基礎代謝量を上げるコツは?食事制限・運動が苦手な人のダイエット方法

食事制限や運動をしないで痩せる方法ってないの?それは、基礎代謝量をアップさせることが鍵となりそうです。基礎代謝量を上げる方法を紹介します。

執筆者: Finswimmer Koba
基礎代謝を下げないために気を付けたいこと

基礎代謝という言葉をご存知ですか?
簡単に言うと、呼吸や血液を循環させる際に必要なエネルギーで、人間がじっとしていても消費されるエネルギーです。


女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリーを消費しています。

この基礎代謝を上げれば上げるほど、何もしなくても痩せやすい体になります。

基礎代謝を上げる方法は、運動と食生活の改善により、筋肉量や酸素摂取量を増やすといった方法があります。
しかし今回は、基礎代謝を下げないために気を付けたいことを紹介します。

 

冷房の設定温度を下げすぎない

夏場、家や職場の冷房の設定温度は何度になっているでしょうか。
最近は環境や節電のために、設定温度を28度にしましょうという運動が盛んですが、これは基礎代謝の維持にも効果的です。


人は体温が1度下がると代謝エネルギーが13%も下がってしまいます。
体温が低い人ほど、基礎代謝も低くなってしまうということですので、体温を下げない生活を心がけましょう。

 

 

シャワーだけで済ませない

シャワーだけで済ませてはいけない理由も、冷房と同じく「体温」です。
しっかり湯船につかったほうが体温を上げることができます。


また、湯船に浸かることにより、基本的な体温を上げる効果があるだけでなく、その場でも汗をかいてエネルギーを消費できます。
※長い時間、熱いお風呂に入ってしまうと心臓などの機能に負担をかけてしまうので注意。


そこでおすすめなのが、38度ぐらいの温度で20分以上半身浴をすること。

体への負担も減らしながら十分に温めることができます。

半身浴であれば、本などを持ちながらもできますので、ぜひお試しください。

 

座る姿勢を正す

正しい姿勢とは、背筋が伸びている状態のことです。

猫背になってしまったり、背もたれを利用してお腹を突き出した座り方をしていませんか?

 

座る姿勢を正すと、2つの良い効果があります。

 

☑ 姿勢を維持するために筋肉を使う。

☑ 肺活量が多くなる(基礎代謝とは呼吸をする際に消費されるエネルギーでもあるので、肺活量が多いほど、基礎代謝が上がることになります)

 

背もたれを使わずに座り、背筋を伸ばせばいいのです。

簡単に言いましたが、これがとても難しいことですね。

これだけでとても効果があるので試してみてください。


今まで姿勢を維持するための筋肉を使っていなかった人は、長時間背筋を伸ばすと疲れると思います。

最初は腰と椅子の間にバスタオルなどを丸めて挟むと、姿勢を伸ばしても多少楽になると思います。

 

 

深呼吸をする

基礎代謝を上げる方法の一つが、酸素摂取量を増やすことです。

 

呼吸をするだけで血液循環もされてエネルギーが消費されます。

深呼吸は、肺活量のアップだけでなく横隔膜やお腹の筋肉を動かすという効果もあります。


1日に数回、息をお腹まで大きく吸い、ゆっくり時間をかけて吐いてみてください。

 

 

運動や食事制限だけでなく、代謝アップも考えよう

ダイエットをしようと思ったとき、最初に『毎日運動をしなければならない』『食事の量を調節しなければならない』と考えてしましますが、その前に日常生活の中で行えることがたくさんあります。

ぜひ試してみてください。

 コラムニスト情報
Finswimmer Koba
性別:男性  |   現在地:埼玉県  |  

3歳で水泳を始め

高校時代までのほほんと泳いでいました。
大学進学とともに、名門水泳部に入り、オリンピックメダリストと
一緒に練習をしていました。
競泳を引退後、スポーツマネジメントを学びに大学院に通いながら
ジュニア選手のコーチをし、趣味でフィンスイミングを始めました。

現在は仕事でスポーツ系ウェブサイトを担当しております。

まさに、スポーツ漬けの人生です。
国語の評価は万年『2』でしたので、
文章が下手であったらスミマセン