マダイのいるポイントは?コマセマダイの釣り方コツ-「タナ」の位置とコマセ・ワーク- (2/2)

執筆者: 房総釣り師

 

 

コマセ・ワークの重要さ

 

「コマセ・ワーク」という言葉があります。

まさに、このコマセと餌とを同調させるのは「腕」です。

潮の流れを見て、正確なタナ取りを行い、コマセの出方を調整し、様々な状況を読んで長竿をシャクリます。

 

コマセの種類も東京湾や外房ではアミエビ(上の画像、小さいエビ)中心で、相模湾や駿河湾ではオキアミ中心と思います。

 

釣り方の考えが違うのでしょうが、アミエビは比重が重いので、縦に早目に沈んでいきます。

オキアミはユッタリと流れていきます。

いずれにしてもハリスの先の餌にそれを同調させる訳で、ハリスの短い東京湾ではアミエビで、ハリスの長い所ではオキアミがコマセで使われるのでしょう。

 

余談ですがオキアミもアミエビも、エビのような形をしていますが、動物性プランクトンです。

 

コマセを出し過ぎないように注意

大事なのは、コマセをあまり出し過ぎないことでしょうか。

これは人によって違うかもしれませんが、コマセを出し過ぎると、そのコマセの流れて行く方に魚が集まってしまいます。

肝心のハリスの先の餌が、一匹で漂っている破目になります。

 

コマセカゴで餌の出方を調整出来ますから、試行錯誤しましょう。

 

マダイは短距離スプリンター

結構重要な事ですが、マダイは掛かった直後走ります。

 中型のマダイでも、その瞬発力は半端ではありません。

リールのドラグは必ず緩めておきましょう。

 

大型のマダイだと一瞬で切られることがあります。

天秤とハリスの間に1m位のゴムクッションを入れるのは、その衝撃を和らげるためです。

 

しかしマダイは短距離ランナーですから、長くは走れません。

そのうち疲れてしまうようです。

根に潜るようなことも殆どありません。

 

マダイを走らせ、疲れさせる

マダイを掛けたら、最初は走らせましょう。

マダイがあまり走らなくなったら、弱った証拠です。

「ポンピング」といって、リールの道糸をサミング(指で押さえる)して、竿でマダイを引揚げ、その竿を戻す時にリールを巻くという作業を繰り返して、根気強くマダイを浮かせます。

 

決して、ドラグを締めたりしないように。

不意にマダイが元気になった時(最後の抵抗?)、バラしてしまうことがあります。

 

コマセマダイの釣趣

ロッドキーパーに竿を固定して、竿先の動きに神経を集中させます。

大マダイが喰ってきた時には、ムーチングの柔らかい長竿の穂先が、海面に一気に突き刺さります。

 

その瞬間が至福の時なのです。

私は「待ちの釣り」ともいえるコマセマダイが好きです。

何となくストイックな釣りで、その釣趣がたまらないのです。

 

もちろん、短竿の手持ちで、誘いながらコマセマダイをやる方もいます(今はそちらの方が多いかもしれません)が、私は長竿の置き竿派です。

 

置き竿によるコマセマダイのコツと楽しさ

しかし、置き竿がのんびりとした釣り方という訳ではありません。

一定の感覚でコマセビシを回収して、コマセを詰め替えし、餌を交換します。

これが結構忙しいのです。餌選びも重要です。

 

形の良い、プリプリと張りのあるオキアミを選びます。

餌はコマセが何だろうがオキアミです。

黒い目玉が取れているものは、餌として使えません。

何故か、それだと釣れないのです。

身がスカスカなものもダメです。

 

竿の先を見つめながら、大マダイが喰ってくる瞬間を待って、一日を海の上で過ごす。

これが何ともいえず、楽しいのです。 

 

おわりに

マダイの釣り方、コマセマダイのポイントをお伝えしてきました。

タナの位置やコマセ・ワーク、瞬発力との闘いなど、難しいことばかりですが、そのぶん大マダイが釣れたときの嬉しさは大変なものです。

 

ぜひ皆さんもチャレンジしてみて下さい。 

 
 コラムニスト情報
房総釣り師
性別:男性  |  

サラリーマン経験もありますが、殆どフリーランスで仕事をしてきました。何でもやるプランナーで、けっこう以前ですけど、数年某商業誌で連載を持っていたこともあります。企画書書き、マニュアル書き、テキトー広告コピー、パンフレットのコピー書き、サイト制作、ゴーストライター、何でも仕事に飛びつく、魚のカサゴの様なものです。実はこのカサゴ、オニカサゴにハチカサゴ、ウッカリカサゴ、本カサゴと多種ですが、好きな釣りものです。今は「釣りをするため」に働いています。

 

 趣味のコラム

  このコラムに関するタグ