編み物初心者でも簡単!指で編むだけの「ゆび編み」で作る、もこふわシュシュの作り方

執筆者: 山口 智美 職業:かぎ針編み作家/ヤーン&アート・アーティスト
はじめに

こんにちは、Yarn & Art・Artistのgrisgres山口です。

 

寒い時期になると、街の至る所でニット製品を見掛けますよね。
ニットの帽子や素敵な手袋。
自分で編めたら素敵だなと思いつつ、編み物は難しいから無理、と思っていませんか?


実は、編み物は幾つかのパターンを覚えてしまえば良いだけ。

つまり、パターンの組み合わせで出来ているのです。

 

ゆび編みなら簡単!

みなさんは、編み物の1つ「ゆび編み」をご存知ですか?
その名の通り指を使って編んでいく技法で、道具も要らず簡単にできます。

 

今回は、教室でも人気の「ゆび編みで作る、かんたんシュシュ」をご紹介します。

 

 

必要な材料は2つだけ

 材料はこれだけです。


  • 毛糸
  • ヘアゴム(リングタイプではなく、紐タイプ)

 

手芸屋さんだけでなく、今は100円ショップでも毛糸が売られています。
種類も色も豊富で、何を買って良いのか迷うかもしれませんね


そんな時に便利なのが、手芸屋さんやネットで売られている、シュシュ用の毛糸。
最近では、お洒落な雑貨屋さんでも、手作り糸やシュシュ用キットがあります。
毛糸は、2〜3本揃えてある物を選ぶと、ボリュームのあるシュシュになります。


 

もこふわシュシュの作り方

 指で編んでいきましょう。

 

毛糸をまとめて指で編む

糸端を輪っかに結ぶ → 輪っかの中に指を入れ、つまんで引き出す。

糸の長い方をつまんで引きだすのがポイントです。

 

写真のように、つまんで引き出す動作を繰り返します。


つまんで


引き出す


最後は、そのまま糸を輪から引き出します。
糸を引っ張ることで、結び目が出来上がります。

 

ゴムを通す

 編み目の中に、ヘアゴムをなみ縫いの様に通します。


なみ縫いを大きくすると、ボリュームのあるシュシュ。
なみ縫いを小さくすると、ボリュームを抑えたシュシュができます。

 

通したヘアゴムの両端を結びます。同様に、毛糸の両端も結べば完成です。


 

様々な色と素材で楽しむ

毛糸は、2色以上を引き揃えて編むと、ボリュームとカラーが増します。

色鉛筆で絵を描く感覚で、色の組み合わせを楽しんで下さいね。

 

また、毛糸と一緒にサテンのリボンを組み合わせたり、麻紐を混ぜても良いですよ。
素材の違う物を取り入れると、雰囲気の違うシュシュが出来上がります。

 

季節やスタイルに合わせて、糸や素材を取り入れても素敵ですね。

 

おわりに

私は、ヘアゴムの長さを調整し、手首につけてアクセサリー感覚で使っています。

モノトーンの服を着た時など、ネオンカラーのシュシュを手首につけると、スタイリングのワンポイントになりますよ。


今年はぜひ、簡単に作れる素敵なゆび編みシュシュで、編み物にチャレンジしてみて下さいね。

 
 コラムニスト情報
山口 智美
性別:女性  |   職業:かぎ針編み作家/ヤーン&アート・アーティスト

美術系・かぎ針編み作家/Yarn&Art ArtistのGrisgresです。
毛糸、糸という素材に魅力を感じて
クロッシェという技法を使い
編み物をアートの感性で表現しています。
オシャレでアートな編み物を提案します。

■クロッシェカフェ認定インストラクター

■ブログ:http://ameblo.jp/gris-gres/
■販売サイト:http://www.natta.jp/natta/page46.html

 

 ファッションのコラム

 趣味のコラム