私に似合う髪の毛の色はどれ?パーソナルカラーから選ぶ、秋冬おすすめヘアカラー診断

執筆者: 安田 紀子 職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト
はじめに

こんにちは。カラーコーディネーターの安田紀子です。

さて、今回はファッションの中でもお洋服ではなく、ヘアカラーに注目してみたいと思います。


髪を染めるとき、美容院で「いかがいたしましょうか」と美容師さんに聞かれ、「うまく説明できない」「自分に似合う色が分からない」「髪質的にどうなのだろうか」と、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

一般的に、寒色系が似合うブルーベースの肌タイプの方は「マット」や「アッシュ」と言われる色みが似合い、暖色系が似合うイエローベースの肌タイプの方は「カッパー」や「ピンク」「オレンジ」が似合うと言われています。

それぞれの色はどのような色なのか、確認しておきましょう。
それぞれの色は、左から右へ徐々にトーンが暗くなっていきます。

 

マット

グリーンがかったツヤ感のない色です。
パーソナルカラーではサマータイプの方や、サマータイプとオータムタイプの柔らかい印象を併せ持つソフトタイプの方に似合います。

 

アッシュ

青や青紫がかったグレーです。
こちらはクールな印象を作ることができますので、サマータイプやウィンタータイプのブルーベース肌の方に似合います。

 

ピンク

赤みは強いのですが、優しく柔らかい印象になる色です。
可愛らしい色なので、明るくキュートなスプリングタイプのイメージを強調してくれます。

オレンジ

こちらもイエローベースの方に似合う色です。
ピンクに比べると黄みが強くなりますが、明度を低くして色を落ち着かせることで大人っぽい印象に仕上がります。

 

秋冬おすすめ、カッパー

最後に、今年の秋冬オススメの色、カッパーです。
カッパーにもいろいろな種類がありますが、ここでは一般的なカッパーをご紹介します。

 

カッパーは銅の色です。身近なところでは、10円玉を思い浮かべていただけると良いと思います。
新しくまだ誰も使ったことのないような状態の10円玉から、かなり年季の入った10円玉までを思い浮かべていただけると、色のイメージがつきやすいと思います。

カッパーはピンクほど赤みが強くなく、オレンジほど黄みが強くない、その中間くらいの色になります。
明度の調節をすることで、明るく軽い印象から落ち着いた印象まで作ることができます。

パーソナルカラーではイエローベースの方のほうが似合う色ですが、明るめのカッパーはブルーベースのサマータイプの方、暗めのカッパーはブルーベースのウィンタータイプの方に似合う場合があります。
これは、明度や彩度と関わってきますので、またの機会に詳しくお話しさせていただきますね。

また今年の秋冬のカッパーは、紫みのあるカッパーも登場しているようですので、ブルーベースの方でカッパーを検討されている方は、まずこちらを試してみてください。

 

おわりに

ご自身の希望の色が仮に似合わなかったとしても、「こういう色にしたい」という意思を美容師さんに伝える際には、ヘアカラーの色そのものを知っておくことが大切です。

 

そのうえで、専門家である美容師さんと相談して、ご自身の希望になるべく近い、似合う色でのカラーリングを見つけてください。

 
 コラムニスト情報
安田 紀子
現在地:神奈川県川崎市  |   職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト

川崎市でカラーサロン「nrk color circle」を営んでおります、安田紀子です。
4シーズンを細分化したパーソナルカラー10タイプ分類を対面診断、写真診断で行っています。カラーセラピストとしての知識も活かし、似合う色プラス効果的な色の使いかたをお伝えしています。
TEL:080-1177-9439 
〒216-0004 川崎市宮前区鷺沼1-11-14 鷺沼パレス906
HP:http://nrkcolor.com/

・日本色彩学会正会員
・色彩検定1級/後任カラーデザイナー
・東商カラーコーディネーター検定1級(第2分野)
・カラーセラピスト
・パワーストーンセラピスト

 おすすめ新着コラム
 

 美容のコラム

 ファッションのコラム