きゅうりやトマト、オリーブオイルを使った「羊飼いのサラダ」の作り方レシピ

執筆者: RiE
はじめに

旬の味覚を大切にしているトルコの食卓。

それに直結しているパザル(市場)では、シーズンごとに並ぶ食材ががらりと変わります。


秋の食材の1つに、オリーブがあります。

今回は、オリーブの収穫と、オリーブオイルを使って作る「羊飼いのサラダ」を紹介しようと思います。

 

レシピ「羊飼いのサラダ」

 

オリーブオイルは、トルコ料理にもよく使いますが、今回はシンプルなサラダを紹介したいと思います。
トルコで定番のサラダ、チョバン・サラタス(羊飼いのサラダ)です。

材料(2~4人分)
  • トマト     :2個
  • たまねぎ    :1/2個
  • きゅうり    :1本
  • ピーマン    :1/2個
  • イタリアンパセリ:3~4本
  • レモン     :1/2個
  • 塩       :少々
  • オリーブオイル :お好みで

 

作りかた
  1. トマトと皮を剥いたキュウリをダイス状に切る。
  2. ピーマン、たまねぎ、イタリアンパセリをみじん切りにする。
  3. 1と2と塩を混ぜて、器に盛り付ける。
  4. レモンを上から搾り、オリーブオイルをかける。

 

オリーブの収穫

 

10月~12月が、オリーブの実の収穫シーズン。

オリーブというと、スペインイタリアのイメージが強いですが、トルコも世界4位の産出国です。また、オリーブ漬けはトルコの朝食には欠かせないですし、オリーブオイルもよく使います。

 

 

たわわに実がなったオリーブの木の下にシートを敷いて、熊手のような道具を使って、実を落としていきます。

収穫した実は、オリーブ漬けを作ったり、近くの工場に持って行って、オリーブオイルにして貰います。

 

 

庭のオリーブを収穫したり、パザル(市場)で買ってきたりして、一家の1年分のオリーブ漬けを、この時期にまとめて作ります。

家庭によりますが、大量のオリーブを仕込むので、かなりの大仕事です。

お母さん達だけでなく、子供達も手伝って、一家で作る家庭も少なくありません。

 

おわりに

トルコでは、サラダにドレッシングを使うことがほとんどありません。

オリーブオイル、塩、レモン汁で作るシンプルなサラダは、飽きがこないし、野菜の美味しさがダイレクトに味わえると思います。

 
 コラムニスト情報
RiE
RiE
性別:女性  |  

トルコ地中海沿岸地方のアンタルヤで、アジア料理屋さん(EN Asian kitchen & Cafe)を経営しています。ブログは、『アクデニズ。http://akdeniz.exblog.jp/』トルコご飯を中心に更新中。

 

 グルメ・レストランのコラム