお洗濯のコツを覚えて、不快な生乾きの匂いを防ぎましょう。

 

 

洗濯物はこまめに洗う

あまり洗濯物を溜めないようにしましょう。

溜まった服の皮脂や汚れから、雑菌が繁殖しています。

 

そして洗う衣服が多いと、お互いが絡み合ってしまい、細部まで綺麗に洗えません。

 

一人暮らしであれば2,3日置きに洗濯をするようにしましょう。

 

お湯に浸け置きしておく

どうしても洗濯物が溜まってしまった、特にひどい皮脂汚れがある場合は、洗濯機へ入れる前に熱湯へ付けておきます。

30~40度のお湯に衣服をつけておき、30分ほど置いて普通に洗濯を行って下さい。

 

お湯はそのまま捨てて下さいね。

間違っても、雑菌だらけのお湯を洗濯機の中に移し替えないようにしましょう。

 

シルクやウールなどデリケートな生地は要注意です。衣服の生地を確認してから行って下さい。

 

酸素系漂白剤で洗う

酸素系漂白剤を使います。

これが含まれている部屋干し用洗剤でも構いません。

 

酸素系漂白剤には「液体」と「粉末」がありますが、粉末の方が効果が高いです。
ただし「毛」か「絹」が含まれるならば、必ず「液体タイプ」にして下さい。

 

「酸素系漂白剤」なら、先ほどのお湯浸け置き時に一緒に入れると、驚くほど汚れや匂いが取れます。

 

間違って「塩素系漂白剤」を使用しないよう気をつけて下さい。生地を傷める可能性があります。また、白物以外に使用すると色落ちを招きます。

 

重曹を使う

重曹だけでは洗濯の洗浄力はそこまでありません。

お風呂掃除などでは効果を発揮しますが、洗濯洗浄に最も適したpHが9.0~10.5である中、重曹はpH8.2程度。

少し弱いですね。

 

重曹は、過炭酸ソーダやクエン酸、先ほどおすすめした酸素系漂白剤と一緒に使うブーストアイテムです。

 

100円ショップやドラッグストアでも販売していますし、経済的で何より身体に優しいので愛用者は多いです。

余ったらシンク汚れやお風呂場掃除の時に使いましょう。

 

 

柔軟剤を使う

匂いでごまかすのはよくありませんが、上記の方法を行ったうえで柔軟剤を使うと、とても気持ちのいい香りが継続します。

逆に細部まで洗えていないにもかかわらず柔軟剤を重ねてしまうと、香りや持続時間が変わってしまいます。

 

ボトルに記載された分量を守るようにしないと、当人の鼻が慣れてしまって香りを重ねづけし、酷くなると周囲に柔軟剤のスメハラ認定をされてしまいます。

最近の柔軟剤は非常に高性能ですので、しっかり香りがつきます。

 

香水ではないからいいというものではありませんので、用法容量を守って使用するようにして下さい。

 

洗濯槽の消毒を行う

洗濯槽の汚れや雑菌は、衣類に大きく影響します。
せっかく洗っているにもかかわらず、汚れを付着させるのは本末転倒ですよね。

 

もし、洗濯物にワカメが千切れたようなゴミが付着してきたら、それは「洗濯槽のカビ」です。

3か月に1回は、専用クリーナーでお手入れをして下さい。

 

洗濯物を干す場所を変える

部屋の中で干すなら、部屋の中央がおすすめです。

といっても部屋のど真ん中に洗濯ものを干せないという方が多いと思いますので、その場合は風通しのいい場所を選びましょう。

 

カーテンレールなどに吊るすのはよくありません。

風通しも悪いですし、カーテンは意外と汚れがついていますので、洗濯済みの洋服に再び汚れが付いてしまいます。


お風呂場に換気扇がついているなら、お風呂場が適切です。

換気扇をつけない場合、雑菌の残った衣服だと匂いが再発しますので注意して下さい。

 

しわのつきやすい衣服ですと、換気扇を回したお風呂場に吊るしておくと、アイロンを使わずにしわが取れます。

 

生乾きの服の匂い…電車の中で嫌な顔をされているかも

生乾きを防ぐ技をいくつかご紹介しましたが、匂いは取れそうでしょうか?

 

本人が思っているよりずっと重要な「匂い」。

匂いのせいで得をしたり、逆に損をしたりすることも多々ありますので、お洋服くらいはいつもふんわりといい香りを漂わせるように心がけたいですね。

 
 

 生活のコラム

  このコラムに関するタグ