似合うメガネの選び方!顔の形に合わせたフレーム種類や色のポイント

眼鏡の選び方

最近は目が良くてもおしゃれメガネを掛けている人が増えましたね!

また、花粉をシャットアウトする花粉症対策メガネ、パソコンのブルーライトをカットするメガネも愛用者が増えてきました。

 

おしゃれメガネはともかくとして、その他のメガネを選ぶ際、せっかくなら自分の顔に似合うものを買いたいですよね。

今回は自分の顔のパターンに似合うメガネの選び方をご紹介します。

 

顔の幅に合わせる

メガネを掛け、顔の幅に合う大きさかどうか確かめましょう。

小さすぎても顔が大きく見えますし、大きすぎても落ちてきてしまいます。

メガネは、顔の9割程度の大きさになるようにしましょう。

 

レンズの縦サイズは鼻と同じ長さにする

最近はおしゃれのためにわざと大きなメガネレンズを選ぶ方も多いようですが、基本は自分の鼻の長さと同じサイズにすると良いようです。

 

顔を細く長く見せたい場合は、フレームの縦サイズも細めにするとよいでしょう。

 

フレームラインを眉の形に合わせる

眼鏡のフレーム、またはノンフレームだとメガネレンズの上ラインが眉と平行になるよう気をつけましょう。

たまに三角タイプのレンズや、丸型のメガネレンズが売られていますが、人を選びます。

眉が上がっている人は下がりラインレンズを、眉が下がっている人は上がりラインレンズが似合うようです。

 

輪郭に合わせて選ぶ
丸顔の場合

丸いフレームはさらに丸顔に見せてしまうので、角のある細めの「スクエア型」が良いようです。

 

顔が長めの場合

縦ではなく横が長めのフレームにすると、顔の長さのバランスが取れます。

 

四角顔の場合

丸型か楕円形が似合います。

 

エラが張りがちな場合

角ばったデザインではなく、逆の丸いデザインにしましょう。

 

瞳の形に合わせたフレームの方向にする

垂れ目の人はフレームの端方向がきゅっと上がったものを選ぶと、リフトアップできます。

釣り目の人はフレームの端方向が下がったものを選ぶと、きつい印象を和らげる効果があります。

 

 

肌の色に合わせたフレームカラーを選ぼう
色白ピンク系の肌の人

ホワイト、パール、ピンク、ライトブルー、ライトパープル、シルバーなど明るくパステル系の色味が似合います。

 

濃いピンク系の肌の人

ブラック、グレー、ネイビー、パープル、グリーン、ワイン、シルバーなど、はっきりとした濃い色のメガネが似合います。

 

色白オークル系の肌の人

アイボリー、イエロー、オレンジ、ライトブラウン、ライトグリーン、エメラルドグリーン、ゴールドなど、明るく淡い色合いが似合います。

 

濃いオークル系の肌の人

レッド、ダークブラウン、カーキ、バーミリオン(朱色)、ダークグリーン、サーモンピンク、ゴールドのフレーム色が似合います。

 

おわりに

眼鏡は顔の大部分を覆うアイテムですので、選び方一つで顔の印象をが変わってしまいます。
好きなデザインであっても、自分に似合わないものを選ぶとメガネを掛けてもいまいちキマらない、という困った状況になり得ます。

 

きちんと自分の顔に合うメガネを選び、眼鏡生活を過ごしましょう。

 
 

 生活のコラム

 ファッションのコラム