ゼロから始めるエクセル(Excel)。完全初心者向けの使い方講座

執筆者: 池本伸治 職業:ITコンサルタント
Excelはじめの1歩

こんにちは、ITコンサルタントの池本伸治です。

 

エクセル初心者の方のために、Excelの基本知識や操作方法を数回に渡って解説していきたいと思います。

 

 

EXCELの構成(全体)
ワークシート

まず、Excelを起動して、「空白のブック」を選ぶと、格子状のマス目が並んだ表の画面が表示されます。

この表を「ワークシート」(あるいは、単に「シート」)と呼びます。

 

セル

そして、この表を構成するマス目を「セル」と呼び、そこに文字/数字/式などのデータを入力することができます。

 

ブック

また、「ワークシート」を複数まとめて、「ブック」として、Excelで作成したファイルに名前を付けて保存することができます。

 

 

ワークシートの構成
リボン

ワークシートの画面を見ると、上部に「リボン」と呼ばれるExcelのコマンドやツールを集めた領域があります。

 

Excelにコマンドを与えて、セルの内容や書式などを編集したり、作成した内容を保存したり、作成した表を印刷したりします。

 

数式バー

「数式バー」には、現在選択されている「セル」に入力したデータが表示されており、この中でデータを編集することができます。

 

列番号

表の上部に「A」「B」「C」…と表示されているのが「列番号」(Excel2013ではA~XFD)です。

 

行番号

表の左部に「1」「2」「3」…と表示されているのが「行番号」(Excel2013では1~1048576)です。

 

シート見出し

「シート見出し」はワークシートを切り替える時に選択します。

 

 

セルの構成

ワークシートの任意の位置のセルに、それぞれデータを入力することで文書を作ることができます。

 

セルに入力できるデータの種類

セルに入力できるデータの種類は、基本的に「数字」、「文字」、「式」(セルの参照やExcel関数も含む)です。
「式」は、「=」(イコール)に続けて、セル番地(後述)やExcel関数を組み合わせて表現します。

 

セル番地

セル番地は、[列番号][行番号](例:B列2行の場合、「B2」)という形で表します。

 

セルの書式

セルの内容がそのまま表示される訳ではなく、セルに対する書式を反映した上で表示されます。


書式には、「表示形式」(カンマ編集など)、「配置」(中央揃えなど)、「フォント」(種類・大きさ・色など)、罫線(セルの外枠など)、「塗りつぶし」(セルの色など)、「保護」(入力のロックなど)があります。


セルの書式の設定を変更することで、Excelの文書の体裁を整えることができます。

 

 

おわりに

次回以降のコラムでは、Excelの操作について、より具体的に解説していきます。

 
 コラムニスト情報
池本伸治
性別:男性  |   職業:ITコンサルタント

埼玉県所沢市で合同会社オフィス・イーユーシーというIT会社を経営しております。
IT歴(IT専門家として)30年超の経験を活かして、地域の小さな会社やお店のITの有効活用を通してお客様のビジネスの活性化を支援したいとの思いで立ち上げた会社です。
EUC(End User Computing)とは、ユーザ自身がシステムの運用・開発に積極的に関わっていくという考え方で、私はEUC推進に関するコンサルタントをしております。
詳しくは弊社のサイトをご覧になっていただくと幸いです。
http://office-euc.jp/

 

 PC・家電のコラム

 ビジネス・経済のコラム