生活感を隠す収納アイデア。物が多い人の、すっきりお片づけ術 (1/2)

執筆者: 夢香里
はじめに

いつでも人が呼べる部屋にしたいと思うのは、誰しも思うもの。

すっきりとした部屋にするには物を置かないのが一番ですが、生活するためにはそういうわけにはいきません。

ならば収納上手になってすっきりとした部屋にしましょう。

バスケットでパジャマ収納

 
脱いだパジャマを押し入れに押し込んだりしていませんか?

 

家族メンバーごとにマイバスケット

家族一人一人にマイバスケットがあって、そこにパジャマや着替えの下着など一揃えを入れるとよいでしょう。

お風呂に入る時はそのバスケットを持ってお風呂に行きます。
そしてパジャマに着替えたら、翌朝着る服などを入れて置く時もあります。
前の日に準備しておけば楽ですし、いざという時にも便利です。

 
持って移動することを考えればできれば、持ち手付きのバスケットがおすすめです。

 

置き場所

ベッドサイドに置いておくのもいいし、邪魔なら押し入れやクローゼットにバスケットを入れるスペースを作っておきます。

このバスケットがあれば、小さい頃から自分の身支度を心がけるきっかけにもなります。

 

掃除道具はひとまとめ
 

部屋の中のあちこちで使う掃除道具はひとまとめして持ち運べるようにし、普段は洗面所の棚にスタンバイさせています。

用途別に入れておくとより便利です。

 

マイクロファイバーお掃除手袋

 

食材のストック

 

小さなミニパンドリーは、IKEAのボックスを使って収納しています。

 

買い置きは入る分のみ

例えば、ビールとスポーツ飲料のストックはこのバスケット1個分入るだけにしておく。
常にそう決めて置けば物が増えることもありません。

食品のストックは一つ開けたらまた買う。
このようにストックしているものが把握できていると、無駄な買い物もなくなります。

 

引っかけて収納する

IKEAのボックスの横に置いている白い紙袋は、持ち手の紐を取って、収納箱として使っています。
右手前に見えるネットバッグには、スーパーでもらうビニール袋を入れています。


ひっかけて収納するのも空間の有効利用です。

 
日常小物の収納は無印良品


無印良品のポリプロピレン引出し式ケースは、細かな収納に便利です。

用途別に分けておけば物を探すことなく、スムーズに取り出し、片付けることができます。

 コラムニスト情報
夢香里
性別:女性  |  

はじめまして♪
夢香里(ユカリ)と申します。
インテリア、ファッション大好き主婦としてブログを運営しています。
ブログ情報:「Y's Cafe」→http://palza.rakuten.co.jp/yukariru/