UVレジンで簡単アクセサリー!キラキラ可愛いネックレスの作り方 (1/2)

執筆者: 白浜 渚 職業:ハンドメイドコラム
はじめに

UVレジンとは、紫外線に当てると硬化する液状の透明樹脂のことです。

アクセサリーパーツを短時間で簡単に手作りできることから、ハンドメイドを楽しむ人々の間で、今とても話題の素材です。

 

自分の好みに合わせてセレクトした、色々なパーツを封入して固めれば、簡単に自分だけのアクセサリーを作ることができます。

今回はUVレジンを使って、シンプルなネックレスを作る方法をご紹介したいと思います。

 

準備するものと、あると便利なもの

 

レジンパーツ制作に必要なもの

● UVレジン

● セッティング台…1個

土台として使います。今回は100円ショップで購入したものを使用しました。

● 爪楊枝…1本

UVレジン液をすみずみへ行き渡らせるためや、気泡を取り除くときなどに使います。

● 封入したい素材

シェルフレークの黒色(色付きの貝殻の欠片です。今回は黒を使いました)。
ホログラムの黒色(今回はサイズが異なる大小2種類を使いました)。
蝶々の形の金属パーツ。

 

ストラップ加工に必要なもの

● ネックレスチェーン(50cm)

● お好みのビーズ、Tピン、丸カン、バチカン

● 工具(丸ペンチ、ニッパー)

 

あると便利なもの

● UVライト

UVライトを使えば、短時間でUVレジン液を硬化させることができます。

今回は、9Wのものを使用しました。

UVライトがない場合は、天気が良ければ太陽光でも硬化できます。

 

● クリアファイル…1個

UVレジン液が作業台の上につかないように、下敷きマットとして使用します。

UVレジン液がこぼれた場合、クリアファイルの上なら、硬化させれば綺麗に取り外せます。

クリアファイルは、はがき程度の大きさにカットしておくと扱いやすいです。

 

作り方

1.

最初に、用意したセッティング台にUVレジンを流し、爪楊枝を使ってすみずみまで薄く伸ばします。

 

次に、セッティングの少し上からホログラム、シェルフレーク、ラメなどを何度かに分けて指で撒きます。

 

 

2.

セッティングの外にこぼれているホログラムなどを指で集めて、セッティング内に撒きましょう。

 

ホログラムやシェルフレークの、自然な動きや角度の立体感を活かしたいので、爪楊枝で配置を調整するのは、枠から、はみ出ているのを整えるくらいにとどめます。

 

UVランプを照射し、硬化させます。

 

 

UVランプがあればより早く確実に硬化させることができますが、直射日光が当たる窓際など置いて紫外線を当て、硬化させることもできます。

こちらの作品の実際の作成時は、太陽が出ていたため窓際に置き10分後に確認したところ、硬化できていました。

 

 

3.

さらにUVレジンを流し、液を全体に広げ、平らにならします。

封入物がぎっしりとたくさんある場合は、こまめに硬化させることが、硬化不良を起こさないで綺麗に仕上げるポイントです。

 

4.

蝶々の金属パーツを配置して、UVレジンを流します。

層を分けてパーツを配置することによって、奥行きが出て立体的に仕上げることができます。

UVレジンが表面張力で、表面が少しぷっくりと盛り上がるように、液の量を調整します。

 

UVランプで照射する際、ランプの熱で温まることによって、液の粘土が下がり、セッティングから溢れてしまうことがあります。そのような失敗を防ぐには、一度にたくさんの量の液を流さずに、こまめに硬化させることが重要なポイントです。
 
 コラムニスト情報
白浜 渚
性別:女性  |   職業:ハンドメイドコラム

こんにちは、
ハンドメイド関連のコラムを執筆させていただいている、
ライターの白浜 渚です。

 

 趣味のコラム