日本人特有の腰痛の原因とは?しっかり治すストレッチエクササイズ

執筆者: 前田まさと 職業:整体師,マッサージ師、パーソナルトレーナー、カンフーインストラクター
はじめに

今回はお馴染みの「腰痛」に関してお話します。


みなさんの周りにも日頃、腰痛に悩まされてる方がけっこういらっしゃるかと思いますが、さてなぜこんなにも腰痛の方が多いのでしょうか?

ちなみに欧米の方にも腰痛の方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、日本人の腰痛の原因とは少し異なります。

 

日本人の腰痛タイプ

ではまず日本人の腰痛のタイプについて説明します。

日本人の腰痛によく見られるのは、腰や腰周辺の筋肉の緊張によって、いつも筋肉が悲鳴を上げてるタイプです。

これは、デスクワークや肉体労働など腰に負担がかかる仕事をしてる方などは、いつも腰の筋肉疲労が抜けきれず蓄積されています。
こういう方はだいたい、殿部やハムストリングなどの筋肉もスジばって張ってる場合が多いです。

それに伴い、股関節、骨盤、腰椎と歪みや狂いが生じています。

 


そのせいでいつも腰周りのコンディションがよくなく、俗にいう「腰が弱い状態」になってるので、ちょっとしたことですぐに腰にきてしまいます。

その時、日本人の場合は大体が、腰に生理的湾曲が減少しており、真っ直ぐになっており、バネ感が弱くなっています。

そのせいで衝撃を分散できずに筋肉疲労として蓄積され、さらには骨盤が下がって腸骨のラインがぼやけてしまい、腰に力が入りずらくなっています。

 

欧米人の腰痛タイプ

では欧米人はと言うと、日本人とは逆に腰が反りすぎてしまいます。

もともと生理的湾曲がはっきりしているので、そこに拍車がかかってしまいます。


ですから欧米人の方は日本の和式トイレのポーズが非常に苦手です。
これは腰椎の前湾がきついせいで腰椎が伸びないためです。

腰がしっかり下に落ちないのでバランスが取れません。

そして欧米人は、比較的に椎間板自体の問題が多いこともあります。
腰自体の筋肉の硬さはないのですが、腰が痛いと訴える人が多いからです。

 

日本人向け腰痛に効くエクササイズ

日本人の場合正確に見れば、膝の捻れや足首の捻れなども大きな原因になっている場合も多く見られます。

ですから人によっては腰痛と言っても、足首、膝、股関節、骨盤そして腰椎と下半身から施術していき、腰の環境をよくすることで強い腰を作って治療していきます。

日本人に多いタイプの腰痛エクササイズを紹介します。

 

腰痛対策エクササイズ
  1. まず腰のカーブを作るために、腰の下にタオルなどを入れて仰向けになり、5~10分程度横になります。
  2. それから四つんばいになり体を前後にゆっくり動かしていきながら、腰のちょうどベルトが通るあたりに触れる骨周りに、力が集まる感じで動かしていきます。痛みがでない程度で50回行います
  3. 続いて、仰向けになった状態で両膝を曲げ、左右に倒していきます。これも左右50回くらい行います。

 

できれば一日に二回、無理なら夜寝る前一回でもOKです。

 

おわりに

人間にとって腰痛とは宿命と言いますが、正しい体の使いかたや日頃のケアなどでかなり軽減します。

宿命に立ち向かうなら、それ相当の努力は必ず必要になります。


腰痛の改善と共に気分もアップして笑顔も増し、毎日がハッピーになることは間違いありません。
日々の正しい体の使い方で、辛い腰痛を治しましょう。

 
 コラムニスト情報
前田まさと
性別:男性  |   現在地:ゴールドコースト  |   職業:整体師,マッサージ師、パーソナルトレーナー、カンフーインストラクター

はじめまして、オーストラリアで整体師をしております前田雅人です。体の様々な症状を西洋人の骨格と比較しながら説明していきます。また文化、風習、生活習慣の違いとも比較して体の問題や悩みを解決していきたいと思います。

 

 健康・医療のコラム