女性の一人暮らしレシピ!プロ直伝「鶏とたっぷりきのこの一人鍋」作り方

執筆者: 佐藤 恵美 職業:フードコーディネーター
一人暮らしにこそ、鍋料理

こんにちは、フードコーディネーターの佐藤恵美です。


以前、周りの女性に、夜遅く帰った時に作る料理のアンケートをしたことがあります。
共通した答えは、ヘルシーで、10~15分位で完成する簡単なもの。
中でも2人に1人ぐらいの割合で「1人鍋を作る」と言う答えをもらいました。

私は、その回答が少し意外でした。
正直な話、1人鍋は少し淋しい感じがすると思っていたからです。

 

彼女たち曰く、ザクザクと大振りに切った(手でちぎったり)食材を放り込み、沸騰して数分で食べられる鍋料理は、簡単でラク。
加熱することで量が減り、たくさん野菜を食べられるし体が温まる。

しかも、洗い物は鍋だけで済むのも魅力、と言うことでした。

 

1人鍋は、むしろ1人暮らしの女性を応援する料理だったのですね。
頑張る女性達に、夜食べても優しいお勧めの鍋レシピをご紹介します。
 

鶏とたっぷりきのこの冬小鍋

ヘルシーで栄養バランスの良いお鍋です。

 

 

材料(1人分)

具材

  • 鶏もも肉:200g
  • まいたけ:1/2パック
  • エリンギ :2本
  • 春菊:1/2束


出汁

  • 鶏がらスープ:2カップ
  • 酒:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • みりん:小さじ1
  • 塩:少々

 

作り方
  1. きのこは石づきを取り、食べやすい大きさにほぐす
  2. 鍋に鶏がらスープと調味料を入れ、沸騰したら全ての具材を加え、蓋をして約3分煮込めば完成。


ポイントは、きのこから出る美味しい出汁。
比較的安価で食物繊維が豊富なきのこ類は、1人暮らしの女性には嬉しい食材です。

 

お好みアレンジレシピ

 少しアレンジすると、また違った美味しさになります。

 

擦りおろしたレンコンを入れる

レンコンに含まれる成分のタンニンは、咳止めやのどの炎症に効くと言われています。

ちょっと風邪気味かなと思った時は、スープにレンコンを擦りおろして入れるのがお勧め。

片栗粉でとろみをつける

鶏がらスープに水溶き片栗粉(水と片栗粉=1:1)を入れてとろみをつけます。


とろみがついたスープは冷めにくく、とても体が温まります。

スープを沸騰させる手前で入れてみて下さい。

 

〆は、にゅう麺

さっと湯がいた素麺を器に入れ、熱々のスープを注ぎ入れます。

お好みで、生姜や青ネギを加えたり、少しラー油を垂らしても美味。

 

お鍋が少し余った時の、翌朝のご飯などにもお勧めです。

 

 

おわりに

どんなに簡単でも、手作りした夕飯を食べると満足感が得られますね。

自分に丁寧なことをしてあげられた、と思えるものです。


食べ終わる頃には、心も体も温まるはず。
しっかりご飯食べて、毎日のお仕事を頑張りましょう。

 

 
 コラムニスト情報
佐藤 恵美
性別:女性  |   職業:フードコーディネーター

フードコーディネーター。スタイリスト。

大手料理教室での料理とパンの講師経験後、
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し独立。

企業の雑誌やWebなどのレシピ開発、フードスタイリング、都内での料理教室などで活動中。

「30代になったからこそ覚えたい手料理」
をテーマに、ちょっと贅沢で簡単なおしゃれなレシピが得意。

 このコラムニストが書いた他のコラムを読む
 

 グルメ・レストランのコラム

 趣味のコラム