かぎ針編み(くさり編み)で作る、毛糸アクセサリー。簡単ブレスレットの作り方

執筆者: 山口 智美 職業:かぎ針編み作家/ヤーン&アート・アーティスト
はじめに

こんにちは、Yarn&Art ArtistのGrisgres山口です。


編み物はしてみたいけれど、何だか難しそうと、編み物を諦めていませんか?

今回は、たった一つの編み方で作れてしまう、簡単なブレスレットをご紹介します。
ブレスレットのパーツはどんな物でもOKです。

 

 

くさり編みをしてみましょう

かぎ針編みの基本の編み方に、「くさり編み」というのがあります。

毛糸の輪の中にかぎ針棒を入れて毛糸を引き出します。

手順はこれだけなのです。
かぎ針棒をスライドさせて引き出すのが、綺麗に編むポイントです。


出来上がったら、パーツに通して完成です。

お洒落に作るコツ

お洒落なブレスレットに仕上げるには、2つのコツがあります。

 

糸を2色使う

1つ目は「糸を2色使う」ことです。
同じ素材でも、違う種類でも、2本の糸を組み合わせることで色に動きが出てきます。


同系色やポイントカラーなど、お好みの色の組み合せを見つけて下さいね。

 

素材にこだわる

2つ目は「素材にこだわる」ことです。
ウールやアクリルの毛糸で編んでしまうと、手作り感溢れるテイストになってしまいます。

コットン素材の発色の良い糸を選んだり、コーティングが施されている光沢のある糸などを使ってください。

 

 

さいごに

くさり編みだけで出来てしまうので、かぎ針編み初心者さんでもあっという間に作れてしまいます。


色の組み合せを楽しんだり、素材の面白さを見つけて、個性的で、自分らしい編み物をぜひ見つけてください。
素敵な糸を見つけたら、とびきりお洒落なブレスレット作りにチャレンジしてみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
山口 智美
性別:女性  |   職業:かぎ針編み作家/ヤーン&アート・アーティスト

美術系・かぎ針編み作家/Yarn&Art ArtistのGrisgresです。
毛糸、糸という素材に魅力を感じて
クロッシェという技法を使い
編み物をアートの感性で表現しています。
オシャレでアートな編み物を提案します。

■クロッシェカフェ認定インストラクター

■ブログ:http://ameblo.jp/gris-gres/
■販売サイト:http://www.natta.jp/natta/page46.html

 

 趣味のコラム