ノルウェーの珈琲は世界一!北欧コーヒーとインテリアが楽しめる「フグレン・トウキョウ (Fuglen Tokyo) 」の紹介

執筆者: ayating 職業:フリーライター・フォトグラファー
はじめに

こんにちは。ノルウェー在住のayatingです。

最近は日本でも北欧カフェの支店が出来るなど、注目されている北欧コーヒー。

ノルウェーは一人当たりのコーヒー消費率で世界上位を競う、コーヒー愛好家が多い国なのです。 

 

 

インテリアも可愛い北欧カフェ

ノルウェーのカフェは美味しいコーヒーが飲めるだけでなく、インテリアにも注目したい、可愛らしいお店がたくさんあります。

中には歴史ある北欧家具を置いている所もあり、居心地の良いソファーではついつい長居してしまいます。

 

カフェで良く売られているのが、オープンサンドイッチ、ワッフルや菓子パン、北欧のケーキやブラウニーなどです。

どれもノルウェーでは定番の軽食・おやつで、コーヒーとの相性は抜群です。

 

 

バリスタが入れる本格コーヒー

2000年から始まった、世界一のバリスタを決める「World Barista Championship(WBC)」の初代優勝者は、ノルウェー人のRobert Thoresen氏で、2004年にも同じくノルウェー人のTim Wendelboe氏が優勝しています。

この影響もあり、世界中からノルウェーのコーヒーに注目が集まり、必然的に全体のレベルも上がったといえるでしょう。

 

そんなレベルの高いバリスタ達が、選別したコーヒー豆の質も格別なので、ミルクや砂糖なしで飲むブラックコーヒーもお勧めです。

それらの豆をお店で買うことも可能なので、自分の気に入った豆を見つけてみても良いでしょう。

 

おうちカフェでも手を抜かない

行きつけのカフェでコーヒーを楽しむのも良いですが、家でも美味しいコーヒーを飲むことに手を抜きません。

ほとんどの家庭は、インスタントコーヒーではなく、朝からドリップコーヒーを淹れます。

 

コーヒーメーカーにもこだわりがあるようで、「Moccamaster(モカマスター)」というオランダ製の物が人気です。

高品質で手入れがしやすく、10年以上使っても壊れないのだとか。

 

カフェほど本格的でなくても、シンプルなエスプレッソマシンを持っている人も珍しくなく、スーパーでもエスプレッソ用のコーヒー豆を気軽に買うことが出来ます。

毎日飲むものだからこそ、手を抜かずに楽しむ。

そんな生活スタイルを見習いたいですね。 

 

おわりに

コーヒーが飲みたくなってきましたか?

 

 

ノルウェーまで行かなくても、ノルウェー式の美味しいコーヒーが東京でも飲めます。

東京渋谷区にあるカフェ「フグレン・トウキョウ (Fuglen Tokyo) 」は、1963年から続くオスロの老舗カフェの、海外第一号店です。

店内はヴィンテージ北欧家具で埋め尽くされ、まるで日本ではないみたいです。

とてもお洒落な場所で飲むこだわりのコーヒーは、一段と美味しく感じました。

興味がある方は、是非一度訪れてみて下さい。

 
 コラムニスト情報
ayating
性別:女性  |   現在地:ノルウェー  |   職業:フリーライター・フォトグラファー

以前住んでいたカナダ、モントリオールにて、現在の旦那と出逢い、2013年初めにノルウェーに移住しました。
初めての場所、言葉、文化などに戸惑うこともありますが、ぼちぼちと北欧生活を楽しんでいます。

その様子をブログに綴っているので、よかったら見に来て下さい。
◎北欧生活 : http://ayating.com

フォトグラファーとしても活動中です。

 おすすめ新着コラム
     

     グルメ・レストランのコラム