トナカイ肉、氷のグラス…アラスカの食生活が凄い!おすすめの料理や食文化を紹介

執筆者: 武田ゆう子 職業:自営業(WEBデザイナー・PC講師)
アラスカの食文化

アラスカといってもアメリカ合衆国なので、食事はいわゆる「アメリカ」特有なものが多いです。

 

ステーキやハンバーガーは、大体どの店でもボリューム満点で美味しいですし、スイーツはクリームがどっさり乗った、甘くて量の多い物が出てきます。 

 

 

極寒の辺境の土地ではありますが、町中にはウォルマートをはじめとする大型スーパーマーケットがいくつもあり、必要なものは何でも揃います。

 

また、おいしいタイ料理のお店「バンタイ」や、日本人経営ではありませんが、日本料理の店「KUMAGORO」など、アジアの食事が恋しくなったときも問題ありません。

 

 

食べることについて全く困ることはないのですが、せっかくアラスカに来たのですから、アラスカでしか食べられないものをご紹介したいと思います。

 

アラスカの食材といえばサーモン

アラスカらしい物といえば、筆頭に上がるのはサーモンです。

お店でサーモンを注文すると、ステーキのような大きなサーモンが出てきます。

脂が乗っていて、非常に美味しいです。

アラスカに住む主に白人の人達は、サーモンは食べるけれどもイクラは捨ててしまうそうです。

文化の違いでしょうけれど、日本人目線で見ると、とても勿体無い気がします。

 

 

野生動物トナカイの肉

アラスカに住む、トナカイ(カリブー)の肉を出してくれるお店もあります。

町中には、トナカイのハンバーガーやトナカイドッグなどの文字も目に入りますよ。

 

オーロラ・アイスミュージアム

フェアバンクス郊外に、氷の彫刻を展示する「オーロラ・アイスミュージアム」があります。

 

このミュージアムの中に、全てが氷で出来たバーがあります。

このバーでは、氷で出来たグラスでマティーニを飲むことが出来ます。

寒いミュージアム内で、防寒具を着込んで飲むお酒は格別です。 

 

 

世界最北のビール醸造所で造られるビール

かつて、鉱山で働く坑夫達のために作られたビールを復刻させたのが、アラスカンアンバーです。

日本向けに輸入をしていないので、手に入れるのが困難ですが、アメリカ全土のビールフェスでも上位にランクインするほど美味しいビールです。

 

濃い目の風味があり、軽い苦みあり、そしてすっきりとした味わいは、どの料理にでも合いますよ。

 

 

おわりに

アラスカには、その土地ならではの料理、アメリカらしい料理、そして日本やタイ料理などのお店もあります。

長期滞在をしても、食事に困ることはないでしょう。

 

アラスカに旅行に行く時は、ぜひ上記のようなアラスカならではの料理を食べてみて下さい。

 
 コラムニスト情報
武田ゆう子
性別:女性  |   職業:自営業(WEBデザイナー・PC講師)

WEB制作とPC講師を生業にしています。
http://takeda.link

旅行が好きで、休みの日は大半外出しています。

 

 旅行のコラム

 グルメ・レストランのコラム