スーツに合わせるネクタイの色や柄が与える印象とは?就活・転職面接で個性や印象を強める選び方

執筆者: colonna
はじめに

就職活動の時に好かれるネクタイの色や柄は、必ずあるものです。

 

就職活動では第一印象が大切になります。少しでも良い印象を与えておきたいものですね。

リクルートスーツは同じようなものばかりなので、ネクタイでうまく個性を表現しつつ、良い印象を与えられるような選び方を紹介します。

 

 

ネクタイの色の選び方

ネクタイの色は、とても重要なポイントになります。
色というのは真っ先に目に飛び込んでくるものなので、印象に残りやすいのです。

 

赤いネクタイ

赤いネクタイは、情熱的積極性があることをアピールするのに有効です。
「自分は積極的に物事をこなします」という自己アピールをしたいのであれば、赤色の混じるネクタイを締めていくと良いでしょう。

 

青いネクタイ

青いネクタイは知的冷静な印象を残すことが出来ます。

自分の冷静さ、分析力の高さなどをアピールしたい人は、青色の混じるネクタイがお勧めです。

 

黄色のネクタイ

黄色のネクタイは、胸元の華やかさを印象付けることができるので、アパレル関係などの目立つ華やかなの仕事の面接では印象に残りやすくなります。

 

グレーや黒、紺色のネクタイ

グレーや黒、紺色のネクタイは冠婚葬祭など就職活動以外にも使えます。
社会人であれば1本は持っておきたいものです。

ネクタイの柄の選び方

ネクタイの柄も、第一印象を決める大きなポイントの一つになります。

 

柄なし

無地は最も無難な柄です。

色のイメージを、より伝えることが出来るものになります。

 

ストライプ柄

ストライプ柄は爽やかな印象を与えることが出来ます。

 

ドット柄

細かいドット柄のものは、落ち着いた印象を与えます。

大きめのドット柄は、明るい印象を与えることになります。

 

チェック柄

チェック柄は知的な印象を与えます。

組み合わせる色味によってはファッションセンスが高く見られる可能性があります。

ほか、キャラクター柄であったり色々な種類の柄があります。
就職活動で使うネクタイなのでシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

 

 

好かれるネクタイの選び方

色と柄を組み合わせると、自分をしっかりと印象付けることが出来ます。

冷静で知的だというアピールをしたいのであれば、青いチェック柄のネクタイを選びます。

情熱があることをアピールするなら、赤のストライプ柄やドット柄を選んでみましょう。

色だけでも印象に残ることは出来ますが、柄も組み合わせて選ぶことで、より相手に自分を印象付けることが出来るのです。


色や柄というのは、特に記憶に残りやすいのです。
そして、話した内容と印象付けて覚えて貰うことが出来るのです。

その色を見たときに「こんな話をしていたな」と思い出して頂くためにも、能力だけではなく服装にも気を使って臨みたいものですね。

 

例えば、赤いネクタイをして「大学時代はラグビー部で、キャプテンとして部活をまとめていました」と話せば、赤い色の印象と共にその話を覚えていて貰うことが出来るのです。

面接は、いかに自分をアピールして面接官の印象に残ることが出来るか、ということが大切です。

 

おわりに

ネクタイの印象というのは、就職活動の合否を分けるものではありません。

 

しかし、印象に残すことが出来たら「この人は見込みがあるんじゃないか」と思って貰えるかもしれません。
ネクタイの柄や色を選ぶときには、自分のどんな印象を相手に与えたいのかを考えて選んでみると良いのではないでしょうか。

 
 

 ファッションのコラム

 ビジネス・経済のコラム