カリカリもちもち!インドネシアの揚げバナナ菓子「ピサン・ゴレン」を味わおう♡

執筆者: KIKO 職業:ライター / コピーライター / 通訳 / 翻訳
はじめに

こんにちは、バリ島現地ライターのKIKOです。

食事の後に食べたくなる物といえばスイーツやデザートですが、インドネシアでは食後に甘い物をデザートとして食べる習慣がなく、食べたいときに食べるのが基本です。
中でもゴレンガン(揚げ物)のお店は大人気で、朝早くから深夜遅くまでローカルのお客さんで大盛況。


このゴレンガンの中でも、おやつの定番となっているのが「ピサン・ゴレン」、揚げバナナのスイーツなのです。

 

 

バナナを揚げたピサン・ゴレン

 

ピサンとはバナナ、ゴレンとは揚げるという意味のインドネシア語です。
ピサン・ゴレンに使用するバナナは、普通のバナナと違って、硬く青々しい熟す前のものです。

 

 

ピサン・ゴレンにはこうした調理用(加熱用)のバナナが使用されます。
こうしたバナナは、そのまま食べても甘くありませんが、揚げることで甘みが強くなります。

衣は小麦粉ではなく、市販の「からあげの素」のような「ピサン・ゴレンの素」を使用します。
この粉を水で溶き、バナナをくぐらせて高温でサッと揚げれば出来上がりです。
失敗することなく、誰でも簡単に作ることが出来ます。

 

 

揚げたてはダイエットを忘れてしまうほど美味しい

揚げたてのピサン・ゴレンは、表面がカリカリ、中身はもちもちの食感で、思わず笑顔になってしまうほど美味しい揚げ菓子です。


衣がたっぷり付いていますので、カロリーが気になるところですが、あまりの美味しさにダイエットも忘れてしまうほど、口にたくさん運んでしまいます。

 

 

ワルンや屋台で安く食べられる

ピサン・ゴレンはレストランでも食べれますが、ローカルワルンや道端の屋台で食べた方が、より美味しく感じられますし、何といっても安いのです。


場所にもよりますが、大体1つRp.1,000(10円)ほどです。

注文した個数をビニール袋に直接入れるのでびっくりしてしまうかもしれませんが、これがバリ島です。


インドネシア人の口癖である、「ティダ・アパ・アパ(どうってことない、たいしたことはない)」と笑って、ローカルスタイルを楽しみたいところです。


 

ピサン・ゴレンは専用の屋台がたくさんありますが、ローカルの集うワルンの入り口にも良く置かれています。
ワルンとは、食堂や商店のことを指します。

地元の人達がお菓子や食材を、リーズナブルに購入するためのコンビニのようなものです。


私達がコンビニでついついお菓子を買ってしまうように、ワルンに立ち寄ったついでに、定番のピサン・ゴレンを買ってしまう、そんなインドネシア人の姿を良く見かけます。

 

おわりに

ピサン・ゴレンはそのまま食べるほかにも、チョコレートをかけたりアイスクリームを添えたりして食べることも出来ます。

 

小腹が空いたときに道端で食べるのも良し、家でゴージャスにアレンジしてみるのも良し、色々アレンジして食べてみて下さいね。

 

 
 コラムニスト情報
KIKO
性別:女性  |   現在地:インドネシア・バリ島  |   職業:ライター / コピーライター / 通訳 / 翻訳

フリーランスライター / 通訳 / 翻訳

留学と旅行で世界各地を回り、辿り着いたのはインドネシア・バリ島。
医学情報サービス会社で企画原稿のライティングを経験、
Webコンサルティング会社でインターネット広告ライティングを担当し
現在はコピーライティング、ポータルサイトのライティング、ウェブメディアのコラムなどを執筆。

 

 グルメ・レストランのコラム