スマホの通信費を半分以下にする方法!データ通信を安くするインターネット節約術 (1/2)

執筆者: 大西 紘平 職業:アパレル接客・暮らしガイド
通信費で毎月1万の出費?

スマートフォンにパソコン、タブレット…。

現在は色々な端末でインターネットを楽しめる時代です。

自宅で光回線を使いつつ、携帯会社のパケット通信を使っている方も多いと思います。

でも毎月の通信費が高いと感じたことはありませんか?

光回線が毎月4~5千円、携帯代金が月7~8千円と、毎月1万前後支払っている方も多くいらっしゃいます。

年間12万はかなり痛い出費ですよね。

ですが、少し工夫すれば毎月の通信費を半分以下に抑えることも可能です。

普段インターネットを動画を少し楽しむ程度の方や、メール、調べ物、仕事で使う程度ならモバイルデータ通信端末でも十分間に合います。

 

モバイルデータ通信について

モバイルデータ通信端末は、いわゆるWifiでインターネットに接続します。

現在はスマホもパソコンも無線LANが標準搭載されていますので、モバイルデータ通信端末が1台あればこれらを全部ネットに接続できます。

端末代は必要なものの、毎月の料金は4千円前後です。

パソコンもスマホも、4千円でネットへ接続可能になります。

もしタブレットや携帯を買い増したときも、設定するだけでかまいません。

台数が増えるほど、1台あたりの通信料金が安くなっていきます。

メジャーなのはワイモバイルとUQ Wimax

モバイルデータ通信を提供している会社で有名なのは、ワイモバイル(旧イーモバイル)とUQ Wimax(ワイマックス)です。

前者は通信品質、後者は料金と通信量無制限が特徴と言えます。

どちらも全国の幅広いエリアをカバーしており、料金もお手頃です。

キャンペーンによっては、新規加入時の端末代が無料または1円になる場合もあります。

コストを徹底的に抑えたいなら狙ってみましょう。

結局どっちがいいの?

ワイモバイルとWimax、どちらの会社も一長一短です。

最終的にはサービスエリアと好みで選ぶことになるでしょう。

 

ワイモバイルについて

ワイモバイルは通信品質が良く、室内でも通信があまり途切れません。

一方Wimaxは、周りの建物と室内の構造次第で頻繁に接続が切れます(でも接続を安定させる裏技もあります)。

しかしワイモバイルは毎月7GB(LTEは10GB)の通信制限があり、Wimaxは通信料の制限が(2018年まで)いっさいありません。

ただし、最高110Mbpsの速度がウリのWimax2は一部通信料制限があります。

 

Wimaxについて

UQ Wimaxはお試しサービスがありますので、まずこちらを利用して自宅の電波状況を調べると良いでしょう。

あまり電波が届かないなら、その後ワイモバイルを選ぶ方法もあります。

 

 
 コラムニスト情報
大西 紘平
性別:男性  |   現在地:香川県  |   職業:アパレル接客・暮らしガイド

コラムをご覧いただきありがとうございます。

服飾専門学校を卒業後はアパレル業界へ数年間身を置いていました。
Latteではファッション(業界ネタ中心)や生活の知恵など、様々なコラムを執筆しています。

今は下記のブログでも情報を配信中です。

flappe(フリーランス・フリーライター向け情報サイト)
http://flappe.guide-book.xyz/

ぐーぱん(ファッション業界の最新ニュース)
http://gu-pan.com/

お気に召しましたらGoogle+のページもご覧下さい。
コラム配信のお知らせをいち早くお届けします。

*Google+*
https://plus.google.com/107466210478032391080/about

*Twitter*(ぐーぱん専用)
https://twitter.com/gu_pan_news

 

 インターネットのコラム