座り方を改善すると成績が上がる?子どもの姿勢を直す方法 (1/2)

執筆者: 中田宏樹 職業:理学療法士
はじめに

こんにちは。理学療法士・パーソナルトレーナーの中田宏樹です。


最近、子供の姿勢が悪くなってきたとよくニュースで話題になります。

ゲームばかりで下を向いている時間が長くなり、子供がひどい猫背になってしまった。


そんな悩みを抱えているご両親へ、子供の姿勢改善法をご紹介します。

姿勢が悪いと、どうなる?

大人でも同じですが、猫背になると呼吸が浅くなり、血液の流れの低下を引き起こします。

そうすると脳に酸素が行き渡りにくくなり、それが集中力の低下に繋がります。

また循環も悪化しているので、老廃物が上手く流れず首や肩に痛みが出ることもあります。

 

 

子どもは骨の歪みへと繋がる

そして子供の場合に特に怖いのが、骨の歪みに繋がることです。
姿勢が乱れるだけならまだいいですが、背骨が歪むと改善は非常に難しくなります。


姿勢が悪くなって骨が歪み、将来ずっと肩こりに悩まされる生活を送る。

それは避けたいですね。

なぜ子供の姿勢が乱れているのか

原因は本当にいろいろあります。

携帯ゲームなどで下を向いた生活をしたり、運動量が減ったことで全身の筋力低下が起きている場合もあります。


また意外と多いのがご両親の指導不足。

姿勢を良くする必要性を理解し、子供に伝えていくことは非常に大切です。

姿勢改善の効果

いくつか面白いデータがあります。

 

姿勢の良さは学校生活に影響するか
参考:子供の体幹を鍛える研究〜正しい姿勢のもたらす教育的効果の検証〜
(東京都教職員研修センター・早稲田大学,2014)


姿勢の良い中学生と、そうでない中学生を比較すると、なんと姿勢の良い中学生の方が学校生活に満足しているというのです。


さらにもう一つ。

 

学習への積極性に影響するか
参考:子供の体幹を鍛える研究〜正しい姿勢のもたらす教育的効果の検証〜

(東京都教職員研修センター・早稲田大学,2014)

 

姿勢の良い生徒が学習に積極的で、学習を楽しいと感じている傾向があります。
もちろん姿勢を良くすることで肩こりの改善・予防や集中力の向上にも繋がっていきますが、それ以外にも様々なメリットがあります。

姿勢改善のためのアプローチ
声掛けのみだとNG

子供の姿勢改善において学校などでよく行われるのは、教師による声かけ注意、保健室でのポスターなどです。

 
 コラムニスト情報
中田宏樹
職業:理学療法士

皆様はじめまして。
理学療法士の中田宏樹と申します。
大学卒業後、4年間の総合病院勤務を経て、独立。その後東京へと活動地を移し、Japan Healthcareという会社に勤務し、日々健康情報を更新しています。http://jp-hc.com/
その他社会貢献として今までに高校の部活動や、甲子園での高校球児に対するメディカルサポート、大学での勉強会開催や講義アシスタント、教育機関への講義活動など健康医療分野において様々な活動を実施中。
蟹座のA型、日本酒好きです。

 

 育児・子育てのコラム

 健康・医療のコラム

 教育・学習のコラム