なぜ役者は男ばかり?江戸の歌舞伎、発祥ルーツと歴史

執筆者: 嶋村 知香 職業:ピアノ調律師・暮らしガイド
はじめに

歌舞伎を観に行ったことはありますか?

難しそうで敷居が高く、行ったことがないという声もよく聞きます。


 

今回は、歌舞伎の歴史を少し紐解いてみたいと思います。

 

なぜ男性だけなのか

今、歌舞伎の舞台は男性の俳優さんのみで成り立っています。

 

子供の役は女の子が務めることもありますが、基本は男性のみ、成人女性の役も男性が演じます。

なぜこのようなことになったのか、その謎を紐解く鍵は江戸時代にまで遡ります。

 

 

ルーツは家康の時代に

歌舞伎の始まりは、今から400年以上前、徳川家康の時代です。

安土桃山から江戸時代に移る時、秀吉に仕えた豊臣家の残党や、仕事もなく路頭に迷っていた者が巷に溢れていたといいます。

 

傾奇者(かぶきもの)の出現

その混乱の中、最先端をいくド派手な衣装や髪型で街を闊歩し、ケンカ・乱暴・盗みなどの限りを尽くし、世間に背き破天荒に生きる男たちが出現しました。

 

就く仕事もなく社会に反発し、道理に外れ勝手気ままに生きる…このような行動を傾く(かぶく・かたぶく)といい、このような男たちを称して「傾奇者(かぶきもの)」といいました。

始まりは一人の女性から

徳川家康が江戸に幕府を開いた1603年、出雲大社の巫女と称する「出雲の阿国(いづものおくに)」という踊り子が京の都に出現します。

出雲から来た一座のアイドル・阿国の踊りは、京都の民衆の心を掴み熱狂させます。

 

人気の演目は「かぶき踊り」

特に人気の演目は、先ほどの「傾き者」の男性を女性の阿国が扮して踊った「かぶき踊り」でした。

当時の世相をいち早く反映させて演目に取り入れ、若い女性が男性を演じるというアイデアが大当たりしました。


京都国立博物館には、長い刀を肩にかけ女性がかぶき者を演じている「阿国歌舞伎絵図」が所蔵されており、当時の様子がうかがえます。

 

出雲の阿国像

女歌舞伎は人気過ぎて禁止に

阿国人気に便乗し、遊女らによる女一座が次々できました。

女性によって演じられたかぶき踊りは「女歌舞伎」と呼ばれるようになり、大ブームが起こります。

 

関西での成功を手に、阿国は江戸へ向かいました。

阿国のかぶき踊りは、江戸でも評判となり、大成功を収めます。

 

 

しかし、阿国を真似てできた遊女一座の女歌舞伎の中には、ストリップまがいの際どい演目を行なうものもでてきました。

 

また、この人気の影響で遊女を巡ったトラブルや淫らな事件が多発し、徳川幕府は武家社会の風俗を乱すと、1629年女歌舞伎を禁止します。

 

女性→少年→男性へと変遷

女がダメなら男でと、少年一座が出来ました。

美少年が女を演じる「若衆歌舞伎」が盛んになりますが、この時代は少年も成人男性の性の対象だったため、女歌舞伎と同じく風紀を乱し、禁じられてしまいます。

 

しかし、その流れは消えることなく、次に成人男性による「野郎歌舞伎」の時代が来たのです。

おわりに

美少年から成る若衆歌舞伎では、その美しい容姿で女役も違和感のないものでした。

しかし「野郎歌舞伎」では見た目の美しさではなく、「演技や技術」により女を演じる「女形」を登場させ、芸を磨き発展させていきました。

それが今の歌舞伎に繋がっているのです。

 

今回のご紹介が、歌舞伎の世界に興味を持つ、小さなきっかけになりましたら嬉しく思います。

 
 コラムニスト情報
嶋村 知香
性別:女性  |   職業:ピアノ調律師・暮らしガイド

はじめまして
Latteでは音楽や古典芸能、暮らしのコラムを書いています。
どうぞよろしくお願いします♪

 

 趣味のコラム