お見合いからの交際で、結婚へと繋がるお付き合いの仕方と成功のコツ

執筆者: 濱英子 職業:結婚相談所代表 / アドバイザー
はじめに

こんにちは。結婚相談所ブライダルブリッジ代表の濱英子です。

前回のコラムでは、「お見合い」についてご紹介しました。


今回は、ご成婚までのプロセス「3.交際→真剣交際」についてです。

 

交際成立までの期間は約3カ月

お見合い後、双方がまたお会いしたいと思った場合は交際成立となり、相談所経由で連絡先が交換されます。
その後はお二人で連絡をとりあい、デートを繰り返していっていただくことになります。

結婚相談所での出会いでは、お見合いからご成婚までの交際期間は3ヶ月が目安とされています。
「そんなに早く決められない」と思う方も多いでしょうね。
しかし、成婚とは、結婚式や入籍などのイベントが発生した時ではなく、双方が結婚の意志を固めた時。つまりプロポーズをして、片方がそれを受ける、そのタイミングがご成婚となります。

 

 

相談所は早期の結婚を望む方の集まる場ですので、出会いの目的は男女共にハッキリしており、また、お見合い前にお互いの条件は把握できます。
希望条件を満たすからお見合いをし、フィーリングが合うからその後お付き合いに発展しているのですから、その後も頻繁に会うことができたら、3ヶ月で十分お互いを理解し、愛情も信頼も育み、自然にご成婚へと至るものです。


逆に、3ヶ月間ボーッと過ごしていると、芽吹き始めた種に水も肥料もあげないのも同然で、あっけなく枯れてしまいます。
というわけで、出会いから3ヶ月のこの時期が、その後の人生をも左右する重要な期間になるということです。

 

交際中は頻繁に会いましょう

交際中大切なこと。それは第一に頻繁に会うことです。
少なくとも週に一度は会うことを心掛けるとよいでしょう。


職場や趣味の世界など、お見合い以外での出会いの場合、一緒に過ごすうちに徐々に気持ちが近づいて、その後仲間うちで、その先は二人でデートをするようになるのが一般的な流れです。


一方お見合いでは、気持ちの準備が何もないまま二人で会うことになります。
ですから、まずは二人の距離を縮めるために、頻繁に会うことが必要になるのです。

 

気疲れしない交際の仕方は?

当初大切なのは、会っている時間の長さではなく回数。
あまり慣れていない人と長時間過ごすのは、お互い気を遣いますし疲れます。

 

短期間のデートを繰り返す

休日のランチのみや平日のディナーのみなどの短時間のデートを繰り返すと、無理なく親近感が湧くはずです。
お互い気心が知れてきたら徐々に一緒に過ごす時間を長くし、ドライブなど遠出もしてみましょう。

一緒の時間が長くなればなるほど、お互いの色々な面がよく見え、二人の間に育ってくる感情も認識できると思います。

 

電話やメールをしよう

電話やメールも大切です。

男性の中には、具体的な用事がないと何を連絡してよいか分からないという方もいらっしゃいますので、連絡の頻度と愛情や関心の深さが必ずしも比例しない場合もあります。

しかし、それも含めたお互いのペースや希望を理解しあうことも大切です。

 

お断りしたくなった場合は

何回かお会いする内に交際をお断りしたくなったら、相談所経由でお断りするのが基本です。
数回会っただけの方と別れ話をする必要がないのも、気が楽なところかもしれませんね。


違うと思ったらいつでも交際は終了できるのですから、安心して一歩を踏み出していただきたいと思います。

 

おわりに

いかがでしたか?
次回も引き続き交際についてご紹介していきます。
どうぞお楽しみに。

 コラムニスト情報
濱英子
性別:女性  |   職業:結婚相談所代表 / アドバイザー

結婚相談所 ブライダルブリッジ
代表 / アドバイザー
http://www.bridalbridge.jp/

東京都新宿区、杉並区で結婚相談所を運営しております。
お一人お一人違うタイプの会員さんをどうサポートできるのか?今何を求められているのか?を敏感に感じ取りながら、皆様のご成婚を信じて日々奔走しております。