怪我や病気が治った後に!労災保険の「アフターケア制度」とは

執筆者: HRプラス社会保険労務士法人
はじめに

こんにちは、さとう社会保険労務士事務所の黒田絵理です。

労働者災害補償保険(労災保険)の制度の一つに、「アフターケア制度」というものがあります。


今回は、仕事中・通勤中の災害によりケガを負った方の、その後の生活に役立つ制度であるアフターケア制度についてご紹介します。

アフターケア制度とは

業務中・通勤中のケガや病気で療養されている方の、そのケガや病気が治った後の、再発や後遺障害に伴う新たな病気を防ぐための制度です。

 

 

労災指定医療機関で、アフターケア(診察・保健指導、検査など)を受けることができます。
その際には、申請により発行される健康管理手帳を、労災指定医療機関で見せることになります。

対象となるケガ・病気

脊髄損傷、虚血性心疾患など20種類が指定されており、一定の障害等級などを要件としています。

 

  • 脊髄損傷
  • 頭頸部外傷
  • 虚血性心疾患
  • サリン中毒など

 

申請方法

健康管理手帳交付申請書に必要事項を記入し、会社を管轄する労働局へ提出します。

申請時期
ケガや病気が治ったとき

「治った」とは完全な回復だけでなく、症状が固定し、これ以上回復が期待できない状態も含みます。
ケガ・病気により治った後、何年以内に提出しなければならないという期限があります。

健康管理手帳の有効期間

ケガ・病気により、1年~5年の有効期間があります。

健康管理手帳の更新・再交付
申請時期

手帳の有効期間が満了する、1か月前までとなっています。
ただし、頭頸部外傷症候群等の場合は更新することはできません。

 

提出書類
  • 健康管理手帳更新・再交付申請書
  • アフターケア実施期間の更新に関する診断書

 

アフターケア通院費

アフターケアを受けている人の経済的負担を軽減するため、アフターケアの通院費に要する費用が支給されます。

 

 

支給対象
  • 自宅または勤務先から片道2キロ以上4キロ以内にある病院へ通院するとき

 

  • 片道2キロ未満であっても、けがや病気の状態から鉄道・バス・自家用車を利用しなければ通院できないとき

 

  • 自宅・勤務先からおおよそ4キロ以内に、アフターケアを受けられる病院が無いため、4キロを超えた場所にある病院へ通院するとき

 

提出書類
  • アフターケア通院費支給申請書
  • 通院費の額を証明する書類(領収書など)

 

おわりに

労災保険には、ケガ・病気が治った後の給付があります。
社内に該当する方がいたら、労働局への申請を検討してみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
HRプラス社会保険労務士法人

HRプラス社会保険労務士法人は、企業が元気にならないと雇用は生まれない、との思いから「日本中の経営者・人事マンを元気にする!」をミッションとし、経営者思考による人事労務相談、就業規則や諸規程の整備、海外進出支援、社会保険事務のアウトソーシングなどを展開しています。
品質と信頼を担保するために、スタッフ全員が社会保険労務士有資格者。そして、確かな情報発信力とクイックレスポンスで貴社の人事労務を強力にバックアップいたします。
選ばれる理由はそこにあります。

HRプラス社会保険労務士法人
http://www.officesato.jp

 おすすめ新着コラム
     

     健康・医療のコラム

     お金・資産運用のコラム

     ビジネス・経済のコラム