手芸で小さな置物用マットを作ってみよう!細編みで四角を編む方法(図解付き) (1/2)

執筆者: 中村 一穂 職業:編みクリエイター
はじめに

皆さま、こんにちは。編み物作家の中村かずほです。
前回の鎖編みを編む方法はいかがでしたでしょうか?

 

  • 毛糸がスムーズに繰り出てくるように、左手の毛糸のかけ方に慣れること
  • 右手に持つかぎ針の頭は常に下向きにすること


この2つを心がけて編んでみて下さい。
どんな編み模様を編むとしても、これが基本のスタイルです。

最初は何度も持ち替えることになるかもしれませんが、綺麗な編み目を保ちながら、無理なくスピーディに編めるようになるコツの、第1歩でもあります。

 

 

細編みへチャレンジ

今日は、鎖編みから細編みへと進んでいきたいと思います。
前回の復習をしながら、細編みで小さい四角を編んでみましょう。 

 

用意するもの
  • 並太毛糸
  • かぎ針8号
  • かぎ針6号 

 

 

編むもの
  • 細編み10目12段の小さい四角(参考サイズ 横5,8cm 縦6.3cm) 

 

 

鎖編みから編み始めます
〈1〉作り目

前回の「図解つき!編み物初心者でも出来る、かぎ針の持ち方・目の作り方・鎖編みのやり方」を参照に、かぎ針8号で鎖編みを10目編みます。 

 

 

〈2〉かぎ針を変えます

8号を抜き、6号を入れます。
(「裾」にあたる編み始めを2号大きいかぎ針で編むことで、編地を真っ直ぐに保ちます)

 

 

細編みを往復で編みます
〈3〉1段目

6号で鎖1目を編みます。これを『立ち上がり』と言います。
新しい段を編む前には『立ち上がり』を編みます。
細編みの高さと同じ目数を編むので「鎖1目」です。 

 

 

〈4〉細編みを編みます

鎖編み(作り目)を裏から見て、ポコポコと山になっている『裏山』を拾います。 

 

 

〈5〉手前からかぎ針を入れて

 

〈6〉後ろから毛糸をかけて

 

〈7〉引き出します

 

 

〈8〉糸をかけて

 

〈9〉針にかかった2目を引き抜きます

 

〈10〉細編みが1目編めました

 

〈11〉細編みの編み方〈5〉~〈10〉まで繰り返します

 

〈12〉1段目の最後の目まで進みました 

 

〈13〉1段目が編めました

 

〈14〉この時点で、10目編めているかを数えましょう

慣れるまでは、毎段の終わりに増減がないかの確認をすると良いでしょう。

 

 
 コラムニスト情報
中村 一穂
性別:女性  |   現在地:埼玉県富士見市  |   職業:編みクリエイター

編みクリエイター 中村一穂
屋号『Latimeria(ラティメリア)』
編んで創る作品で自宅個展を定期開催、編み物レッスンも随時受付中。
ライフワークの編みものを通じて皆さんと繋がり、
心躍る時間を共有したいと思い活動しています。
日々の編みもの生活の様子を書いてるブログはこちら。
⇒⇒⇒http://ameblo.jp/latimeria-2011/
主人、息子、娘と4人暮らし。

 

 趣味のコラム