サンドブラストで作る、華麗なペンダントアクセサリーの作品集 (2/2)

執筆者: 吉村凌駕 職業:ガラス工芸家 工房ベネチアンの代表
バラ窓ペンダント作品

これは、フランスの有名な大聖堂にあるバラ窓からヒントを得て作った、バラ窓ペンダントです。


このペンダントの素材は、一般の家庭で使用されている窓ガラスの廃材を使用してこのような形状にガラスをカットし、そのガラス面に画像のようにバラ窓をイメージした溝をサンドブラストで多数彫り込み、そこに異なる配色の色ガラスをはめ込んで一体に焼き付けて作っています。 

 

 

おわりに

いかがでしたか、今回はサンドブラストという彫刻技術を、身近なペンダントに使った場合の各種作品について紹介してみました。

この他に、今回は紹介しませんでしたが、シルバーに彫刻したペンダントもあります。

 

このように、サンドブラストという技術を使えば、あらゆる物を使って思いのままにオリジナルの作品を作ることが出来るのです。 

 
 コラムニスト情報
吉村凌駕
性別:男性  |   現在地:東京 池袋  |   職業:ガラス工芸家 工房ベネチアンの代表

機械関係のエンジニアから特許技術者を経てガラス工芸家となる。
日本ブラストアート協会の初代理事。
東急ハンズ、池袋コミュニティーカレッジ、品川プリンスホテル、リーガロイヤルホテルの各出張教室講師を歴任、現在は池袋で自社のガラス工芸教室を開く一方、幕張メッセ、東京ビックサイトにも多数出店しております。
サンドブラスト、ガラス胎七宝等のガラス工芸が専門分野です。

ブログ:工房ベネチアンの公式サイト
    http://benecan.blog97.fc2.com/