この人と結婚して大丈夫?良き人生の伴侶・パートナーの見つけ方と選び方

執筆者: ひろこばぁば
はじめに

結婚を決めるとき、誰もが真剣に悩むと思います。
年収、外見、家族構成など、色々な条件を思い浮かべ、悩むのです。

 

しかし、あんなに考えて結婚したつもりが、あらぬ方向へ行くことも多々あります。

 

保育園での出来事、子供の目は確かです。

保育園では、なぜか友達に好かれる子がいます。
可愛い顔をしているわけでも、運動が得意でも、頭が特別良いこともない、目立たない子なのですが好かれています。


良く観察すると、その子は遊びのルールをちゃんと守ることが出来たり、乱暴をすることがなかったり、友達に優しく出来る子だったりします。


小さい子どもは、今目の前にいる子どもの中身を、純真な目で見ることが出来ます。
きれいな服を着ているとか、可愛い顔しているとか、お金持ちの子だとかは全く関係なく見ることが出来ます。


これは素晴らしい才能です。
しかし悲しいことですが、成長すると、その周りの条件も見ることが出来るようになり、純真な目は曇ってきてしまいます。 

 

同窓会での出来事

今、外見が素敵でも、将来どんな姿になるか分かりません。
いま経済的に豊かでも、ずっとそうとは限りません。

いま安定した地位があっても、将来が安定とは限りません。


昔、素敵だった人が全く別人になって分からない、高校の時は地味で目立たなかった人が、努力して結果を出し、素敵になっているなどはよく聞くお話しです。
高校時代、外面ばかり見ていた方は、同窓会などで驚くことが多いようです。 

 

末永いパートナーの見つけ方

今後日本は、自然環境、経済など大きな変化が来るかもしれません。

結婚相手は、そんな大変な時代を一緒に生きることの出来る人かどうか、確かな目で感じ取って下さい。

目の前にいる一人の人間を、周りにある色々なものを取り除き、その中身だけ見ると分かってくるものがあると思います。


優しさ、健康、体力、明るさ、落ち着き、考え方、新しいことにチャレンジする力、忍耐力などはどうか、見えてきませんか?
外面ではなく、その人の中身が好きになれたら良いと思います。 

 

一目惚れは大切

会った瞬間に好きなることがあると思います。
いわゆる一目惚れです。


それは、生物学的に言ってとても素晴らしいことだそうです。
人は自分の遺伝子と異なる遺伝子の持ち主を、瞬間的に好きになるそうです。
これは将来、健康な子孫を残すために大切な本能なのです。

 

こんな風に、直感で好きになった相手と結婚するのも良いのではないかと思います。
会った瞬間に運命を感じ、この人と結婚するのだと思った。
そんな素敵な直感も大事なのかなと思います。 

 

 

もう結婚した人に…「諦めが肝心」

「相手の中身はそう簡単に変えられません。」
「諦めましょう。」

結婚してしばらくすると、色々相手が良く見えてきます。
もう少し努力してよ、理想のパートナーになって欲しい、そう考えてきます。

 

でも、それは無理なことなのです。
中身なんて、急に変えられるものではありません。
おかしいことですが、相手を変えようとせず、諦めると気持ちが楽になります。

 

自分が変われば相手も変わってくる

まずは、自分が変わることです。

その上で好きになったパートナーの中身を信じることです。

中身を信じるためには、先ほど申しましたように、結婚前に「確かな目で見極めをする」ことが大切になってきますね。


不思議なことに、一緒に長く生活していると相手も少しずつ変わってきます。

そしていつか、誰よりも一緒にいて楽な存在になってくると思います。
大切なことは、相手にばかり要求しないことだと思います。 

 

おわりに

昔はおせっかいと思われるほど、結婚を進めてくる年配の方が、必ずというほど周りにいたものです。


結婚だけが幸せとは思わないですが、トライする価値はあります。
あまり考え過ぎず、でも子供のような純真な目でしっかり中身を見て、パートナーを探しましょう。
くれぐれも、目の前に素敵な人が現れているのに、外面ばかりに気を取られて気付かない、なんてことがありませんように。 

 
 コラムニスト情報
ひろこばぁば
性別:女性  |  

公立保育園で33年間勤めていました。現在は退職し5人の孫のおばあちゃんです。
若い皆さんの子育てのお役に立ちたいと思っています。遊びや子育ての方法など紹介していきます。

 

 結婚のコラム

 恋愛のコラム