大人っぽく見える色、老けて見える色。お洋服のカラーで年齢操作できるかも [カラーコーディネーター解説]

カラーコーディネーター直伝!お洋服の色からアンチエイジング!洗練された都会女性を演出する、ファッションカラーのコーディネート集

執筆者: 安田 紀子 職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト
はじめに

こんにちは。カラーコーディネーターの安田紀子です。

 

色を上手く使うことで「なりたいイメージを作ることが出来る」というお話は、何度かさせていただきました。
今回は、具体的に「大人っぽく見せる」色使いについて、お話しさせていただきます。

 

せっかくなので「見せる」ではなく、大人っぽく「魅せる」ことで、周囲を魅了してしまいましょう。

 

 

子供っぽいイメージを持たれる色とは

色にはイメージがあります。
色のイメージの中で「子供っぽい」といったイメージを持たれている色は、何色でしょうか。
恐らく「黒」「茶」「灰」といった定番色に対して、子供っぽいというイメージを持たれる方は多くないと思います。

直接「子供っぽい」というイメージではなくても「無邪気」「陽気」といったイメージの色は、子供っぽいイメージにつながります。

「黄」「オレンジ」といった色が、こういったイメージの色になります。


また、ベビー服に良く用いられる、パステル調の色も「幼い」イメージを喚起しやすいため、大人っぽいカラーコーディネートには向いていません。

 

原色に黒みを足すと大人っぽくなる

やはり定番色をメインにすることが、落ち着いたコーディネートにつながります。

しかし、それだけでは色味も少なく、カラーコーディネートとしての楽しみが半減してしまいます。


赤や青でも、その色の原色にほんの少し黒みを足すことで、色の表情がぐっと変わります。

これはディープトーンやダークトーン(共にPCCS)と言い、シックなイメージにつながっていきます。

 

大人っぽく魅せるカラーコーディネート例

では、具体的に見ていきます。

 

プラム×チョコレートブラウン×ライトグレー

リッチなイメージの配色になります。
プラムの紫みとチョコレートブラウンの濃い茶色が、高級感を演出してくれます。

重苦しい印象にならないよう、3色目は明るい色にしますが、白ではカジュアルな印象になり過ぎて、大人っぽさが薄れます。

 

ローズグレー×バーガンディー×ベージュグリーン

大人の女性らしい配色です。
ベージュグリーンは、ベージュ・茶系の中でも緑みが感じられる色です。

 

緑みが全く感じられない茶系を使用してしまうと、一気に洗練された雰囲気が壊れます。

難しい色ですが、使いこなせると、都会的でゴージャスな女性のイメージになります。

抹茶色×ライトキャメル×ライトブラウン

少し明るめの色でまとめたコーディネートです。
ライトキャメルやライトブラウンをメインにするよりは、抹茶色をメインにした方が、華やかで個性的なカラーコーディネートになります。

 

パープル×パープリッシュブルー×黒

青紫系の色をメインとした配色です。
夏はここに白を加えても涼しげなコーディネートになりますが、配色を引き締めるため、黒は少量でも使うようにします。

おわりに

大人っぽく魅せるために定番色だけを使ってしまうと、老けて見えることになります。

 

ある程度色味のはっきりした色を合わせることで、老け見えを防ぐことが出来ます。

「高貴」「円熟」「妖艶」といったイメージのある、落ち着いた赤や紫を、積極的に使ってみて下さい。

 
 コラムニスト情報
安田 紀子
現在地:神奈川県川崎市  |   職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト

川崎市でカラーサロン「nrk color circle」を営んでおります、安田紀子です。
パーソナルカラー診断とカラーカウンセリングによるセラピー、パワーストーンのアドバイスなどをおこなっております。

TEL:080-1177-9439 
〒216-0004 川崎市宮前区鷺沼1-11-14 鷺沼パレス906
HP:http://nrkcolor.com/

・日本色彩学会正会員
・色彩検定1級/後任カラーデザイナー
・東商カラーコーディネーター検定1級(第2分野)
・カラーセラピスト
・パワーストーンセラピスト

 おすすめ新着コラム
     

     ファッションのコラム