フランス観光におすすめ!ロワール地方の古城めぐりツアーに参加しよう!

執筆者: Taka
ロワール地方とは

ロワール地方は、古くからブルターニュ(ケルト)の文化が根付いた地域です。ロワール渓谷は、生きた文化的風景としてはフランスで最も広大なユネスコの世界遺産です。国王や芸術家などの歴史上の人物たちがロワール川に魅せられ、その川岸に住みました。

ロワール地方の料理としては、ジャルゴーのアンドゥイエット、オルレアン風鶏肉料理、ソローニュのジビエ料理、ロワール川の魚料理、ベリーの緑レンズ豆料理です。チーズなら、シャヴィニョールのクロタン、セル・シュール・シェールのシェーヴル、ヴァランセーのピラミッドなどがあります。

そんなロワール地方には、古城がたくさん集まっています。歴史あるお城めぐりは、女性に大変人気です!今回は、ロワール地方にある古城をいくつか紹介します。

 

アンボワーズ城

 
 

アンボワーズ城は、もとは中世の城砦でしたが、シャルル8世とフランソワ1世(15世紀末から16世紀初頭)の時代に、王家の居城となりました。多くのヨーロッパの知識人や芸術家が、フランス王の招きでアンボワーズの宮廷に滞在しました。レオナルド・ダヴィンチもそうした人々の一人で、城の礼拝堂に葬られています。アンボワーズ城の庭には、フランスで初めてイタリア風レイアウトが採用され、これがフランス式庭園の始まりとなりました。
周辺にはいくつかレストランやパン屋などがあり、食事する場所があります。

料金:大人10.70ユーロ・団体見学 (20名以上)大人8.20ユーロ

 

シュベルニー城

 

シュベルニー城は、土地はシュベルニー公爵のものであり、ルイ11世の戦争会計係でも合ったアンリ・ユローによって購入されました。150年間は城の持ち主は何度も替わり、1765年には城の内部の大改修が行われた。
フランス革命時にユロー家の資産の多くは売却を余儀なくされ、一族は城を、ナポレオン・ボナパルト治世下の1802年に手放すが、1824年には買い戻している。これはブルボン朝の王政復古、シャルル10世の時代のことで、この時代には再び上流階級が政治的・経済的実権を握っていた。城には、現在でも人が住んでいるそうです。シュベルニー城は、特に室内装飾が素晴らしいことで知られています。洗練された緊迫装飾や大理石装飾などの内装、また豪華絢爛な調度品が残る城館です。

 

料金:大人9.50ユーロ

 

シャンボール城



シャンボール城は、「生きた文化的景観」としてユネスコの世界遺産に登録されているロワール渓谷の入り口に位置します。必見の価値があり、フランス・ルネッサンス様式の城の中でも最も大きく最も有名な城ですフランソワ1世の暮らしぶりを覗き見ることができます。

シャンボール城は、住むための城としてではなく、狩猟のための館として建設されました。フランソワ1世は、この城に引きこもって、当時貴族のみに許されていた狩猟の楽しみに没頭することを好みました。しかし、王は、ほとんど城には滞在せず、城は、王が去った後は、家具も住人もいないまま放置され、結局未完のままとなりました。

その後、歴代のフランス王やその他の人々がシャンボール城に滞在し、今のような美しい姿に完成させました。太陽王ルイ14世も、そうした王の一人です。

同じ階段であるのに反対方向からのぼっても、互いに決して出会うことのない二重らせん構造の階段も見どころです。


料金:大人11ユーロ・団体8ユーロ 18歳未満は無料

 

シュノンソー城

 

 

 

 

シュノンソー城は、ディアーヌ・ド・ポワチエが城と川沿いの眺めを非常に愛したことで知られています。彼女はアーチ型の橋を建設し、城を向こう岸と結びました。庭園に花や野菜、果樹なども植えさせ、川岸に沿っているため氾濫に備えるため石のテラスで補強し、4つの三角形が配置された洗練された庭が作られました。アンリ二世の死後、彼の気の強い妻で摂政のカトリーヌ・ド・メディシスはディアーヌを城から追い出したという歴史があります。

王家の領地であり、その後王の住居となったシュノンソー城は、シェール川をまたぐその独特のスタイル、ディアンヌ・ド・ポワチエやカトリーヌ・ド・メディシスのような女性たちに愛され、管理され、保護されてきた特別な城です。現在、シュノンソー城は、ヴェルサイユ宮殿に次いで、フランスでもっとも観光客が訪れる城となっています

周りは雄大な自然があり、ラビリンスがあったり、見どころ多数のお城です!

 

料金:大人12.5ユーロ・団体9.5ユーロ

 

さいごに

パリ市内からは少し離れますが、のんびりと可愛らしいお城を見て回るのはとても楽しいですよ。

一つ一つのお城が離れているので、車の移動が必須になりまが、ツアーが沢山出ているので、申し込んでみてはいかがですか?

 
 

 旅行のコラム