編み物で手作りミニコースター!飾り紐つき置き物用マットの作り方 (2/2)

執筆者: 中村 一穂 職業:編みクリエイター

飾り紐を付ける
手順

1.編地に飾り付けていきます


 

2.毛糸の端を玉結びし、短くカットしておきます

 

 

3.編地を編んだかぎ針6号を使い、編地に通します

 

 

4.編地右上の端の頭の目にかぎ針を入れます

 

 

5.飾り紐を掛けて引き出し、輪を作ります

 

 

6.輪の中に両端を通します

 


7.先端を堅結びして完成です

 

 

8.6の状態で終了する場合は、飾り紐は短めにカットしてバランスを取ってください

 

 

9.「小さな置き物用マット」の完成です

 

 

おわりに

自分で編んで作った、作品が完成しましたね。満足のいく仕上がりになりましたでしょうか?

 

少々の反省点があったとしても、次へのステップとなることでしょう。

ぜひ、飾ってみてくださいね。

 

小物の下に敷いてみると、お互いに引き立ち、存在感が生まれてくるように感じます。
毛糸の色次第で、季節感を出せますし、シーズンを通して楽しんでもらえたら幸いです。

 

 

次回は今回の「小さな置き物用マット」では別々に編んだ細編みと長編みを、1枚の編地の中で編んでみたいと思います。

 
 コラムニスト情報
中村 一穂
性別:女性  |   現在地:埼玉県富士見市  |   職業:編みクリエイター

編みクリエイター 中村一穂
屋号『Latimeria(ラティメリア)』
編んで創る作品で自宅個展を定期開催、編み物レッスンも随時受付中。
ライフワークの編みものを通じて皆さんと繋がり、
心躍る時間を共有したいと思い活動しています。
日々の編みもの生活の様子を書いてるブログはこちら。
⇒⇒⇒http://ameblo.jp/latimeria-2011/
主人、息子、娘と4人暮らし。

 

 趣味のコラム