通夜・葬儀・告別式の服装マナー[男性編]

執筆者: Finswimmer Koba
はじめに

通夜・葬儀はいつどこで行われるか分かりません。
若い人はあまり参列の経験がないため、礼儀やマナーが分からない方が多いのではないでしょうか。

今回は男性が通夜・葬儀・告別式に参列する際の服装のマナーについて紹介します。

 

 

基本はブラックスーツ

通夜・葬儀(告別式も含む)に関わらず、男性はブラックスーツ(準喪服)がよいでしょう。
スーツの種類はシングル・ダブル・三つ揃いのどれでも構いません。

ワイシャツは白にしましょう。柄物は避けてください。
ネクタイは黒の無地を着用しましょう。結び方に決まりはございません。
ネクタイピンは身に着けないのがマナーです。
靴も黒で、金具が付いているものは避けましょう。また、光沢があるものやスウェード素材の靴も避けましょう。

その他、結婚指輪と腕時計以外のアクセサリーは外しましょう。
また、喪章は遺族などの関係者がつけるものであるため、それ以外の方は付けません。
夏の場合も、上着は必ず着用しましょう。
冬の場合、コートは葬儀が行われる建物に入る前に必ず脱ぎましょう。
また、コートの素材も毛皮は避けましょう。これは生き物の殺生、つまりは死を連想するためです。

 

 

正式喪服は喪主のみ

正式喪服は喪主や親族が着用するものです。その他の参列者は準喪服にしましょう。

正式喪服は、洋装は黒のモーニングコートを着用します。
ズボンは地味な縞柄で、ベルトは使用せずにサスベンダーを使用します。
和装は黒羽二重の染め抜き五つ紋付の長着に羽織袴のある黒紋服です。
喪主の場合、紋章を腕につけます。

 

訃報を聞いて間もない通夜の場合の服装

訃報を聞いて間もない通夜の場合、喪服である必要はございません。亡くなった直後に行われる仮通夜であれば、遺族も喪服を着ていない可能性がありますし、喪服だと逆に失礼にあたります。
取り急ぎ駆けつけた葬儀の場合は、黒の他、ダークグレーや紺のスーツでも構いません。
また、目立たないものであればストライプも可能です。
ネクタイはなるべく黒系の地味な柄にしましょう。

なお、訃報を聞いて1日以上経つ通夜であれば、なるべく準喪服にしましょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

喪主を務める葬儀や、亡くなられた直後に行われる仮通夜でない限り、通夜・葬儀に関わらず準喪服を着ることが望ましいでしょう。

いざというときのために、最低一着は用意しておくべきでしょう。

 
 コラムニスト情報
Finswimmer Koba
性別:男性  |   現在地:埼玉県  |  

3歳で水泳を始め

高校時代までのほほんと泳いでいました。
大学進学とともに、名門水泳部に入り、オリンピックメダリストと
一緒に練習をしていました。
競泳を引退後、スポーツマネジメントを学びに大学院に通いながら
ジュニア選手のコーチをし、趣味でフィンスイミングを始めました。

現在は仕事でスポーツ系ウェブサイトを担当しております。

まさに、スポーツ漬けの人生です。
国語の評価は万年『2』でしたので、
文章が下手であったらスミマセン

 

 生活のコラム