針葉樹と木の実ぎっしり!簡単クリスマスリースの作り方 (1/2)

執筆者: 宇野 知子 職業:フローリスト 花講師 アート作家
はじめに

こんにちは、フローリストの宇野知子です。

 

今回は、フレッシュ針葉樹で作る『クリスマスリース』をご提案させて頂きます。

 

 

作り方のレパートリー
グル―ガンを使う

クリスマスリースを作る時、シリコンを熱で溶かし接着剤とする道具・グル―ガンを使用し、作り上げるタイプが多いと思います。

グル―ガンは、専門的な道具かと思いきや、今ではホームセンターなどでも見かけるようになりました。

 

低温~高温までタイプも様々ありますし、手軽に使いこなせる道具でもあります。

グル―ガンをお持ちでしたら、針葉樹を巻いた土台に、木の実やオーナメントを接着させていく方法が便利です。

 

 

グル―ガンを使わない

今回は、グル―ガンを使わないリースの作り方をメインにご説明させて頂きたいと思います。

グル―ガンをお持ちでない方にも、また、小さなお子様とご一緒に作る方にもお勧めの方法で、土台となるリース台は何度も使うことが出来るので、エコでもあると思います。

 

準備するもの
  • リースの土台

写真のもののように、リースの幅の部分がくびれていると作り易いです。

  • 細めのワイヤー

リース用の緑のワイヤーが理想ですが、なければシルバーのワイヤーや毛糸などでも可。

  • 針葉樹

モミ・ヒムロスギ・ヒバ・ヒノキ・クレストなど。

  • 木の実

松笠・綿花・アンバームなど。

  • クリスマスオーナメント

ラッカーボール・リボンなど。

 

 

針葉樹の枝葉を触る前に、ハンドクリームを塗りましょう。

樹木のヤニが手に付いたとしても、ハンドクリームの油分で汚れを落としやすくなります。

アレンジした後は、温かいお湯でしっかりと手を洗いましょう。

 

作り方
1.  針葉樹を10cm~15cmほどにカットする。
2. カットした針葉樹をを土台の溝に入れながらワイヤーで巻きつけ、リースの全体に針葉樹を配置する。
  • 葉先の向きを一定方向に揃えると仕上がりが綺麗です。
  • 葉先を遊ばせながらも、針葉樹の芯の部分はしっかりと留める。
  • 色々な種類をMIXするとグリーンのグラデーションが美しく見える。

 

3.土台のワイヤーの間に木の実をねじるように押し込み、さらにもう1周ワイヤーで巻きつけ留める。
  • 木の実は向きも考えて、しっかり巻いて留める。
  • 木の実は笠の部分にワイヤーを食い込ませるようにして、ワイヤーが目立たないようにする。

 

4.ラッカーボールとリボンを飾る。
  • ラッカーボールは、短くカットしたワイヤーで、土台のリース台に巻き固定する。
  • リボンも土台に結わいて固定する

 

 コラムニスト情報
宇野 知子
性別:女性  |   職業:フローリスト 花講師 アート作家

フローリスト
フラワーコーディネーター

フラワーショップ『La vie en Fleur』経営。
花教室運営に加えて、親子で楽しむ花のある生活を提案、
通信講座を企画し発信しています。

フラワーアート作家としても活動。
手作り雑貨サイト等で販売もしています。

著書
『花育のすすめ』(三省堂)

HP 
La vie en Fleur
http://www.la-vieen.co.jp/

楽天 フラワーギフト専門店Vivre
http://www.rakuten.co.jp/vivre/

ブログ
こどもと一緒に・・・葉っぱなまいにち
http://blog.goo.ne.jp/tsubakono

フローリストの・・・葉っぱなまいにち
http://tsubakono.blog.fc2.com/

★手作り雑貨サイト
minne
https://minne.com/viefleur

Creema
http://www.creema.jp/c/vie

 おすすめ新着コラム

     趣味のコラム