脱ローマ字読み!フォニックス英語「短母音(aeiou)」の正しい読み方と発音方法

執筆者: 植田朋子 職業:英語講師

こんにちは、英語講師の植田朋子です。

 

今回は日本人がフォニックスを学んでいく上での第一関門、短母音について詳しく紹介したいと思います。

 

 

母音の読み方

基本の母音は、aeiou
さて、aeiouについて、どのように読みましたか?

エィ、イー、アィ、オゥ、ユーと読みましたか?
それともア、エ、イ、オ、ウと読みましたか?

実は「基本の母音」という言い方がとても不親切なので、色々な答えがあり得るのです。

フォニックスを学んだ方なら、ア(アとエの間の音)、エ、イ、ア(お医者さんに喉を見てもらう時の音)、ア(何か気付いた時の音) と答えるはずです。

前回のコラムでも紹介した「短母音」です。
日本のローマ字読みだと、アエイ「オウ」。英語読みだとアエイ「アア」


英語にもオとウに似た音はあるはずなのに、オとウはどこへ行ったのでしょう?

hotの読み方

hotという単語、ホットと読んでいますか?
それとも口を大きく開けて、ハット読んでいますか?

辞書を見ていただくと、発音記号のところではhatと書かれていると思います。
ローマ字読みの影響でoはオと思いがちですが、oは原則的にはaの音(お医者さんに喉を見てもらうときの音)になります。

辞書をもう少しよく見ると、cを左右逆にしたような発音記号も載っていて、h(cの左右逆)tとも書かれています。

このcを逆にしたような発音記号は、日本語のオと似た音になります。
これはイギリス英語でのoの読み方です。
oはアメリカとイギリスで、読み方の音が違うのです。
ただ、アメリカでもoをオの音で読む地方があるようです。

 

uの読み方

but cut sun・・・uはアと読む単語の方が多いのに、私たち日本人はどうしてもuをウと読みがちです。
これもローマ字読みの影響でしょうね。
ジョリーフォニックスでは、ウの音を表す文字として、ooを使います
またこの音は、日本語の普通のウの音とはかなり違います。

時代劇で刺されて、うずくまったときに出る音 「うっ。」と似た音になります。

uをウに似た音に発音する単語として、putという単語がありますね。
これはフォニックス的には、不規則な単語扱いになります。

 

音声学的な短母音と、フェニックス上の短母音は一致しない

私がフォニックスを教え出して、最初に戸惑ったのが「短母音」という言葉の意味です。
結論から言いますと、音声学上の短母音と、フォニックス上の短母音とは一致しません。

例えば、oo(bookのoo:ウに近い)という音。
音声学の本には短母音と紹介されていますが、フォニックスではただの母音扱いです。

短母音として覚えるのは、aeiouのみとなります。

フォニックスを学習していると、この短母音を聞き分けられるか、そして、きちんと発音できるかが第一関門となります。

それでは、最後に短母音の音をもう一度復習しましょう。

 

  • a:mapのaの音。アとエの間の音。
  • e:eggのeの音。
  • i :pinのiの音。イの音に少しエの音が入っています。
  • o:hotのoの音。お医者さんに喉を見てもらう時に出す音。
  • u:sunのuの音。日本語のアに一番近いと言われている音。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
ローマ字読みの影響で、どうしてもoやuの発音が覚えにくいと思われます。


まずは基本の短母音、上記の5つの読み方を繰り返し練習をして、フェニックス英語の基礎を身に付けましょう。

 
 コラムニスト情報
植田朋子
性別:女性  |   職業:英語講師

奈良県香芝市でフォニックスと文法を中心にした英語教室「MamiEC」を主宰しています。「ジョリーフォニックス(Jolly Phonics)」という読み書きを体系的に学ぶことのできるフォニックス・文法プログラムをメインで使用しています。

ジョリーフォニックスのトレーナーとして、大阪や東京を中心にジョリーフォニックスやジョリーグラマーの教え方のセミナーも開催しています。

【MamiEC英語教室】
http://www.mamiec.com/