会社を退職したら「転職旅行」へ!新しいひとり旅スタイルの楽しみ方

執筆者: 盛 千夏 職業:留学エージェント&スペイン語学校のコミュニティ・マネージャー
はじめに

日本人は転職をせず、ひとつの会社で定年まで勤めるといった風潮は、今や風前の灯。
最近では、「いい話があったらいつでも」、「キャリアアップしたい」、「資格を取って賃金UP&職場を変えよう」と思うことは普通ですね。

 

そんな中「転職旅行」という新しい言葉が出てきました。

 

最近良く聞く転職旅行ってなに?

前職を辞め、次の仕事を始める前の休暇で、旅行に出ることです。

人生の節目で行く旅行というと今までは「卒業旅行」や「新婚旅行」を思い浮かべましたが、現在はこれらに加えて「転職旅行」が入ってきます。

 

現在「転職旅行」の市場規模は1290億円と言われています。

同じ節目旅行の「新婚旅行」にはまだまだ及ばないものの、「卒業旅行」よりも、市場規模は大きいそうです。

 

 

これは、大学卒業記念に行う「卒業旅行」よりも、既に社会人として働いている自分に対する「ご褒美旅行」も兼ねているので、一人一人の費用が高くなっているのではないでしょうか。

また、安いグループ旅行ではなく、個人手配が多く、自由に動ける分若干高めということもあると思います。

 

旅先の選び方

もし「転職旅行」の行き先が「パリ」「ハワイ」「南米」だった場合。

私なら間違いなく「南米」を選びます。

スペインで行きたい都市が「バルセロナ」「マドリード」「スペイン北部の小さな村」だった場合は、絶対に「スペイン北部の小さな村」。


なぜならば、ヨーロッパの大都市やハワイは日本からのアクセスも良く、転職をして仕事を開始してからでも1週間程度の休暇でも訪れることは出来ます。

秘境、僻地とまでは行かずとも日本からのアクセスが悪い場所は、まとまった時間のとれる転職旅行での行き先にピッタリだからです。


 


人と違ったことがしたい人は?

「転職短期留学」がお勧めです。


  • 転職前に旅行をかねて英語研修を
  • フラメンコを習っているからフラメンコ留学を
  • スペイン語を短期間で旅行が出来るレベルに
  • パリでフランス料理のコースに行きたい
  • イギリスでフラワーアレンジメントを学びたい
  • ダイビングライセンスをとりながら、南の島でのんびり過ごしたい


こういった短期コースや、短期留学をアレンジしている旅行会社・留学エージェンシーもありますし、今はネットがある時代。

英語が少し出来れば自分でネット検索をして、素敵な滞在先を見つけるのも可能です。

 

まとめ

「卒業旅行」は、学生時代の仲間とグループでワイワイするのが目的で、自分の行きたい先は二の次ではありませんでしたか?


「転職旅行」は、今まで頑張ってきた自分への「ご褒美旅行」であり、これからの転職気分を盛り上げるための「モチベーション旅行」でもあります。

自分のしたいこと、行きたいところを周り、思いきり楽しんで下さい。

 

 
 コラムニスト情報
盛 千夏
性別:女性  |   現在地:スペイン、バレンシア  |   職業:留学エージェント&スペイン語学校のコミュニティ・マネージャー

スペイン在住14年目(バルセロナ4年、バレンシア10年)。

留学生としてバレンシアでスペイン語を勉強中に、バルセロナの医療系出版社で仕事を見つけ、運良く労働許可をゲット。
現在は古巣バレンシアに戻り、スペイン語学校のコミュニティ・マネージャーのかたわら、留学エージェントとして活動。

私生活は、スペイン人パートナーと猫2匹の気ままな大人生活をエンジョイ中。

運営サイト
- プエンテ・スペイン留学(スペイン留学一般):http://puente-ryugaku.com/
- バレンシアスペイン語学留学情報(バレンシア留学専門):http://valencia-ryugaku.com/
- スペイン庶民生活@バレンシア(スペイン生活一般):http://spainseikatsu.com/

 

 旅行のコラム