長時間のバイクツーリングで疲れないコツは?旅の疲労を軽減する乗り方・道具まとめ (2/2)

執筆者: 旅人(たびんちゅ)
スロットルアシストを使ってみる

 

原付ツーリングでは、バイパスでの長距離移動がない限り、そのようなシチュエーションはないのでしょうが、高速道路やバイパスなどの信号のない道路を、スロットルをキープして巡航運転する際は、スロットルアシストを使うと大分疲労が軽減されます。

 

睡眠はかなり重要

眠くなったら、問答無用で寝ましょう。事故後では遅いです。
エナジードリンクや眠気覚ましで眠気を散らしながら運転するのは、根本的な解決には全くなりません。
10分でも寝るだけで、疲労感は大分変わってきます。 

 

風呂に入ることだけは疲労回復にはつながらない

ツーリングで温泉に入ると疲れが取れると良く言いますが、これは風呂に浸かって身体を疲れさせて、寝ることで回復するのであって、風呂に入っただけでは疲労を蓄積するだけです。


出来ることなら、風呂に入ったら仮眠もワンセットで取っておくと効果的です。 

 

水分と糖分の補給はマメにしよう

疲れたら甘いものと言う通り、糖分を取ることは疲労回復には効果があります。
また水分をマメに取ることも重要です。
ツーリング中は、携帯しておくと安心です。

 

ツーリングの基本は無理しないこと

これは常に言っていることですが、疲れたら無理せず休むことが一番重要です。
無理のないツーリングプランの計画と、まめな休憩が疲労軽減の最大のポイントです。
身体に負担のかからない楽しいツーリングを心掛けましょう。 

 コラムニスト情報
旅人(たびんちゅ)
性別:男性  |   現在地:静岡県富士市  |  

はじめまして。
普段は会社員として働いてますが、週末は愛車のカブ二台に跨り全国各地を走ってます。

その旅の模様をブログに書いてます。
旅の楽しさ、醍醐味、プライベートからちょっとマニアックなカブの話まで。
いろいろなことを語ってます。
◎たびかぶろぐ
http://blog.livedoor.jp/tabicublog/

またそのブログが縁で、最近は旅行ライターとしても活動させていただいてます。
DeNAの旅行情報サービス、ガイドブックスの看板ライターとして執筆してます。
富士山周辺版、長野版、伊豆版に執筆してます。

◎ガイドブックス
https://gbooks.jp/


もし興味があればご覧くださいませ。