赤ちゃんを風邪から守る!ママが行うベビーマッサージ手順方法

執筆者: Konomi M 職業:ネームコンサルト・デザイナー/ベビーセラピスト養成トレーナー/トイレトレーニングアドバイザー
はじめに

こんにちは、ベビーセラピストのplus happy森下湖乃美です。


赤ちゃんや小さいお子さんは、風邪やインフルエンザになると中耳炎や脳炎などの合併症になり、深刻化してしまいかねません。


今回はそうなる前に『風邪に負けないからだづくり』を助ける4手技を、ご紹介いたします。

 

 

東洋式ベビーマッサージを始めるにあたっての準備については、以前の記事「オイル不要!どこでもできる東洋式ベビーマッサージの方法とやり方」をご覧ください。


肺機能を高め呼吸を楽にする手技

みぞおちのところに指先が来るように手を置き、そこからハートを描くように撫で上げ、指先を元の位置に戻します。


おなかを圧迫しないように気を付ける。

 

 

鎖骨リンパ節の流れをスムーズにし、全身のリンパ液を流れやすくする手技

鎖骨の上あたりに手のひらを置き、胸から肩に向かって撫で広げましょう。


手のひらを重ねないように気を付ける。

 

胸を広げて酸素をたくさん取り込む手技

みぞおちあたりから胸に向かって撫で上げ、胸周りを円を描くように1周し、肩へ抜けるように撫でましょう。


力が入り過ぎないように、人差し指、中指、薬指の3本を使用して行ってください。

 

胸腺を温めて免疫力をアップの手技

胸の上に手を置き、ゆっくり4秒かけて温めます。

次に4秒かけて親指から徐々に離し、小指は残したままにします。


肋骨に力をかけないように気を付ける。

 

 

ベビーマッサージが終わったら…

クールダウンを行います。

バスタオルでくるんで抱っこしながら、『ベビーマッサージ楽しかったね』などと声をかけてあげて下さい。

ベビーマッサージの余韻を赤ちゃんとゆったり共有して、愛情を伝えてあげてください。

 

そしてその後は、十分な新陳代謝を促すため、しっかり母乳やミルクなどで水分補給してあげてくださいね。

 

おわりに

たとえ風邪に罹ってしまっても、重症化しないよう、普段から風邪に負けないからだづくりをサポートしてあげてください。


バランスの取れた食事、気温に適した服装、清潔な環境、そしてそこに東洋式ベビーマッサージの手技をプラスしていただけると、より一層効果を感じていただけることでしょう。

 

 
 コラムニスト情報
Konomi M
性別:女性  |   職業:ネームコンサルト・デザイナー/ベビーセラピスト養成トレーナー/トイレトレーニングアドバイザー

JCCRA認定の東洋式ベビータッチ同じくJCCRA認定トイレトレーニングアドバイザーとしてお教室開催&出張レッスンをしています。また以前からの姓名判断の開業免許を活かした赤ちゃん命名講座等を行っています。
私自身も現役ママ。たくさんのママたちとともに子育ての悩み・喜び等共感しあいながらお教室を運営しています。また社会復帰したいママも応援しています!
将来の世界を担う大切な赤ちゃんたちが健康で強運を持って誕生するように姓名判断でお手伝いを、そして東洋式ベビータッチとトイレトレーニング講座で赤ちゃんの心身共に健やかな成長と家族が少しでも楽しい育児に繋がるお手伝いができればと思います♡