Windows初心者向け「ショートカットキー」使いこなし術! -コピー・ペースト(貼り付け)・印刷・切り取り・戻る-

執筆者: 良知敏子 職業:PCインストラクター・ホームページアドバイザー

こんにちは。PCインストラクターの良知敏子です。
今回はショートカットキーについての内容です。

 

ショートカットキーとは

ところで、ショートカットキー、使っていますか?
私も講義中に生徒さんによく質問をするのですが、皆さんあまり使われていないようで「何ですか?それ」など、逆に質問をされてしまいます。

 

ショートカットキーとは、簡単に説明すると、キーボードのキーを押すことでそれぞれのキーに割り当てられているウィンドウズの操作、アプリケーションの操作を行う事ができるというものです。

もちろん、ただキーを押すだけではありません。

多くの場合は「Ctrl」キーを押しながら該当のキーを押します。

 

まずは試してみましょう。

 

 

ホームページの印刷をしたい

パソコンを開いて、一番よく使うソフトウェアは何でしょうか。

今でしたら、ブラウザかなと思います。

「Internet Explorer」を使ってみましょう。


まずは「Intenet Explorer」を起動します。

多くの方は「Yahoo Japan」のトップページが表示されるかと思いますが、表示されるページはどれでも大丈夫です。

ちなみに、今回の操作では「Internet Explorer11」というバージョンを使っています。

たとえば、ホームページを印刷したいな、と考えたとします。


基本は、画面右上にある星のような形をした「ツール」というボタンをクリックします。

そこで表示されるメニューの中の「印刷」をポイントすると、左、または右側にさらにメニュー項目が表示されますね。

その一番上の「印刷」という項目をクリックして、「印刷」のダイアログを表示します。

クリックする前に「印刷」という項目の右側に注目してください。

「Ctrl+P」と表示されていますね。これがショートカットキーです。

 

 

印刷のショートカットキー

パソコンに慣れてくると、メニュー項目を辿っていく作業が、少し面倒に感じることがあると思います。

そんな時に、印刷のショートカットキーが分かっていれば、該当のキーを押すだけで「印刷」ダイアログが表示されるのです。
この場合の該当のキーとは「Ctrl+P」キーになります。

早速、ショートカットキーを使って印刷の作業を行ってみましょう。

 

ショートカットキーで印刷をしてみよう

まずはホームページを閲覧している状態で「Ctrl」キーを押しながら「P」キーを押します

 

 

すると、「印刷のダイアログボックス」がすぐさま表示されます。

 

 

あっという間ですね!いわゆる時短です。

慣れるととても便利です。そういえば私は「印刷」を行うとき、「ツール」メニューから項目を辿っていくという事は、まずありません。

「Ctrl+P」以外にもショートカットキーはたくさんあります。もう一つ例をあげてみましょう。

 

URLのコピーをしたい

たとえば、インターネットを見ていて、とても気に入ったページがありました。

お友達にも教えてあげたくなったので、URLをコピーしておこう、と考えたとします。

基本の方法は、URLを選択して右クリックし「コピー」でクリックですね。

これでクリップボードという場所にコピーしたURLが記録された事になります。

 

 

もちろんこの方法でも良いのですが、少し面倒です。

こんな時こそ、ショートカットキーの出番です。

 

コピー&貼りつけのショートカットキー
コピーのショートカットキー

コピーのショートカットキーは「Ctrl+C」です。

URLが選択された状態で「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを押すと、コピーが完了です。

 

 

 

貼り付けのショートカットキー

コピーしただけでは、コピーしたデータを見ることができないので、貼り付ける作業が必要です。「メモ帳」というアプリケーションに貼り付けてみましょう。「メモ帳」を起動します。


基本の方法は、メニューバーの「編集」→「貼り付け」ですよね。

 


貼り付けのショートカットキーは「Ctrl+V」です。

つまり、メモ帳を起動したら、「Ctrl」キーを押しながら「V」キーを押せば、先ほど選択したURLが貼り付けられます。


ちなみに、メモ帳の場合もメニュー項目の右側に、それぞれのメニュー項目に対するショートカットキーが書いてありますね。

 

ショートカットキーに慣れよう

このように、1つのアプリケーションの中でショートカットキーを利用するのも良し、アプリケーション間でのデータのやり取りを行うのも良し。

かなり使い勝手が良いのがショートカットキーです。

とにかく私が良く使うのは、コピーの「Ctrl+C」、切り取りの「Ctrl+X」、貼り付けの「Ctrl+V」です。

他には、ひとつ前の操作に戻る「Ctrl+Z」です。

「Ctrl+Z」は使えないアプリケーションもありますが、Wordなどでは使えますし、とても便利なショートカットキーです。

 

使用時の注意点

ここでショートカットキーを使う際の注意点をひとつ。

「Ctrl」キーを押しながら該当のキー、たとえば「P」キーなどを押すわけですが、キーを離す順番を間違えるとうまくいきません。

キーを離す順番は「P」キーの次に「Ctrl」キーです。

 

おわりに

他にも数多くのショートカットキーがあります。

 

パソコンでの作業が少しでも効率よく行えるようなショートカットキーを探し、ぜひ有効活用してみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
良知敏子
性別:女性  |   職業:PCインストラクター・ホームページアドバイザー

はじめまして。静岡県静岡市でパソコン講習やセミナー、ホームページ作成やサポートを行っているテックスカラ代表の良知敏子と申します。
営業事務業務のIT担当として、たまたま携わったパソコンでしたが、色々な業務に携わりながらとてもたくさんの事を学び、現在に至っております。
常にユーザー目線での講習や制作を心がけることが信条です。
どうぞよろしくお願いいたします。