レジンアクセサリーへ挑戦!エポキシ樹脂とUVレジン、特徴と使い方 (1/2)

執筆者: 白浜 渚 職業:ハンドメイドコラム

はじめに

レジンには、「二液混合レジン(エポキシレジン)」と「UVレジン(紫外線硬化樹脂)」、大きく分けてこの2種類があります。

この2種類のレジンがどう違うのか、どう使い分けることができるのか、ご存知でしょうか?

 

今回は、二液混合レジンとUVレジンについて、特徴や注意点を比較しながらご紹介します。

 

レジンとはどんなもの?

レジンとは、合成樹脂のことです。

画像のように、最初は液状です。

 

 

硬化させるとプラスチックのように、カチカチに固まります。

その性質を活かして、アクセサリーをレジンでハンドメイドすることができます。

 

レジンで作ったパーツをピアスにしたもの

 

レジンは、そのままの透明性を活かすこともできますし、様々な素材と一緒に硬化させることで、自分のアイデアを盛り込んだ作品を作ることもできます。

 

二液混合レジン(エポキシレジン)

 主剤(A液)と硬化剤(B液)を混ぜることで、化学反応が起きて硬化するタイプのレジンです。
二液混合レジンは、硬化時間が気温によって変動しますが、おおむね24時間前後となっています。

 

  

二液混合レジンの長所
  • UVレジンよりもグラム単価が安い。
  • 使用できる型の種類が多い。
  • 反り返りや収縮などが起こらない。

 

二液混合レジンが適している作品
  • 厚みのある作品や、大きな作品

 

注意が必要なポイント
  • 混合比率を間違うと硬化不良を起こすため、必ず計量が必要。
  • 2つの液を混ぜるための道具(紙コップや混ぜる棒など)と、デジタルスケール(電子はかり)が必須。
  • 2つの液を混ぜるとゆるやかに硬化が始まるため、作業できる時間には制限がある。
  • UVレジンに比べ硬化に時間がかかる。

 

現在では各メーカーによって品質の改良がなされ、高い透明度と、経年に伴う変色がしにくいものへと、より良く進化しています。

 

UVレジン(紫外線硬化樹脂)

紫外線が当たると、化学反応が起きて硬化するタイプのレジンです。
UV照射ランプに当てるか、あるいは窓際に置いて、太陽光による紫外線でも硬化できます。

硬化時間は紫外線量や、流したUVレジンの量や厚みなどによって異なりますが、10分~20分ほどを目安にして、様子を見ながら硬化させます。

 
  
UVレジンの長所
  • ボトルのノズルから直接、型などに流すため、二液混合レジンのような混ぜ合わせる作業が不要で簡単。
  • UVライトで照射すれば、およそ10分程度で硬化するため、作業効率が良く、完成が早い。
  • 紫外線に当たらなければ硬化しないため、作業時間を気にする必要がない。


 
 コラムニスト情報
白浜 渚
性別:女性  |   職業:ハンドメイドコラム

こんにちは、
ハンドメイド関連のコラムを執筆させていただいている、
ライターの白浜 渚です。

 

 趣味のコラム