2000円以内(以下)の低予算で選ぶ彼氏・上司・男友達へのプレゼント7選!

執筆者: 森村仁

男性と女性とでは価値観が異なります。

それは贈りたいプレゼント、欲しいプレゼントにも表れます。
リラックマのグッズを貰うと嬉しいからといって、男性のプレゼントにすると相手には敬遠されるでしょう。
そこで、2,000円以下という低予算かつ、実用的で喜ばれる男性へのプレゼントをピックアップしてみたいと思います。

 

2,000円程度であれば、恋人だけでなく、男性の先輩や男友達へのちょっとした贈り物にも最適です。

文房具-カランダッシュのフロスティ-

引用元 http://www.pen-house.net/detail/detail05275_003.html

 

文房具は、手頃な商品とハイエンドとでは使用感の開きも凄いですよね。ミドルクラスは見かけだけのデザインで、実際は使いづらいなんてこともあります。
しかしカランダッシュから発売されているフロスティは、2,000円以内で購入できて、使用感も優れている逸品です。
「ボールペンを贈りたいけど高すぎる」という方にオススメです。

自分では買わないが必要なもの-タオルハンカチ-


男性は女性と違ってハンカチをあまり意識しません。カジュアルな業種だと、ハンカチすら持たない人もいます。

しかし日常生活では、意外とハンカチは使う機会が多いのです。

夏は汗を拭くために使用しますし、タオルドライやペーパーがないトイレで手を洗った時は当然ハンカチがないと濡れたままあちこちを触る羽目になります。


また、何かを零した時や衣服にシミがついた時、汚れを避けるとき、フォーマルな時や冠婚葬祭…これほどまでに沢山の使用機会があるにもかかわらず、ハンカチを持たない人は多いです。

 

そういった理由から、自分では買わないがちょくちょく必要になるアイテムとして、ハンカチは若手の男性にも喜ばれるアイテムです。

 

オーダーメイドで個性を演出-オリジナルスマホケース-

 

引用元 http://originalprint.jp/

 

デザインやイラストが得意なら、データを送信してオリジナルのスマホケースを作成するのもいいですね。

もし相手の好きなデザイン・色・キャラクター・人物などを知っている場合、それらを使用して作成すると、世界で1つだけのプレゼントとなります。

 

またスマホだけではなく洋服小物文房具アルバムなどもオリジナルでプリント可能。

アイテムによっては最短で即日出荷が可能ですので、お急ぎの方やお店に行って選ぶ暇がない方にも有効ですね。

 

ネットで印刷 オリジナルプリント.jp http://originalprint.jp/

 

日常生活の質を高めるアイテム-和紙のブックカバー-

引用元 http://www.assiston.co.jp/


男性のブックカバーと聞くと、革製をついつい想像してしまいます。

でも、革だと少し気取っているし、そこまでの相手ではない。または、年齢に合わない、雰囲気に合わない…そこで、涼しげで軽やかな和紙製のブックカバーはいかがでしょうか。


ブックカバーがあると本を手に取る頻度も上がりますし、電車の中でも取り出して読めるので本好きの男性に好まれます。

 

いくつあっても困らない実用的なもの-防水USBメモリ-


一時期、おしゃれ系USBメモリが流行りましたが、男性は実用性機能性を重視します。
濡れた手でも、お風呂でも使える防水USBメモリは、小さくて場所も取りませんしいくつあっても重宝するものです。贈られて嫌な相手はいないでしょう。

 

万人が喜ぶもの-Amazonギフト券、itunesカード-

究極のコスパ良しアイテム。

今すぐ贈り物が欲しいという時も、コンビニへ行けばすぐに買えますし、なにより貰った相手が好きなものを自由に買えるという最大のメリットがあります。

 

これいるかな、どんな好みかな…そんな悩みを一括で吹き飛ばす最強プレゼント。

ある意味とことん実用性を追及した無機質なアイテムなので、贈られた方も余分な感情を抱くことがなく使うことが出来ます

贈り物をしたいけれど、変な勘違いをされないものがいい、といった時にまさに選んで下さい。

 

恋人へというよりは、感謝の気持ちを表わすちょっとしたプレゼントにピッタリです。

 

ちょっとした贅沢を-グルメ系-

 

お酒は少し予算が足りないかもしれませんが、食べ物関連でしたら2,000円で充分良いものが買えます。

しかも自分では2,000円の食べ物などは買いませんので、贈られると喜ぶこと間違いなしです。

 

甘いもの好きには日持ちのするチョコレートやスイーツを、がっつり食べる人にはお肉詰め合わせなど、デパートの地下へ行って色々探してみましょう。

相当な高級チョコレート店でも、3粒程度ですと2,000円以内に収まりますし、その程度でしたら男性もデスクなどで食べやすいかと思います。

 

おわりに

親密な男性になら、フレグランスもいいかも知れません。

気をつけたいのは、相場が5,000円くらいのものを安い値段で購入してしまうことです。

本来の相場が2,000円台のものであれば構わないのですが、たいていは5,000円くらいはするというアイテムを2,000円台で買ってしまうと、大きなクオリティダウンへと繋がってしまいます。

例えば名刺入れや財布、時計、ネクタイなど、比較的お金をかけたいアイテムを2000円台で買ってしまうのはNGです。

 

逆のパターンであれば、むしろクオリティアップへと繋がるので良いでしょう。

普通は2,000円以下で買えるハンカチを、5,000円台の上質なものにするなどです。

 

男性へのプレゼントは、自分で考えるより相手に欲しいものを聞いてしまい、その中から自分のセンスでチョイするとうまくいきます。

サプライズであげたい場合は、上記でお勧めしたようなアイテムをあげると喜ばれるでしょう。

 
 

 恋愛のコラム

 生活のコラム