[元アパレル店員直伝] しつこい接客や声掛けへの対処法は?お店で服を買うとき、店員から話しかけられる人へ

アパレル店員からのしつこい接客、声掛けをやり過ごすコツ!店員さんがお店で話しかけてくるポイントと、話しかけられたくない時の対処法を紹介します。

執筆者: 大西 紘平 職業:アパレル接客・暮らしガイド
あまりのしつこさに辟易する?

服を買いに行くとき、ショップ店員のしつこさに辟易したことはありませんか?

中には二度と行くもんか、と思った方も居ることでしょう。

 

特に初めて行くお店では声を掛けられないか、ドキドキしてしまうと思います。

 

売上や万引き防止でやむなく…

ショップ側としては売り上げに関わり、また万引き防止のために声を掛けることもあり、声を掛けてくるお店がほとんどです。


もしゆっくり服を見たい、接客されたくないときはどう対応すれば良いのでしょうか?

元アパレル店員側から見た、さまざまなケースで接客を断るコツをご紹介します。

 

 

服を手に取ると狙われる

近年、しつこい接客をする店舗はほぼ横ばいと言えますが、しつこく勧めてくるお店のほとんどは服を手に取った瞬間声を掛けてきます。

ただ何となく手に取った商品でもディテールの説明など、話しかけてくる可能性もあります。


逆に服を手に取ったら「声を掛けてくるかも」と思っておきましょう。

だいたい50%は声を掛けてきます。

無視がもっとも効果的!

人間誰でも無視されたら嫌な思いをしますが、これはショップ店員も同じことが言えます。

ゆっくり店内を見たい方には特におすすめです。


「それ○○なんですよ」や「何か気になる点がありますか?」など、声を掛けられても聞こえないフリ、もしくは「そうですか」と、聞き流すのがもっとも有効な手段です。

 

中にはそんなことを気にせず、こちらの気持ちをくみ取らずにしゃべり続ける店員さんも居ます。

そういった時は次で解説する一言がおすすめです。

「何かあったら呼びます」の一言が有効

こちらの気持ちを読みとって「何かあったら声を掛けて下さい」と、引き下がる店員さん居ます。ですが、すべてがそうとは言えません。

しつこすぎると感じたら「後で呼びます」や「試着したいときに声を掛けるので今は結構です」など、きっぱり断りましょう。


ここまで言われたら、ほぼ確実に引き下がります。

もし引き下がらないなら、そのお店は今後利用しないのが良いでしょう。

ゆっくり見られないことはもちろん、お店の接客自体に少々問題があります。

「手持ちが無い」で諦める店員も!

手持ちがないのでまた今度、と断る方法も有効です。

現在手持ちが足りていたとしても、買う気が無いときに使える手段と言えます。

当然ですが店員さんも深く詮索はしません。


「取り置きできますよ」と言われたら「次いつ来れるかわからない」と答えるのがおすすめです。

取り置き可能なお店はそれぞれ期間が決まっており、期限を過ぎると店頭へ商品を戻します。

それを逆手に利用する方法は意外と効果があります。

 

期間を聞いて「その間には来店できない」と伝えるのも良いでしょう。

 

「そこまで欲しくない」と言い切ってしまう

「そこまで欲しくない」ときっぱり言い切る方法もあります。

欲しくないものを買わされたら、どんな気持ちになるでしょうか?

誰でも嫌な思いをしますよね。


ショップ店員側からすると、お客さんに無理矢理買わせるような接客は失格と言わざるを得ません。

お店の信用自体失うことになります。

だからこそ、欲しいわけではない意思表示をすることも有効です。

試着で断るには?

アウターやボトムは試着しないとサイズがわかりません。

ですが、お店側にとって、試着は購買にもっとも繋がるチャンスです。

試着すなわち買う気があると思われるケースがほとんどと言えます。

 

しかし、こちらはイメージと違い、買う気が無くなったらどうでしょうか?

 

サイズが合わなかった、だと他サイズを勧められることも

試着のみで断る場合「サイズが合わなかった」は危険です。

ほかのサイズを勧めらたり、別の商品を持ってこられる可能性が高くなります。

 

「イメージと違った」、「やっぱり止めます」と断るのが良いでしょう。

 

ほかの商品も勧められたときの断り方

欲しい商品を1点ないし2点ほど購入を決めた場合、店員さんから別の商品を勧められることもあります。

これはいわゆるセット販売です。

 

お店にとって商品購入点数が増えるだけ客単価も上がり、売り上げも増えます。

こうした接客方法は、価格が手ごろなカジュアルブランドの多くの店舗で採用されています。

実際に試着させたり、見せられることも少なくはないでしょう。

つい「良いかも」と思って、意外と断りきれない方が多いのも、セット販売の恐ろしさです。

 

予算の都合を理由に断ろう

勧められたときは「手持ちが足りない」ことを伝える方法が有効な手段と言えます。

クレジットカードを利用する場合も、予算の都合を理由に断ることがおすすめです。

「"今回は"これだけにします」と、次の来店をこちらから促す方法も良いでしょう。

しつこい接客でもほぼ100%引き下がります。

取り置きの話題になったら、前述の方法で断りましょう。

さいごに

ショップの接客方法はバリエーションも多く、店員さんによって対応も異なります。

しつこい接客や、ゆっくり見て回れないケースも少なくはないでしょう。


しっかり意思表示ができる方は理由をつけて断り、苦手な方は無視がもっとも有効です。

のんびり買い物を楽しみたいときは、うまく店員さんの接客をやり過ごしましょう。

 
 コラムニスト情報
大西 紘平
性別:男性  |   現在地:香川県  |   職業:アパレル接客・暮らしガイド

コラムをご覧いただきありがとうございます。

服飾専門学校を卒業後はアパレル業界へ数年間身を置いていました。
Latteではファッション(業界ネタ中心)や生活の知恵など、様々なコラムを執筆しています。

今は下記のブログでも情報を配信中です。

flappe(フリーランス・フリーライター向け情報サイト)
http://flappe.guide-book.xyz/

ぐーぱん(ファッション業界の最新ニュース)
http://gu-pan.com/

お気に召しましたらGoogle+のページもご覧下さい。
コラム配信のお知らせをいち早くお届けします。

*Google+*
https://plus.google.com/107466210478032391080/about

*Twitter*(ぐーぱん専用)
https://twitter.com/gu_pan_news

 

 生活のコラム

 ファッションのコラム